TGS2017レポート~3対3でクリスタルを奪い合うボンバーマンはなんだかとっても楽しそう!~

シブゲー編集部

9月に入ったというのに、いやぁ、まだまだ暑い日が続くなぁ。だけど、だらだらばっかりしていられない。なんといっても、秋はまだまだゲーム関連のイベントが盛りだくさん!

最新のレポートをお届けしなくては。

ゲームと言ったらやっぱり東京ゲームショウでしょ。というわけで、東京ゲームショウ2017ビジネスデー初日(9月21日)行ってきました。

数あるイベントの中でも、非常に興味を引いたのがコナミデジタルエンタテインメント社のブースのイベント「eスポーツイベント スーパーボンバーマン R」でした。eスポーツ?あのボンバーマンで?これは、何か楽しそうなにおいがするな。行ってみよう。

会場到着。いい天気だなー。
非常にテンポ良くイベントを進行する山陰ヒーロさんと、渡辺 未優さんの司会で始まりました。
岡村プロデューサー登壇。

コナミデジタルエンタテインメント社・岡村プロデューサーからの主な発表はこちら
■新たなゲームモード「グランプリ」の発表。
 ・3人一組で戦うチーム戦。
 ・「クリスタル」を青チーム、赤チームに分かれて奪い合う。
 ・キャラクター毎に特殊能力あり。

■新ゲームモード「グランプリ」をプレイする上でのポイント
 ・王冠がついているプレイヤーを狙え。
 ・個性豊かなキャラクターを楽しめ。
 ・特殊スキルを活かした戦略を立てて挑め。

■新ゲームモード「グランプリ」は2017年11月実装予定(無料でアップデート可能)

岡村プロデューサーからの発表が終わると、次に、JapanGirls Gaming対妄想キャリブレーションのエキシビジョンマッチが始まりました。

女の子同士の戦いということで、終始ワーワー、キャーキャー言いながらの戦いになりましたが、ルールがシンプルなためか、非常に盛り上がっており、また見ている方も、どっちが勝っているか、どのプレイヤーが勝負のカギとなるのかすぐにわかり、非常に楽しめる内容でした。

また、その後のエキシビジョンマッチ第2戦では香港からプロゲーミングチーム『PANDA CUTE』が、JapanGirls Gaming・妄想キャリブレーション合同チームと対戦を行いました。さすが、香港で人気のプロゲーミングチームというだけあって、2戦とも冷静に戦いを進めていき、勝利を収めていました。自己紹介時の「ショウブヨ」が、かわいかったなぁ。

むむむ、た、楽しい。見ているだけで、楽しい。自分もやってみたい。知り合いを6人ぐらい集めてワーワー、キャーキャーやってみたい。スーパーボンバーマン Rのエキシビジョンマッチを見ながら、そんな風な気持ちが心から湧き上がってくるのでした。

最後に、なぜそう思えたかをまとめてみようと思います。

・爆弾が爆発して、爆風に当たったら倒れるという基本的なルールは、昔から変わっていない。よって、ゲームを見ていれば、おおよそのルールがすぐに理解できる。
・たとえ、爆風があたって倒れても、少し時間を置くと復活するので、全員が最後まで楽しめる。
・爆風を当てて相手を倒すことが目的ではなく、クリスタルを集めることが目的なので、殺伐としないし、競技性が高まる。
・数分で決着が着くので、飽きない。
・その数分の中で何度も逆転が起こるような仕様になっており、楽しい。
・間違った場所に爆弾を置くなどのミスをして自爆することや、仲間を倒してしまうこともあり、それが見ていてクスっとくる。
・キャラクターに種類がある。それぞれ特技が違うのでどういうチーム編成にするか考えるだけも楽しめそう。また、この要素が、ゲームに奥行きを与えている。
・なによりも、遊んでいる女の子達がリアルに楽しそう。

というわけで、東京ゲームショウのKONAMIブース(スーパーボンバーマン R)のレポートでした。

レポーターの心の声
前のページ
1
2
次のページ

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る