【一つ目戦記】第35回 Overwatch「ルシオ」の基本

初めまして。CYCLOPS athlete gaming Overwatch部門所属のshikumun(@Shikumun)と申します。

自分は一番苦手なヒーローがルシオだったのですが、使い続けているうちに一番得意になったルシオの基本について書いていこうと思います。

ルシオのスキル詳細

ソニック・アンプファイア(マウス左クリック)
一度の攻撃で4発放ち、一発当たりのダメージが20。
全弾命中すれば80というダメージを出せる(全てヘッドショットだった場合160というダメージになる)。

マガジンに20発持っており、5回までリロードなく連続で攻撃し続けることができます。更に距離減衰がなく、どれだけ遠い敵を狙ってもダメージが減ることがありません。

しかしこれだけ良い性能ながら火力を出し切るのが難しい理由があります。
即着弾ではなく、発射してから敵に弾が当たるまでに遅延があることです。

サウンドウェーブ(マウス右クリック)
発動する際にマガジン内の4発を使用することで、近距離の敵に25ダメージを与え、敵の体を前方に吹き飛ばすスキル。
クールタイムがあり、一度使用すると次に使用するまでに4秒かかる。

敵を環境キルする際や味方のアナやゼニヤッタをウィンストン、ゲンジ等から守る際に活用できます。

クロスフェード(キーボードshift)
ルシオを中心とした半径10m範囲内の味方と自身に、回復か移動速度アップのどちらかを常時付与。
回復:味方は一人あたり秒間16.25回復することができ、自身には秒間13回復できる。
移動速度:自身も味方も30%速度が向上する。
shiftを押すことによって回復か移動速度アップかを選択できる。

基本的に味方が攻める時には移動速度に、守りの時は回復にしておくと良いと思います。

アンプイットアップ(キーボードE)
3秒間クロスフェードの効果を向上させる事ができる(効果範囲は変化しない)
回復:味方は秒間46.8回復することができ、自身には秒間35.1回復できる。
移動速度:自身も見方も70%速度が向上する。
また回復の場合は、3秒で約140回復することができる。

クールタイムがあり、一度使用すると次に使用するまでに12秒とかなり長いの慎重に使いたいです。

サウンドバリア(キーボードQ)
アルティメットスキルで、発動時にルシオを中心とした半径20m範囲内の味方と自身に、シールドを500付与する。しかしこのシールドは最大6秒間のみの付与で、1秒ごとに約83ずつシールドは減少していく。

基本は相手の攻撃から味方を守るために使うがQを押してから発動までに約0.8秒かかるので気持ち少し早めに使うとミスが少なくなります。

ウォールライド(キーボードspeac長押し)
壁に張り付き移動することができる。
ウォールライド中は秒間7.7メートルで移動することができ、壁から離れると加速することが可能で、それを連続で行うことで移動速度がとても向上する。

サポートは生き残ることがとても大事で、このウォールライドはルシオが生き残るのにとても活用できるので練習しておきたいところです。

最後に

今回はスキルの詳細とそれに対する私の簡単な意見を書きました。

自分が使うヒーローに関して、しっかり理解しておくのは上達する近道の一つです。
次回はルシオの実践的なことを書きたいと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

オーバーウォッチチーム

プロフィールを見る

CYCLOPS athlete gaming所属のオーバーウォッチチーム。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る