憧れの舞台を夢見る《ニューヒロイン》HATSUME 選手インタビュー

18歳の女性プロゲーマーの誕生というニュースはSNS上で大きな話題となり、瞬く間に世界を駆け巡った。《ニューヒロイン》の誕生だ。

2017年4月29日、《株式会社コンプ》が18歳の女性ゲーマー《HATSUME(はつめ)》とスポンサード契約を行ったことが発表された。

プロゲーマーと言えば、舞台上で華やかな振る舞う姿を想像するが、HATSUMEはアルバイトをしながらプロゲーマーとして活動するバイト戦士でもある。今回、GAME STARではHATSUMEのゲーマーとしての歩み、アルバイトと活動の両立の難しさなどを語ってもらった。

今後、様々な大会に出場していくとの意気込みも語って頂いている。彼女のTwitterではEVOへの出場も発表された。

《ニューヒロイン》がどのように成長していくか、今後の成長にも期待したい。

 

――まず、HATSUMEさんのゲーマーとしての歩みを教えてください。

HATSUME:初めてゲームに触ったのは幼稚園の頃です。PlayStationをやってました。父親がPCゲーマーだったので、私がPlayStationをやっている後ろで父親がPCゲームをやっている、そんな家族でしたね。小学校にあがって3年生くらいの時に初めてオンラインゲーム《WarRock》をプレイしました。FPSゲームなんですけど、車やバイクに乗れるステージがあって、その時は乗り物を運転して楽しいって感じでしたね(笑)

次第に実力を競い合う喜びみたいなものを覚えてきて、休みの日は友達の誘いを断って、夢中でゲームをプレイしていました。高校2年生までは、色々なFPSゲームをプレイしていて、ゲーム仲間とチームを組んでオフライン大会に出るなどの経験もしました。

高校2年生の終わり頃、当時やっていたFPSゲームのモチベーションが下がっていたんです。その時にe-sports SQUARE AKIHABARAで行われていた《TOPANGA LEAGUE》というウルトラストリートファイターIVの大会を観て、めちゃめちゃ感動したんです。

それをきっかけに格闘ゲームに魅力を感じて、現在はストリートファイターⅤをプレイしています。

 

――《TOPANGA LEAGUE》のどこが素敵でしたか?

HATSUME:私がやっていたFPSゲームは、大会の時でも静かで歓声を上げる観客はほとんどいなかったんですが、《TOPANGA LEAGUE》は違いました。多くの観客が試合中に大きな声で選手を応援していて、試合が決まった時なんかは物凄い歓声があがりました。こんなに盛り上がれるゲームってあるんだなって。めちゃめちゃ感動したことを覚えています。この大会を観て「このゲームやってみたいな」って思ったんです。

 

――昔はチームを組んでFPSゲームをされていたわけですが、格闘ゲームは個人戦じゃないですか。その違いはどのような所にありますか?

HATSUME:チーム戦は各メンバーに役割があって、メンバーに得意な所があればそこを任せたりして、自分はその与えられた役割を果たせば良かったのですが、個人戦である格闘ゲームになると全部自分で考えて、自分でできるようにならないといけないので、そういう所で苦労することがあります。

 

――HATSUMEさんは、普段はどのような生活をされていますか?

HATSUME:2パターンあります。むしろ、2パターンしかありません(笑)。

1パターン目は、お昼くらいに起きて、アルバイトの2時間前くらいに起きて、仕事にいって、帰ってからゲームをして朝方に寝るというパターンです。

2パターン目は、昼頃に起きてひたすらゲームするパターンです。この日はご飯を食べるのすら手間だと感じるのでこういう日にCOMPを飲んでます。

 

――どのくらいゲームの練習を行っていますか?

HATSUME:アルバイトで長い練習時間を確保できない日もあるのですが、最低でも毎日1、2時間は触る様にしています。仕事が休みの日は合計で9、10時間くらいは練習しています。

 

――どのような練習をしているのでしょうか?

