TGS2017レポート~eスポーツプレイヤーのリクルートと管理を行うプラットフォーム『DreamTeam』は10月に世界ローンチ

東京ゲームショウ2017 eスポーツエリアよりレポート。

eスポーツプレイヤーのリクルートと管理を行うプラットフォーム『DreamTeam』が、サービスローンチを前に東京ゲームショウ2017に出展。担当者にお話を聞けました。

当初予定では9月にサービス開始予定との事でしたが、準備に少し時間がかかっており、10月に延期となったそう。何故サービス開始前にTGS2017で出展するのか尋ねたところ「我々は当初からワールドワイドにサービス展開する事を考えている。日本のeスポーツマーケットは海外と比べて大きくはないが、今後拡大していくと考えており、様々なプレイヤーとオープンにディスカッションしていければと考えている」とのことでした。

また、ブロックチェーンを用いたスマートコントラクト(参加者間の契約)にも対応する予定とのこと。さらには現在、DREAMTEAMのウェブサイトでは話題の仮想通貨「イーサリアム」または「ビットコイン」によるICO(※)も開始されています。

ICOホワイトペーパー https://token.dreamteam.gg/

※ICO(Initial Coin Offering):企業や団体が、独自の「トークン」や「コイン」と呼ばれる仮想通貨を発行し、それを販売する事で事業に必要な資金を調達する方法。

日本ではまだ、選手やコーチのリクルーティングやキャリア設計に関する組織的な動きというのはみられていませんが、去る9月19日に発表されたeスポーツ団体の統合・新設に向けた取り組み(記事:ゲーム・eスポーツ関連業界5団体が統合、年内に新団体発足へ)では、プロライセンス発行を行う事も計画されているという話もあります。今後、eスポーツに関わる人材の可視化、データベース化を通じたマッチングサービスやエージェントサービスの市場が活性化されてくるかもしれません。

DREAMTEAMウェブサイト https://dreamteam.gg/

来場者向けに配布されたパンフレット。CEOのAlexander Kokhanovskyy氏はeスポーツ業界で17年ものキャリアを持つ非常に有名な人物とのこと(ブース担当者談)。

 

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る