格闘ゲームの祭典『EVO2017』最終日ハイライト

EVO2017終幕!

7月15日から始まった世界規模の格闘ゲームの祭典『EVO2017』も、幕を閉じました。

最終日、最高のドラマが…。結果を見ていきましょう。

各タイトルハイライト

1.ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3

引用元:ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3 公式サイト

優勝 RyanLV選手

準優勝 ChrisG選手

3位 PC marvel god選手

4位 Paradigm選手

5位タイ Prodigy選手、Joey D選手

7位タイ NoLife選手、Not Enough Damage選手

▲ グランドファイナル前の様子。惜しくも準優勝だったChrisG選手のリラックスした表情。

海外の選手、特にアメリカの選手が強いタイトルでした。

優勝したRyanLV選手は春麗、モリガン、フェニックスというめずらしいチーム構成。すでに次回作の『MARVEL VS. CAPCOM Infinity』が発表されており、最後の開催と見られている中、モリガン、ドゥーム、バージルという、このゲームひとつの解答であるチームを下し、見事優勝を手にしました。

2.Blaze Blue Central Fiction

引用元:BLAZBLUE CENTRALFICTION 公式サイト

優勝 りゅうせい選手(カルル)

準優勝 フェンりっち選手(ジン)

3位 ふみ選手(ナイン)

4位 怪物くん選手(イザナミ)

5位タイ とちぎん選手(アズラエル)、ソウジ選手(アラクネ)

7位タイ ドラ選手(バング)、長老選手(レイチェル)

グランドファイナルは、りゅうせい選手フェンりっち選手という組み合わせ両選手ともプレッシャーがかかる中もガードが硬くなかなか崩れない展開。拮抗した勝負の中、少ないチャンスをモノにしたりゅうせい選手が見事優勝をしました。

▲ 見事優勝したりゅうせい選手。嬉しさのあまり涙していました。本当におめでとうございます。

3.鉄拳7

引用元:TEKKEN 7

優勝 JDCR選手(平八、ドラグノフ)

準優勝 Saint選手 (ジャック7)

3位 KNEE選手(ブライアン、スティーブ)

4位 たいせい選手(スティーブ)

5位タイ JEOndding選手(エディ、ラッキークロエ)、ANAKIN選手(ジャック7)

7位タイ Suiken選手(エリザ)、タケ選手(一美)

鉄拳大国韓国、やはり強い。ルーザーズから這い上がってきたSaint選手、前ステップとバックダッシュで相手を翻弄し、グランドファイナルへ。

しかしJDCR選手がしっかりと対応し見事優勝しました。

4.大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U

引用元:大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS _ Wii U

優勝 Salem選手(ベヨネッタ)

準優勝 ZeRo選手(ディディーコング)

3位 Larry Lurr選手(フォックス、ドンキーコング)

4位 Tweek選手(クラウド)

5位タイ Nairo選手(ゼロスーツサムス、クッパ)、KEN選手(ソニック)

7位タイ Dabuz選手(ロゼッタ)、Void選手(シーク)

▲ ルーザーズから上がってきたSalem選手がリセットをかけた瞬間。会場は大きな歓声に包まれていました。

圧倒的な強さを誇っていたZeRo選手を二回降したSalem選手が優勝。手に汗握る展開が多いタイトルでした。

5.ストリートファイターV

引用元:STREET FIGHTER V 公式サイト

優勝 ときど選手(豪鬼)

準優勝 Punk選手(かりん、ナッシュ)

3位 かずのこ選手(キャミィ)

4位 板橋ザンギエフ選手(ザンギエフ)

5位タイ NuckleDu選手(ガイル、ミカ)、もけ選手(ラシード)

7位タイ F.Champ選手(ダルシム)、MOV選手(春麗)

やはり日本人…いや世界中の格闘ゲームプレイヤーの心を熱くしてくれたのが、ストリートファイターVのときど選手でしょう。

前日、ウィナーズプールで後に決勝で相まみえるPunk選手にストレートで負け、ルーザーズでTOP8入りしたときど選手。優勝までの道のりは遠く厳しいものでした。

初戦、F.Champ選手操るダルシムに苦戦。フルセットまでもつれ込み勝利を手にしました。Twitch Clip

2戦目は去年のCapcom Cup覇者 NuckleDu選手。世界最強のプレイヤーに対し、初戦の勢いのまま勝利。Twitch Clip

ルーザーズセミファイナル、板橋ザンギエフ選手。読み合いの強さでときど選手を苦しめる。フルセットまで続く死闘を見事制し勝利。Twitch Clip

ルーザーズファイナル、かずのこ選手。私はときど選手かずのこ選手に勝利している場面をあまり見たことがありませんでした。しかし、圧倒的な強さを見せ勝利。Twitch Clip

伝説のグランドファイナル

グランドファイナルで待ち受けるのは、EVO2017で30連勝をしている弱冠19歳のPunk選手。ウィナーズファイナル、かずのこ選手との試合を見て多くの日本人が諦めたことでしょう。誰も彼を倒すことはできないと思っていました。

しかし、ときど選手と同じEcho Fox所属 Justin Wong選手は……


Punk選手を倒すことができるのは、ときど選手のみ。とTweet。

試合が始まると、圧倒的な強さを誇っていたPunk選手を追い詰めるときど選手。特に2セット目を獲ったときど選手の瞬獄殺。Twitch Clip

これは優勝ありえると感じ、更に応援に熱が入る。そしてリセットから、並み居る強豪を跳ね除け、更にEVO2017ウィナーズファイナルまで無敗だったPunk選手を6度倒し、見事優勝。Twitch clip

▲ 豪鬼のクリティカルアーツ、瞬獄殺の決めポーズ。

EVO史上でも類を見ない大逆転劇。現地で観戦していた人のみならず、配信で観戦していた人、格闘ゲームファンに夢を与えてくれる優勝でした。

まさしく今大会の主人公であった、ときど選手。改めておめでとうございます。

EVO2017を終えて


7月15日から7月17日まで続いた、世界最大の格闘ゲームのトーナメントEVO2017。今年はときど選手をはじめ、さまざまの選手が最高のドラマを見せてくれました。日本でも来年1月にEVOJapanが開催されます。ガチの戦いでしか発生しないであろう、今回のような奇跡的なドラマがまた展開するのでしょうか。

今や会場に足を運ばなくとも、感動を共有することができる時代です。EVOJapanを、来年また行われるEVO2018を、その他ゲーム大会を盛り上げるのは、選手や会場にいる参加者だけでなく、配信を見ている我々も同じです。

今回のEVO2017を見て、思ったこと、感じたことをSNSで発信するのもよし、友達に伝えるのもよし。その感動を伝播させ、さらにeスポーツシーンを盛り上げていきましょう!

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

あわせて読みたい

NEW
NEW

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る