HATSUME:トレーニングモードやランクマッチ(※)で練習しています。苦手なキャラクターの克服をしたい時はCPUにそのキャラクターをやらせて練習したりしています。

練習の時に決めていることがあるんですけど、1時間の内、45分はプレイして、残りの15分は振り返りや動画で勉強などをしています。その他にはお風呂入っているときに上位プレイヤーの対戦動画を観たりもしています。

(※)ランクマッチとは、世界中のプレイヤーとネットワーク対戦を行い、リーグポイントによるランキングを競い合うゲームモードのこと。

 

――アルバイトをしながら、プロゲーマーとして活動しているんですね。

HATSUME:スポーツ選手の中でもアルバイトや仕事をしながら、平日の練習や週末の大会に出ている選手がいます。私はその方々と同じ様に昼間はアルバイトで生計を立てつつ、終わった後にゲームの練習をして、週末の大会に出場しています。

 

――HATSUMEさん、今後の活動について教えてください。

HATSUME:まずは国内大会で戦えるように、しっかり練習していきます。そしてこれから色々な大会に出たいと思っています。今年はEVO(※)に挑戦しようと思っています。

長い目で将来のことを言うのであれば海外の大会に出場して活躍し、皆さんに認められるようになりたいと思っています。

(※)EVOとは「Evolution Championship Series」の略称でアメリカ最大級の格闘ゲーム大会のことである。日本のみならず世界中から有数の強豪プレイヤーが参戦する。

――では、ここからはCOMPの開発者 鈴木さんにも質問していきます。なぜ、HATSUMEさんをプロダクトスポンサードすることにしたのでしょうか?

COMP 鈴木:以前、eスポーツ関連のライトニングトークを行う機会があって、COMPをプレゼンテーションしたんですね。そこで興味をもってくれた方がHATSUMEさんを連れてきてくれました。

一番最初の印象は、若い女の子っていう属性の人でもプロを目指して頑張っているんだ。って感じでしたね。話をしていると芯がしっかりしていて、ゲームに対する思いも「面白い」ということだけではなく、ゲームを通じて世の中に価値を提供してる人だと感じました。そして実直で付き合っていて気分が良い人です。この人と一緒にお仕事ができたら良いなって思ってスポンサードを決めました。

それと当たり前なんですが、COMPを知っていて、試したことがあるってこと。スポンサードするときに大事にしていることは相手がCOMPを好きっていうことですね。

 

――最近C4 LANなどのゲームイベントやHATSUMEさんのスポンサードなどゲーム関連に積極的な印象があります。ゲーマーとCOMPの相性にどのように考えていますか?

COMP 鈴木:そもそも、COMPってなんで作ったのっていうお話からさせてください。

私は元々薬の研究を行っていて、趣味でゲームをやっていました。自分の好きなことに没頭している瞬間が一番好きなんです。でも、健康維持するには手間がかかるし、面倒だって思ったんですよね。なので、手軽に健康を維持する食事の必要性を感じたんです。

海外にも類似の健康食品はあるのですが、当時日本で買えなかったので自分で作ってみました。それで、周りの同じ境遇の方々に提供していったんです。

最初は「〇〇向け」という形ではなく売り出したのですが、結果としてゲーマーやITエンジニアの間で売れ始めました。なので、自分の好きなことに没頭しているガッチガチのゲーマーとは相性が良いと思うんですよ。

 

――COMPはSNSでも話題になっていますよね。

COMP 鈴木:COMPの良いところの一つにSNS上にコミュニティがあることですね。

Twitterでレシピの共有とか、どんな時に飲んでるとか、呟いている人がいて、そこからコミュニティが出来上がってきています。COMPとしてもそこを後押ししたいとも思っています。

 

――HATSUMEさんは完全食COMPをどんな時に飲んでいますか?

HATSUME:朝起きて、仕事の準備中に朝ごはんとしてCOMPを飲んでいます。その日の感覚に合わせて味を変えられるのも好きな所です。最近はコーヒーを入れてソイラテ風にして飲んでいます。

COMPは眠くなりにくいので夜ごはんをCOMPにするときもあります。私、ごはんを食べると眠くなるんですよね。眠くなりにくいので、練習にも集中できますし、重宝しています。

 

――鈴木さん、COMPが眠くなりにくい理由ってあるんですか?

COMP 鈴木:食後って眠くなりやすい理由があって、ご飯を食べると血糖値があがります。その濃度が一定レベル以上に上がると眠くなるんです。COMPも炭水化物は入っているのですが、血糖値が上がらない成分をいれています。

でも、元々血糖値を上げない設計にした理由は糖尿病を抑制したいから、なんですよね。なのでその副産物なんです。でも、TwitterなどのSNS上では眠くなりにくいことが一番評価されていますね。

 

――HATSUMEさん、COMPでおすすめの飲み方はありますか?

