7th heavenインタビュー(Rokenia選手/ThintoN選手/Hwangコーチ)―プレイオフ進出を目指して―

プロゲーマーの追っかけ出身である女性ライターのスイニャンがeスポーツ観戦に関するさまざまな情報やコラムを不定期でお伝えします

先日Rascal Jester(RJ)のインタビューをお伝えしましたが、今回は同じ『League of Legends(LoL)』の日本公式リーグ「LJL Summer Split」に出場している7th heavenのインタビューをお届けします。7th heavenは現在2勝3敗で4位につけており、上位を虎視眈々と狙っているチームです。今回は韓国人プレイヤーのRokenia選手、設立当初からの古参メンバーThintoN選手、そしてHwangコーチの3名にお話しを伺いました。

「LJL Summer Split」前半戦、USGに勝てなかったのが残念

(左から)Rokenia選手、Hwangコーチ、ThintoN選手

――まずは今シーズン、前半戦を振り返ってどうですか。

ThintoN:大方予想通りの順位でした。できればUnsold Stuff Gaming(USG)に勝って3位にいきたかったけど負けちゃったので、予想よりちょっと悪いぐらいかなって感じですね。

Rokenia:やっぱりUSGに勝てなかったのが残念かなっていうぐらいで、それ以外は悪くはなかったと思います。

Hwangコーチ: RJとの試合でRokeniaのポジションをミッドに変えたのが思ったより良くて、ミッドにいたBroooockもADCに変わったらサポートのThintoNとの相性がすごく良いんですよね。だから後半戦はもっといけるんじゃないかなって思いました。

 

――「Rokenia選手とBroooock選手のポジション入れ替えは準備してきたものだ」という話を放送インタビューでraizin選手がしていましたが、どのぐらい練習していたんですか。

ThintoN:確かに少しは練習していましたけど、本番で変わる予定はまったくなかったんですよ(笑)。僕は控室に行かず席にいて、みんなが戻ってきたら急に「Rokeniaがミッドに行くから」って。驚きましたけど、確かにそれなら勝てるかなとは思いました。

Hwangコーチ: 1戦目にちょっとBroooockのミスが多かったので、控室で見ていた僕とオーナーは「2戦目からRokeniaをミッドに行かせよう」っていう話をしていたんです。それで試合が終わったら、なんとRokeniaのほうから「俺ミッドやる」って言いだして(笑)。

Rokenia:僕は台湾リーグの「LMS」にいたときはミッドをやっていましたし、ジャングラーは同じ韓国人なので大きな支障はないと思ったんです。BroooockもADCをたくさん練習していましたから、大した相談もせずサクッと変わりましたね(笑)。

 

――「USGには勝ちたかった」というお話ですが、Rampage(RPG)とDetonatioN FocusMe(DFM)の上位2チームとUSGの間には実力差があると見ているということでしょうか。

ThintoN:そうですね。RPGとDFMには個人技でもチームの連携でも負けているので、うちはほぼ勝ち目がないですね。USGは、メンタル面がちょっと弱い気がします。試合の序盤で負けるとそのまま負けてしまうことが多いので、そこが上位2チームとの差かなって思いますね。あとはどの選手もチームを勝利に導く「キャリー力」を持っているのが、上位2チームの上手いところだと感じます。

Rokenia:自分としてはミッドレーンでRPGやDFMに勝てる自信はありますが、ほかのレーンが負けるとやっぱりどうしようもないんですよね。USGの場合は、ミッドが崩れるとトップもボットも崩れてしまうところがあると思います。あとはチームゲームにおけるジャングラーの動きが、USGに比べるとRPGやDFMのほうが少し上手いのかなという気はしますね。

 

――USG戦で勝てなかった原因は何だったと思いますか。

ThintoN:今ってボットレーンの勝ち負けはそんなに関係なくて上サイドのトップ、ジャングル、ミッドが重要なんですけど、負けた試合はどっちも上サイドが負けちゃったのでどうしようもなかったですね。

Hwangコーチ:自分としてはチャンピオンの構成を考える「バンピック」も少しもったいなかったので、もっと勉強したいなと思いました。

(左から)Savage選手、Hwangコーチ、SatoRy選手、Razerマネージャー、ThintoN選手、Rokenia選手

――では、今シーズンの目標を聞かせてください。

Rokenia:目標は「入れ替え戦を避けること」です。しかもできるだけ早めに避けることを目標にしたかったんですが、次の相手はよりによってDFM……(苦笑)。

ThintoN:このままいったら4位濃厚なんですけど、やっぱりプレイオフにいきたいし目標は3位かな。入れ替え戦には絶対に出たくないです。今の2部リーグは本当に強いので。個人的には良いプレイをして、できればPlayer of the Matchに選ばれたいですね。

Hwangコーチ:自分としては、「バンピック」のミスの修正や選手たちへのフィードバックをもっと上手くやりたいっていう目標があります。あとは前半戦で勝ったチームには絶対に負けないこと、そして前半戦で負けたチームには1チームで良いのでリベンジしたいですね。

次々と明かされる選手たちの意外な素顔とは

――ここからは、チームの雰囲気やメンバーの個性などは試合だけだとなかなか見えてこないので、そのあたりのお話をぜひ聞かせてもらいたいです。

Hwangコーチ:まずThintoNから言うと、最初は嫌われているのかなって思ったんですよね(笑)。話もあまりしないし心配だったんですけど、仲良くなったら普通に話すので第一印象とはかなり違いました。しかもゲームの話をしてみたら日本人のなかで一番頼りになる選手だったので、僕としてはそういう実力を持っているからこそもっと話してくれたらいいなと思っています。

Rokenia:ThintoNとは英語でコミュニケーションをとっていますが、ゲームのこと以外では会話自体あまりしていませんね(笑)。自分がそういう性格だからかな。

ThintoN:たぶんどっちもイチャイチャするのが好きなタイプじゃないんですよ。RPGは試合前にハイタッチとかしてるじゃないですか。7hではあり得ないですよ(笑)。これが僕らのスタイルなんです。仲が悪いとかでは決してないですよ!

