【一つ目戦記】第36回 「ウィンストン」を使って勝利をつかみとれ!

こんにちわ、CYCLOPSのTBNPeltor(ちゅぼんぺるたー)(@tbnpeltor)です!

今回の記事ではウィンストンについて僕個人が思ったことを書きたいと思います。

今現在、ダイブ構成が主流の中ウィンストンを少しずつ使いこなせるようになってきました。最初にウィンストンを始めたころはMainTank=敵からダメージを貰うことも仕事の1つだと考えていました。これは構成によって動きが全く変わってくるのですが、今回は2パターンを想定して書いていきます。

1パターン目:ウィンストン・D.Va・ルシオ・ゼニヤッタ・トレーサー・ゲンジのパターン

この構成は俗に言う、ハイダイブ構成で簡単に説明すると超攻撃型構成みたいな感じです。
味方のゼニヤッタの不和のオーブを中心にフォーカスを合わせていく構成で相手のバックライン(サポート・ソルジャー76)などを最初に狙っていくスタイルで、敵チームもこの構成をとってきた場合ゴリゴリの殴り合いになります。相手のサポートキャラを落とすことはこの構成の場合さほど難しくはありません。しかし、こちらのサポートキャラも早く落とされがちです。その場合両チームのサポートキャラがいなくなった時に少しでも被弾を受けてない方のチームが圧倒的に有利だと思います。この時のウィンストンの動きとしては、最初に味方のDPS(トレーサー・ゲンジ)とうまくコミュニケーションを取ってどの敵キャラクターから狙うか?どのタイミングで飛び込むか?などコミュニケーション取ってから飛び込む事になります。ここで重要なのが飛び込む前に被弾ダメージを最小限に抑えることです。いかに敵からのダメージを受けずに相手のバックラインに飛び込めるかが大事になってきます。

2パターン目:ウィンストン・D.Va・ルシオ・ゼニヤッタ・トレーサー・ソルジャー76のパターン

この構成は、相手のバックラインに飛び込むというよりも、手前の敵前衛から倒していくという感じの構成になってます。基本的にはゼニヤッタの不和のオーブを中心に狙っていくところは1パターン目とは変わってないです。しかし、狙う敵がサポートキャラと違い今回の場合はタンクキャラクター中心になってきます。この場合のウィンストンの動きは1パターン目にも被弾を抑えると書きましたが、それ以上に被弾を抑えていいと思います。

この構成の場合味方のバックラインはソルジャー76・ルシオ・ゼニヤッタの3キャラクターで構成されています。ゼニヤッタのことをソルジャー76とルシオを中心に守り、相手のウィンストンなども飛び込んできた場合に、こちらのウィンストン・D.Vaなども味方後衛にカバーをしに行くことが重要だと思います。
相手が飛び込んでこない場合は、ゼニヤッタの不和のオーブを中心に遠目から攻撃していき、相手が瀕死or前線が下がって行ったときにウィンストンが飛び込むor少し前に詰める位の動きでいいと思います。この構成の場合、絶対に相手を倒しきれるときのみ飛びこむなど、無理をしないことがとても大切です。僕も最近までなかなかこの動きに慣れずファーストで倒されてしまったり、瀕死の状態で味方のヒールが回らなくなってしまったりしてしまいました。ゼニヤッタの場合ヒールの回転率がアナほどは高くないので、ウィンストン・D.Vaの両方が瀕死or半分以下になってしまったら、ヒールが回らなくなってしまいます。それを避けるためにも初動の動きでは被弾ダメージを最小限に抑えることが最も重要になってくると思います。

結論を簡単に言ってしまうと、ウィンストンは被弾を最小限に抑えれることが勝利へのカギってことですかね(ちゅぼん調べ)。

今回は以上になります。次回もよろしくお願いします!!

RELATED POST

関連記事

【一つ目戦記】第29回 Overwatch サポートソンブラについて その2

「Overwatch World Cup 2017」公式eスポーツ大会に出場していた日本代表はグループステージを突破するもベスト16で敗退

League of Legends 二体の新チャンピオン、ザヤ&ラカンが発表

ストⅢ強豪プレイヤーMOVが考える今年のEVOともう一つの大きな才能

COMPって知ってる? COMP所属プロゲーマーのCOMPレビュー COMPグミ編

学生eスポーツ世界大会「International College Cup」日本代表として東京アニメ・声優専門学校LoLサークルが出場!

黒豆のFIFA通信~FIFA18はこういうゲームになる!黒豆予想

『League of Legends』、年末のeスポーツイベント「2017 All-Star Event」最新情報が明らかに

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RECOMMEND

おすすめ記事

日本の「LJL」から韓国2部リーグへ…元RPGおよびDFM出身Dragonコーチインタビュー

NEW

ビットキャッシュ1万円分を手にするのはどちらのチーム?!CYCLOPS athlete gamingを応援してRazer製ゲーミングキーボードなどの豪華賞品をゲットしよう!

NEW

SHIBUYA GAMEでは、一緒にeスポーツシーンを盛り上げてくれる仲間を募集します!

USG Enty選手の韓国LoLプロチームAfreeca Freecsゲーミングハウス訪問記&トライアウト配信レポート

韓国留学中のUSG Enty選手に直撃インタビュー、海外生活や語学学習そしてeスポーツ事情を語る

結婚すると優勝出来る!? 格闘ゲーマーの結婚と強さの関係に迫る!どぐら × ハイタニ 対談

ハースストーン日本語化2周年記念「炉端の集い」大阪イベント!ハースストーンの聖地は関西にあり!?

もはや格闘ゲームイベントの枠には収まらず。誰もが楽しめたゲームの祭典『闘神祭2017』2日目リポート!

おすすめ記事一覧を見る

WRITTEN BY

オーバーウォッチチーム

View Profile

CYCLOPS OSAKA所属のオーバーウォッチチーム。メンバーはBep / Hexbel l/ Leiden / Ryoya / Sa1int / tbnPeltor / YATIAYASEの7名。

ライター一覧を見る

【一つ目戦記】第37回 ロードホックの変更点

前の記事

【一つ目戦記】第35回 Overwatch「ルシオ」の基本

次の記事

RANKING

人気の記事

結婚すると優勝出来る!? 格闘ゲーマーの結婚と強さの関係に迫る!どぐら × ハイタニ 対談

USG Enty選手インタビュー、韓国語とLoLを学ぶため3か月の韓国留学へ出発!

最強ザトー使い小川選手に訊く!『闘神祭2017』直前インタビュー。強キャラ・プレイヤーランキングも!

女性プロプレイヤーたぬかなの『鉄拳7』初心者講座~おすすめ練習方法~

鉄拳プレイヤー たぬかな 話題のアケコン「Razer Panthera」をレビュー

10・22『闘神祭2017 鉄拳7FR』ハイレベルな予選を通過した全15本戦出場チームの戦力情報を紹介!『Twitch JAPAN』で完全生中継!