鉄拳プレイヤー たぬかな 話題のアケコン「Razer Panthera」をレビュー

8月5日(土)、秋葉原 ツクモeX.パソコン館内 RAZERZONEにて「たぬかな選手と対戦 野試合対戦会」開催された。
このイベントはCYCLOPS athlete gaming所属の女性プロゲーマーたぬかなと格闘ゲーム「鉄拳7」で対戦できるというイベント。

SHIBUYA GAMEでは、本イベント終了後のたぬかなにインタビューを行った。
当日対戦で使用した「Razer Panthera」(レイザー パンテラ、以下 Panthera ※製品はMSY株式会社の提供)の使用感を彼女らしいストレートな表現で語ってくれた。

本稿の後半では、たぬかなのサイン入りチェキが当たるツイッターキャンペーンに関する情報も。
ぜひ参加してみてほしい。

 

―EVO2017ではおつかれさまでした。大会を終えて、いかがですか?
EVOが終わってすぐインドネシアのジャカルタ(ABUGET CUP 2017)だったので、今はインドネシアの後っていう感じにはなるんですが、もうちょっと時間が出来たら家で練習する時間がほしいなって思います。色んなお仕事を頂いていて少し忙しいけどこの後しばらくスケジュールが空くので、集中して練習したいですね。

―インドネシアはどうでしたか?
治安はすごく良かったです。ご飯はあんまり…(苦笑)でもモールの中に入ったら、日本食のお店とかがあってそこは美味しかったです。ただ、夜は空いていなくて、仕方なく入ったレストランは微妙でした。(笑)

―今日のイベントのお話になりますが、Pantheraを使って対戦を行い、他のアーケードコントローラーよりもPantheraの方が良いと思った点はありますか?
とにかく遅延はないと思いましたね。操作したときに伝わる速さはPantheraが群を抜いていると思います。私が普段使っているコントローラーはレバーとかはいいんですけど、遅延が結構あるので遅延のなさの観点でいうととてもいいなと思います。

―逆にここはこうなるといいなと思うことはありますか?
コマンドミスがいつも使っているのに比べて起こりやすいかな?と思います。今日も下をさばいた後のつなぎを3回か4回くらいミスってたんですよね。単に慣れてないっていうのもあると思うんですけど。
あとは「出してないのにな」と思う技が出ることもあったかな?このあたりはコントローラーに慣れれば解消されると思います。

―大会ではコントローラー膝置きが主流ですが、Pantheraを膝に置いた時の安定感はいかがでしたか?
重さがあるので、ズレなくてすごくいいです。軽いとガタッと横に曲がっちゃったりするので丁度良い重さだと思います。持ち運びはめっちゃ重いですが、軽いと安定感がなくなるので、それだったら重い方がいいかなとは思います。
海外遠征時とかは結構大変なんですがこれは割り切るしかないですね。

―飛行機に乗るときコントローラーは預けるんですか?
基本的には、預けてない人が多いです。バッグにアケコン(アーケードコントローラー)入れて。
どぐらさんとかGO1さんもバッグのみで行くので、バッグに入れて運んでますね。
たまにあるらしいんですけど、荷物の取り違いで届かなかったりとか、荷物ぶん投げられてアケコン壊れる可能性もあるので、持って乗るのが主流です。
ただ私は重すぎるんで、服とかで頑丈に包んでから、ケースに入れて預けるようにしています。
バッグに入れて運ぶと肩が壊れます(笑)。

―鉄拳はノアール配置のコントローラーが主流だと思いますが、ビュウリックス配置のPantheraはどうでしたか?
一応もともと持っているものもノアール配置ではなく、ビュウリックス配置のものをノアール配置に変えてやっていたので、指が触れちゃう違和感は多少ありますが、プレイに関してはとんど支障ない感じです。
…ただ欲を言えば、天板をノアール配置にかえられたらもっといいのになと思います。

刃 vs RAP 「VIEWLIX配置(RAP)」 刃 vs RAP 「ノアール配置(刃)」
ビュウリックス配置(上)、ノアール配置(下)
引用元:どすこい!人生