Hwangコーチ:Rokeniaは僕より4歳年下で、初めて会ったときは「コイツなんか子供っぽいな」って感じでした。分別がない感じだったんですけど、最近は歳をとってきて変わりましたね。僕が7hのコーチになってからは前より仲良くなって、今では良い「弟分」みたいな感じです。

ThintoN:最初のころは全然交流がなくて、ゲーム内でよく怒っていたので「この人怖いな」って思っていました(笑)。途中からRokeniaがADCに変わっていっしょにボットレーンをやることになったときは、最初は本当に嫌だったんですよ、怖いから。でもゲーム以外の生活面で交流ができてからは、すっかり仲良くなりましたね。

 

――では、それ以外の選手はどんな人なんですか。

Hwangコーチ:SatoRy君はすごく頑張り屋で、ほかの人と練習量が全然違うんです。生活面で見習うこともけっこうあって、料理もできるし家具を組み立てたり直したりするのも上手いんですよ。力があるから重いものも持ってくれるし、車を持っているので遠い店まで食事に連れて行ってもらったりして、いろんな意味でいてほしい存在ですね。

ThintoN:「努力家」って感じです。以前チームメイトだったRPGのEvi君も人一倍努力して現在に至るので、SatoRyもEvi君みたいに強くなってくれたらいいですね。

Hwangコーチ:Savageは、ちょっと子供っぽくて昔のRokeniaみたいな感じですね(笑)。ゲーム面ではアグレッシブすぎて無理しちゃうタイプなんですけど、そこは直していこうって話しています。メンタルが強くて試合中も「We can win(勝てるよ)」とかみんなに言ってくれるので、チームとしてはありがたいですね。

ThintoN:日本語の勉強もしていて、いつも新しい日本語を使ってくるのでそこは感心しています。

写真出典:7th heaven公式Twitter

――今シーズンから合流したBroooock選手やraizin選手も気になります。

Hwangコーチ:Broooockはゲームに対する情熱があるので上手く育てたいなと思っているんですが、なかなか上手くいかなくて。学業も大事なので強くは言えませんけど、できればゲームに専念してほしいなと思うほど可能性を感じています。彼は日本語と中国語と英語が喋れるんですけど、最近は韓国語まで喋りだしてびっくりしました。

Rokenia:韓国語の発音が本当に上手いんですよ。日本人独特の訛りみたいなのが全然なくて。

ThintoN:でもちょっと変わった人ですよ。昨日もバンピック中になんか歌ってて、Hwang君に「ちょっと黙って」って怒られて、Savageも「Hey Broooock, shut up(黙れ)」みたいな(笑)。傍から見ていて面白いですね。

Hwangコーチ:raizin君は、正直まだよく分からないんです。上手くいかないときのメンタルはそこまで強くありませんが、個人技が高く自ら考えて動こうとしているので、そういう面は高く評価しています。それからWildSpeedっていうサブの選手もいまして、彼はスクリムとかもあまり参加していないんですけどいつもLJLスタジオに来てくれていて、チームのことをすごく考えてくれているのでありがたいなと思っています。

 

――Rokenia選手、ThintoN選手から見たHwangコーチはどうですか。

ThintoN:チームにミスが多いので、フィードバックが多いんです。でも僕に対してのものはあまりないので、「長いな」って思いながら聞いています(笑)。だけど言っていることは正しいしバンピックも上手いので、信頼できるコーチですね。

Rokenia:厳しいコーチの指導のもとでプレイした経験もありますが、Hwangコーチは「兄貴」って感じで気楽に接することができるのが良いですね。

 

――では最後に、ファンの皆さんへのメッセージをお願いします。

Rokenia:チームは徐々に良くなってきていますし、これからも頑張りますので、引き続き応援してもらえたら嬉しいです。

ThintoN:あまり良い成績が出せていないのですが、プレイオフ進出を目指して頑張ります!

Hwangコーチ: 7hはチーム一丸となって頑張っているので、ファンの皆さんには長い目で見て応援してもらえたらありがたいですね。

(おまけ)ゲーミングハウスで見つけた特徴的な風景

一般的にゲーミングハウスは大所帯のため靴が散乱しやすいのですが、7hはマネージャーのRazer氏により玄関がきれいに保たれています。

7th heaven:公式ページ

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

スイニャン

プロフィールを見る

韓国在住経験5年。在韓中の2006年ごろeスポーツと出会い、StarCraft: Brood Warプロゲーマーの追っかけとなる。帰国後2009年ごろからさまざまなWEBメディアで取材・執筆活動を行うほか、語学力を活かして韓国人プレイヤーのインタビュー通訳・翻訳や国際大会の日本代表団引率通訳などの活動も行っている。自らはゲームをほとんどプレイせず、おもにプロゲーマーの試合を楽しむ観戦勢。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る