HATSUME:一番好きな飲み方はコーヒーとCOMPを組み合わせです。最近朝飲んでいると言っていたソイラテ風ですね。その他では、最近SNSで知って試したんですけど、粉末状のコーンポタージュをCOMPと混ぜ、そこに塩を加えて、お湯で溶かすコンポタCOMPですね。凄く美味しかったですよ。

 

《キャンペーン》
GAME STARのTwitterアカウント(@gamestar_info)にて 完全食COMPが当たるリツイートキャンペーンを実施中。

 

本インタビューは輝くゲーマーにフォーカスするeスポーツマガジン「GAME STAR Vol.15」にて抜粋版が掲載されています。
GAME STAR

HATSUME(はつめ)
職業:プロゲーマー・イベントMC
誕生日:8月27日

オンラインゲーム公式配信や、ユーザー主催大会配信のMCを務める。
ストリートファイターVをメインタイトルに活動中。

【大会出場履歴】
渋谷カジュアルVol7 ストリートファイターⅤ 3on3 優勝【地球制圧作戦】
Tokyo Offline Party 3on3大会 ベスト32 【406ゴジキャミィ】

【イベントMC】
2015年 NEXON公式配信 カウンターストライクオンライン
2016年 Overwatch Championship Series インタビュアー
2016年 Overwatch Playing Party  運営/解説

 

鈴木優太
職業:株式会社コンプ 代表取締役CEO/開発者
COMP:公式ページ

RELATED POST

関連記事

中国初、女性のみのプロeスポーツチーム

東京ゲームショウ2017、カプコンのeスポーツステージイベント詳細が明らかに

【一つ目戦記】第42回 Overwatch「リーパー」について

黒豆のFIFA通信~固定クラブや大会に参加しよう!

ニコニコ超会議2017でARMSのエキシビジョンマッチを「超」目撃してきた!

Street Fighter Vがアップデート!eスポーツにも影響する?

オンラインFPS『クロスファイア』のeスポーツ大会「CFS 2017 National Final」決勝が10月7日に開催

【どぶろぐ】どぐらが教える!BBCFで勝てないときに取るべき行動(前編)

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RECOMMEND

おすすめ記事

ビットキャッシュ1万円分を手にするのはどちらのチーム?!CYCLOPS athlete gamingを応援してRazer製ゲーミングキーボードなどの豪華賞品をゲットしよう!

NEW

SHIBUYA GAMEでは、一緒にeスポーツシーンを盛り上げてくれる仲間を募集します!

USG Enty選手の韓国LoLプロチームAfreeca Freecsゲーミングハウス訪問記&トライアウト配信レポート

韓国留学中のUSG Enty選手に直撃インタビュー、海外生活や語学学習そしてeスポーツ事情を語る

結婚すると優勝出来る!? 格闘ゲーマーの結婚と強さの関係に迫る!どぐら × ハイタニ 対談

ハースストーン日本語化2周年記念「炉端の集い」大阪イベント!ハースストーンの聖地は関西にあり!?

もはや格闘ゲームイベントの枠には収まらず。誰もが楽しめたゲームの祭典『闘神祭2017』2日目リポート!

【闘神祭2017】たぬかな選手と若手選手が大活躍!『鉄拳7 FATED RETRIBUTION』と『THE KING OF FIGHTERS XIV Arcade Ver.』のChampions Cupをリポート!!

おすすめ記事一覧を見る

WRITTEN BY

みずイロ

View Profile

2005年頃からシューティングゲーム中心にプレイ。2015年からはフリーペーパー「GAME STAR」の発行を行うほか、WEBメディアの運営・取材・執筆活動も行っている。弱点はシナモンとプリン体。

ライター一覧を見る

Burning Coreインタビュー(Hollis選手/Astarore選手/Ladenコーチ)―チームを変える使命感―

前の記事

学生eスポーツ世界大会「International College Cup」日本代表として東京アニメ・声優専門学校LoLサークルが出場!

次の記事

RANKING

人気の記事

結婚すると優勝出来る!? 格闘ゲーマーの結婚と強さの関係に迫る!どぐら × ハイタニ 対談

USG Enty選手インタビュー、韓国語とLoLを学ぶため3か月の韓国留学へ出発!

最強ザトー使い小川選手に訊く!『闘神祭2017』直前インタビュー。強キャラ・プレイヤーランキングも!

女性プロプレイヤーたぬかなの『鉄拳7』初心者講座~おすすめ練習方法~

鉄拳プレイヤー たぬかな 話題のアケコン「Razer Panthera」をレビュー

10・22『闘神祭2017 鉄拳7FR』ハイレベルな予選を通過した全15本戦出場チームの戦力情報を紹介!『Twitch JAPAN』で完全生中継!