―Pantheraはボタン1つで筐体を開くことができて、内部にパーツ付け替え用のドライバーが付属していますが、大会中はどのくらいの頻度で付け替えを行いますか?
ボタンの付け替えに関しては、たまに効かんくなる時があって、接触を調べて問題なかったら替えるっていう感じですね。ドライバーがあると、レバーの玉とかが取り外せるんですよね。玉を取っておくと荷物に入れるときレバーが傷みにくいんですよ。必要な時すぐ付けられるし、重宝しています。
それからPantheraは収納のスペースがかなり広いんですよね。USBケーブルが着脱できて内部に収納できるのは私的にはすごくいいです。替えのパーツであったりとか、ちょっとしたゲーム用品であったりとか入れておけるのでその点に関してはかなりいいと思います。あと韓国(ナスビ型)レバーに替えれるキットみたいなのも(付属で)つけてくれてるので至れり尽くせりな感じです。海外の選手なんかはここにおやつ入れたりしてるみたいです(笑)。

 

たぬかな サイン入りチェキプレゼント ツイッターキャンペーン

CYCLOPS athlete gamingのユニフォームに身を包んだ、たぬかなのサイン入りチェキを2名様にプレゼント。

概要
SHIBUYA GAMEの公式Twitterアカウント(@SHIBUGAME)をフォロー & 対象の下記ツイートをRT(リツイート)して頂いた方の中から抽選で2名様にたぬかなサイン入りチェキをプレゼント。

応募期間
2017年8月15日(火)から2017年8月21日(月)23時59分まで

応募方法
ステップ1:SHIBUYA GAMEの公式Twitterアカウント(@SHIBUGAME)をフォローする

ステップ2:下記ツイートをRT(リツイート)する


・当選されたお客さまには、TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)にて2017年8月22日(火)以降にご連絡いたします。チェキの発送は2017年8月下旬以降を予定しております。
・@SHIBUGAMEへのフォローが解除されている場合、当選後のDMの送信ができないため、当選無効とさせていただきます。
・通知させていただいた期間内に返信がない場合は、当選権利を放棄したものとさせていただきます。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・Twitterアカウントをお持ちでない方は、事前にTwitterサイトにてアカウントの作成をお願い致します。

RELATED POST

関連記事

『ガンダムバトルオペレーションNEXT』2周年企画!プロeスポーツ選手チームによる対戦の生配信が決定!

最強を目指して闘う《ニューヒロイン》 CYCLOPS athlete gaming たぬかな選手インタビュー

西日本初のプロゲーマー育成専門学校が、 FPS、格闘ゲームなど様々なジャンルのプロゲーマーによる特別講義を開催!

格闘ゲームの祭典『EVO2017』最終日ハイライト

ニコニコ超会議2017でARMSのエキシビジョンマッチを「超」目撃してきた!

たぬかな選手との対戦やチェキ撮影も!鉄拳7「野試合対戦会」開催

CAMPUS COLLECTION 2017 OSAKAに潜入!イマドキの大学生にeスポーツは受け入れられるのか!?

EVO初日ハイライト&2日目の見どころ

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RECOMMEND

おすすめ記事

9/21のHIGHLIGHT【PUBG】はつめのおすすめ動画!ドン勝を決める撃ち合いや珍しいKILLシーンも

NEW

Twitchで最も見られたeスポーツゲームタイトルTOP5!(9/4〜9/10視聴時間数) やはり1位の◯◯の勢いはすごかった!しかし!

NEW

RAGE vol.5 with シャドウバースレポート~RAGEとシャドバフェスがコラボレーション!スーパーマリオ オデッセイ、PUBGも!

NEW

USG Enty選手インタビュー、韓国語とLoLを学ぶため3か月の韓国留学へ出発!

NEW

9/19のHIGHLIGHT【PUBG】フライパンを使いこなす野良外人と優勝目指す(他2動画)

NEW

【たぬかなのたぬ鉄ブログ】第4回 ~ジャカルタ Abuget Cup 2017レポート~

おすすめ記事一覧を見る

WRITTEN BY

シブゲー編集部

View Profile

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

ライター一覧を見る

eスポーツ大会「RAGE Shadowverse World Grand Prix」開催が発表、年末に開催される招待制の世界大会

前の記事

女性プロゲーマー たぬかなと対戦 「鉄拳7」野試合対戦会に潜入!

次の記事

RANKING

人気の記事

USG Enty選手インタビュー、韓国語とLoLを学ぶため3か月の韓国留学へ出発!

女性プロプレイヤーたぬかなの『鉄拳7』初心者講座~おすすめ練習方法~

鉄拳プレイヤー たぬかな 話題のアケコン「Razer Panthera」をレビュー

闘劇を4度制覇。圧倒的な強さを誇るMOV選手の“挫折”と「とき○荘」の絆

7th heavenインタビュー(Rokenia選手/ThintoN選手/Hwangコーチ)―プレイオフ進出を目指して―

2011年のEVO優勝者ふ~ど選手に迫る!“今”だからこそしたい一人旅やダイエットに励む理由は?