}

賞金総額500万円!GALLERIA GAMEMASTER CUP開催

2017年7月13日、東京・秋葉原のUDXシアターにて、株式会社サードウェーブデジノスの「GALLERIA GAMEMASTER CUP」開催宣言PR発表会が開催されました。

賞金総額500万円!2つの部門で開催

本大会は、「チャレンジ部門」と「エントリー部門」の2部門構成で展開されます。

「チャレンジ部門」は、アジア最大級のeスポーツ大会『eXTREMESLAND ZOWIE ASIA CS:GO2017』の日本予選として実施されます。優勝チームには賞金150万円と、日本代表として10月に上海で開催されるアジア決勝大会への出場権が得られます。世界的に人気のFPS『Counter-Strike:Global Offensive(以下「CS:GO」)』での大会は、国内のプレイヤーにとって「世界への登竜門」としての位置付け。アジア14地域から集結する16のチームの一つとなり、優勝賞金4万ドルを目指して戦うチャンスとなります。

「エントリー部門」はeスポーツコミュニティ活性化を目的として国内で開催されます。競技タイトルは『World of Tanks』と『フィギュアヘッズ』。両タイトルとも、優勝賞金は100万円です。全世界1億1,000万人以上の会員数を誇るオンラインタンクバトル『World of Tanks』とスクウェア・エニックスが国内から世界を目指す新ジャンルのロボット大戦タイトル『フィギュアヘッズ』という2タイトルを採用した事で、国内だけでなく世界での活躍を夢見るプレイヤーが出てくることが期待されます。なお、エントリー部門の大会の模様は、Twitch及びYoutube Liveで配信されます。

両部門とも、本日7月13日からエントリーを開始しています。8月に実施されるオンライン予選大会を経て、決勝大会はいずれも9月16日~17日に都内で開催されます。

本大会主催の株式会社サードウェーブデジノス取締役社長 田中基文氏は、「今世界で起こっている大きなeスポーツムーブメントは、日本にも必ずやってきます。
これまでサードウェーブデジノスは、主力製品であるゲーミングPCガレリアを展開し、皆様に愛されて参りました。PCゲームユーザーの方々に喜んでもらえるよう、そして日本のeスポーツシーンを盛り上げるために何ができるかと考えたところ、第一にeスポーツを楽しむ場を提供することが重要なのではと考え、eスポーツ大会というプラットフォームを提供して、eスポーツプレイヤー人口の裾の拡大に貢献して参りたいと思います。
ただし、我々だけでは、日本のeスポーツのムーブメントを起こすのは、不可能だと思います。皆様と一緒に盛り上げていく必要があります。
日本のeスポーツシーンは新しい時代を迎えます。是非『GALLERIA GAMEMASTER CUP』にご期待ください。」とコメントしました。

エントリー期間と賞金内訳

エントリーページ

チャレンジ部門
・CS:GO
エントリー期間:7月13日(木)~8月20日(日)23:59
トーナメント表発表日:8月22日(火)
賞金:優勝150万円、準優勝30万円、同立3位(2チーム)各15万円、MVP賞10万円

エントリー部門
・World of Tanks
エントリー期間:7月13日(木)~8月6日(日)23:59
トーナメント表発表日:8月8日(火)
賞金:優勝100万円、準優勝30万円、MVP賞10万円

・フィギュアヘッズ
エントリー期間:7月13日(木)~8月13日(日)23:59
トーナメント表発表日:8月15日(火)
賞金:優勝100万円、準優勝30万円、MVP賞10万円

登壇者コメント

▲一般社団法人e-sports促進機構 浜村弘一氏
eスポーツムーブメントの先駆けを創るという意味で大会に非常に熱い戦いを期待しています。
▲一般社団法日本eスポーツ協会 理事 馬場章氏
この大会はeスポーツ全体の発展を目指している点、ユーザーのコミュニティーと協力している点、国際大会と連携している点、高額賞金を実現している点の4点において日本の新しいeスポーツビジネスのビジネスモデルになるのではないかと考えます。私たち日本eスポーツ協会も本大会成功のために後援をさせていただきます。
▲インテル株式会社 藤木貴子氏
世界では、多くのeスポーツ大会が開催され、たくさんの方が会場に足を運ばれています。インテルでは10年以上にわたり世界規模の大会「Intel Extreme Masters」通じてeスポーツの普及拡大に貢献して参りました。今回の大会を通じて日本でも、eスポーツの楽しみや盛り上がりを身近に感じていただくことを期待しています。
▲NVIDIA Japan 谷口純也氏
本大会をサポートできることを非常に嬉しく思っています。
日本のeスポーツプレイヤーたちが増えている中、夢の舞台に挑戦できるプレイヤーが出てくると思うとワクワクしています。世界に通じるプレイヤーやチームが出てくることを期待しています。
▲ウォーゲーミングジャパン株式会社 Ozan Kocoglu氏
みんなで力を合わせて日本のeスポーツを益々盛り上げましょう。プレイヤーの方々には熱い試合を期待します。ゲームを楽しみながら優勝を目指してください。No Tanks, No Life. Let’s battle!!
▲株式会社スクウェア・エニックス 織田 英治氏
栄えある第一回目のタイトルにフィギュアヘッズを選出いただきありがとうございます。開発初期から「大会に力を入れていく」ということが根底にありました。大会を行うにあたり必要な機能として、平等な装備で戦える「大会モード」や視聴者が楽しめる「オブザーバーモード」があります。そのような機能を利用して、今回の大会も盛り上げていきたいと思います。今回の大会で、いずれはフィギュアヘッズも世界大会が出来るようなタイトルにしていきたいと考えています。日本のPCゲーム市場やコミュニティが発展することを期待しています。

国内eスポーツ市場の活性化と世界を意識した、国産の大会として発表された本大会。大会を取り仕切るサードウェーブデジノス大浦氏からも、「本気で取り組み、そして継続していく」という言葉が繰り返し強調されるなど、大会の盛り上がりが期待される発表会となりました。

幸運にも今回の対象ゲームタイトルをプレイしているプレイヤーは、この夢のような賞金や海外大会出場を目指して本気で挑戦してみてはいかがでしょうか。

主催:株式会社サードウェーブデジノス
後援:一般社団法人e-sports促進機構、一般社団法人日本eスポーツ協会
協賛:インテル株式会社、NVIDIA Japan
協力:ウォーゲーミングジャパン株式会社、株式会社スクウェア・エニックス、ベンキュージャパン株式会社

大会情報
GALLERIA GAMEMASTER CUP公式サイト
Twitterガレリア公式アカウント

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る