}

国際オリンピック委員会(IOC)会長が、オリンピックにおけるeスポーツの可能性について言及

国際オリンピック委員会(IOC)会長のThomas Bach氏が、オリンピックにおけるeスポーツの取り扱いについて考えを表明したと、THE ESPORTS OBSERVERが伝えています。

これはBach氏のSouth China Morning Postとのインタビューでの発言で、「特に現実世界でもプレイされているサッカーやその他のスポーツのシミュレーションを行う人、つまりeスポーツやそのプレイヤーには高い関心がある」とするとともに、「我々は非差別、非暴力、そして人々の平和を促進するもの」であり、これは「暴力、爆発、殺害を伴うビデオゲームとは一致しない。そして我々はその点、明確に線引をしなければならない」とも述べています。

THE ESPORTS OBSERVERはこれを受けて「Counter-Strike: Global Offensive」や「Quake Champions」などのFPSタイトルについては彼のコメントが該当することになりそうですが、一方で「League of Legends」や「Overwatch」などのタイトルに関しても、この“オリンピックの価値観”に抵触するということになるのかは判断が難しいところだとしています。

またこのインタビューで、Bach氏は、2024年のパリオリンピックでのeスポーツ採用に言及したフランスオリンピック招致委員会共同代表のTony Estanguest氏の最近のコメントについても質問されています。
Bach氏は、これらの議論(IOCとeスポーツ分野の代表者達が2024年開催予定のパリオリンピックでeスポーツを競技の一つとして採用する可能性を検討し始めているという報道)が行われていることを認めていますが、「この初めての試みに関して、何か確定的なことを言うにはまだしばらく時間がかかる」としています。

eスポーツをとりまく環境は目まぐるしく変化し、国内においても様々な大会が開催されています。
シーンの活性化のために、ファンやプレイヤー人口の拡大は必須ですが、そのためにも国際的に信頼と権威のある舞台での意見交換が活発に行われることを期待したいですね。

参照サイト:THE ESPORTS OBSERVER

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

PICKUP GAMES

注目ゲーム

すべての記事を見る