【一つ目戦記】第38回 Overwatch「ルシオ」を使った実践的な考え方

こんにちは、CYCLOPS athlete gaming Overwatch部門所属のshikumun(@Shikumun)です。

前回はルシオのスキル詳細を書きましたが、今回はルシオの実践的な考え方を書いていきたいと思います。

その1「立ち位置」

ルシオは半径10m内の味方を回復、または移動速度上昇を付与する事ができます。つまり範囲の事だけを考えると立ち位置は前線と後衛の間あたりに位置取りをすると思います。
しかしこれは、味方の構成や相手の構成によって変化します。更に言うと相手のオフェンスの強さや、やりたいことによっても変化します。
これは実践でやっていく中、自分がこれだと思うのを探していきましょう。

その2「試合中の考え方」

ルシオは様々なことを考えないといけません。私個人が試合中に考えていることを全て書いていきたいと思います。

(ほぼ常に考えていること)
・味方サポートの場所を常に把握
・敵のULT状況や癖などにより立ち位置を変化
・敵のウィンストン、DVA、ゲンジの移動可能スキルの有無

(味方を守りたい時に考えていること)
・敵オフェンスの場所を把握、予測
・敵ULT状態を観察、考察
・ルシオのULTを使うタイミング

(攻撃的な事を行わなければならない時に考えていること)
・敵のサポートやソルジャー、マクリー、ウィドウメイカー等の位置
・環境キルができるような状況があるかどうか

上記の事を何パターンか組み合わせながら考えて戦っています。

その3「ルシオはオフェンスを抑えることができる」

私はルシオを使っていて、オフェンスを抑えることは出来ると思っています。
オフェンスをキルすることはいくつか条件がないとできませんが、敵のオフェンスの力を100%発揮させなければ相当味方が戦いやすくなるでしょう。
例としてはルシオの通常攻撃で狙う場合は常に射線上にソルジャー76やマクリー、ウィドウメイカー等を入れるようにする(距離減衰がないので遠くの敵にも強いです)。
トレーサーやゲンジ等は横道を取る場合は横道に撃ち続け、圧力をかける。
正面から来るようであれば、ヘッドショットを意識しトレーサーのリコールやゲンジの木の葉返しを使用させることにより、相手のオフェンスに攻撃時の保険のようなスキルを使用させ心理的に攻撃しづらくさせる。

近距離1クリックヘッドショット
遠距離1クリックヘッドショット

その4「BOOPは細かい使い方が重要」

BOOP(サウンドウェーブ)は環境キル以外でも役に立ちます。移動を妨げるという考え方で使うと色々と楽しいです。
様々な使い方がありますが、個人的には逃げる敵を先回りして味方のほうに押して倒せた時は縁の下の力持ち感があって好きです。

その5「ウォールライドは永遠の練習」

ルシオのすべての要素で根本的に役立ちます。
様々なTOPルシオの動画や配信を見て、知識として持っておくだけでも確実なアドバンテージになります。
地に足を付けているだけの試合も確かにあります。しかし乱戦時等に癖にしておけば本当に強くなります。

最後に

今回はルシオの実践的な考え方を少し書かせていただきました。
これはルシオの考え方の一部でしかありません。他にも様々な考え方があり、書ききれていないこともあります。
しかし考えていくのが楽しく強くなることだと思っているので、皆さんの考えの一部になれれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

RELATED POST

関連記事

「レインボーシックス シージ」のeスポーツ大会「玄人志向杯#3」が10月21日(土)に開催

7月3日から9日の日程で開催されるLoLのeスポーツイベント「Rift Rivals」

「ウイニングイレブン 2018」のeスポーツ大会「PES LEAGUE WORLD TOUR 2018」が「UEFA Champions League」公式大会として実施

人気eスポーツタイトル最新作『Call of Duty:WWII』が正式発表!日本時間27日未明に情報解禁!

SPECIAL FORCE 2

フジテレビ、11月にeスポーツの祭典「Tokyo E-sports Festival」を開催!

eスポーツキャスターとして活躍している「トンピ」氏がポノス株式会社のゲーマー社員に

eスポーツタイトル「LoL」の世界大会「2017 League of Legends World Championship」は9月23日から中国で開催

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RECOMMEND

おすすめ記事

日本の「LJL」から韓国2部リーグへ…元RPGおよびDFM出身Dragonコーチインタビュー

NEW

ビットキャッシュ1万円分を手にするのはどちらのチーム?!CYCLOPS athlete gamingを応援してRazer製ゲーミングキーボードなどの豪華賞品をゲットしよう!

NEW

SHIBUYA GAMEでは、一緒にeスポーツシーンを盛り上げてくれる仲間を募集します!

USG Enty選手の韓国LoLプロチームAfreeca Freecsゲーミングハウス訪問記&トライアウト配信レポート

韓国留学中のUSG Enty選手に直撃インタビュー、海外生活や語学学習そしてeスポーツ事情を語る

結婚すると優勝出来る!? 格闘ゲーマーの結婚と強さの関係に迫る!どぐら × ハイタニ 対談

ハースストーン日本語化2周年記念「炉端の集い」大阪イベント!ハースストーンの聖地は関西にあり!?

もはや格闘ゲームイベントの枠には収まらず。誰もが楽しめたゲームの祭典『闘神祭2017』2日目リポート!

おすすめ記事一覧を見る

WRITTEN BY

オーバーウォッチチーム

View Profile

CYCLOPS OSAKA所属のオーバーウォッチチーム。メンバーはBep / Hexbel l/ Leiden / Ryoya / Sa1int / tbnPeltor / YATIAYASEの7名。

ライター一覧を見る

DMM GAMES、人気eスポーツタイトル『PUBG』のチャネリングサービス開始キャンペーン第3弾を発表。豪華限定グッズなどがプレゼント。

前の記事

【一つ目戦記】第37回 ロードホックの変更点

次の記事

RANKING

人気の記事

結婚すると優勝出来る!? 格闘ゲーマーの結婚と強さの関係に迫る!どぐら × ハイタニ 対談

USG Enty選手インタビュー、韓国語とLoLを学ぶため3か月の韓国留学へ出発!

最強ザトー使い小川選手に訊く!『闘神祭2017』直前インタビュー。強キャラ・プレイヤーランキングも!

女性プロプレイヤーたぬかなの『鉄拳7』初心者講座~おすすめ練習方法~

鉄拳プレイヤー たぬかな 話題のアケコン「Razer Panthera」をレビュー

10・22『闘神祭2017 鉄拳7FR』ハイレベルな予選を通過した全15本戦出場チームの戦力情報を紹介!『Twitch JAPAN』で完全生中継!