赤道直下インドネシアでジャパニーズポップカルチャーに惚れ込んだ男。

毎年、幕張メッセで開催される日本最大のゲームイベント「東京ゲームショウ」。日本国外からも毎年多くの人がゲームショウを目当てに来日する。

インドネシア在住の日本ポップカルチャー研究者、アディティア・ライ氏もその一人だ。

アディティア氏は日本のアニメやゲームに影響を受け、インドネシア・バンドゥンを拠点としてオンラインショップ「ドキドキステーション」を展開し、同国に日本のポップカルチャーを広めるために活動を行っている。

SHIBUYA GAMEでは今回、ゲームショウに合わせて来日したアディティア氏にインドネシアのゲーム文化を中心にジャパニーズポップカルチャーへの思いについて話を聞くことができた。


参照サイト:ドキドキステーション

日本で気になるコンテンツは…

――日本がお好きと伺いましたが、いつごろから日本に興味を持たれたんですか?

アディティア 子供のころにビデオで観ていた日本のロボットアニメの影響で日本に興味を持ちました。その後、中学生のときにすごくゲームが好きになりました。
日本語を勉強するきっかけになったのは、『ドラゴンクエスト3』です。ドラクエをやって「このゲームすごくおもしろいな」と思ったんですが、文字がわからなかったので、本屋さんで日本語辞書を買ってひらがなの読み方を学び始めました。その後日本のポップカルチャーであるアニメやゲーム、特撮が好きになり、日本に行きたい気持ちが強くなりました。

――ドラクエシリーズは今もお好きなんですか?

アディティア ずっとやっていて、今も最新作の11をプレイしています。やりたいゲームが多すぎて時間が足りず、クリアはまだなんですが。

 

――フェイスブックを拝見すると、ガンダム関係の投稿も多いように思うのですが、日本で一番好きなコンテンツは何ですか?

アディティア やっぱり一番はガンダムですね。ガンダムが好きすぎて、中学生のときからメカのイラストを描くようになって、大学の入試試験では好きなキャラクターを描いてください、という問題があってガンダムを描いて合格したこともあります!
たぶんガンダムがあるから、今の私があります。一番好きなガンダムはZガンダム。

 

――その他に日本で気になっているコンテンツはなにかありますか?

アディティア ライ 日本のポップカルチャーはなんでも好きです。仕事の関係もあり、毎回新しいコンテンツがあれば見ます。好き嫌いはないです。ガンダムは特別ですが。

「ドキドキステーション」から日本のカルチャーを広める

――ドキドキステーションはどういう目的でスタートされたのですか?

アディティア ドキドキステーションはもともと通販サイトだったのですが、当時はドキドキステーションを作りながら、日本ポップカルチャー向け雑誌の会社で働いていました。実は、その雑誌の編集長にまでなったんですが、今は退職してドキドキステーションで通販だけではなく、旅行も取り扱い始めたり、様々なものをご紹介しています。


――コンテンツホルダーとの交渉もご自身で?

アディティア そうですね。ドキドキステーション自体はインドネシアのサイトなんですけれども、やり方は日本と同じで、写真を載せるときは許可を貰わなきゃいけないし、著作権は大事にしています。例えば、ロゴは使う前に許可をもらいますし。ドキドキステーションは日本のカルチャーがメインですが、レトロゲームも強いです。


――日本のコンテンツはインドネシアのローカルの方に受け入れられていますか?

アディティア はい。特にアニメ・ゲームはすごく人気です。あとは、特撮ものですね。仮面ライダーとか。年代としては大学生のファンが多いです。

ゲームをもっといい文化にしたい
前のページ
1
2
次のページ

RELATED POST

関連記事

【一つ目戦記】第41回 「トレーサーの立ち回り」

韓国留学中のUSG Enty選手に直撃インタビュー、海外生活や語学学習そしてeスポーツ事情を語る

League of Legends 二体の新チャンピオン、ザヤ&ラカンが発表

JeSL Interview SAMURAIの肖像 -CYCLOPS OSAKA athlete gaming 後編-

【速報】PUBG JAPAN DONCUP OFFLINE 記念すべき栄光のドン勝は誰の手に!?

WoTのオンラインeスポーツトーナメント「Armoured Persona シーズン 2」が開催

PC版「レインボーシックス シージ」の公式eスポーツ大会アジア太平洋地域予選が開催発表、予選は8月12日(土)から

今週Twitchで最も見られたコンテンツTOP5!(8/7~8/13 視聴時間数)

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RECOMMEND

おすすめ記事

ビットキャッシュ1万円分を手にするのはどちらのチーム?!CYCLOPS athlete gamingを応援してRazer製ゲーミングキーボードなどの豪華賞品をゲットしよう!

NEW

SHIBUYA GAMEでは、一緒にeスポーツシーンを盛り上げてくれる仲間を募集します!

USG Enty選手の韓国LoLプロチームAfreeca Freecsゲーミングハウス訪問記&トライアウト配信レポート

韓国留学中のUSG Enty選手に直撃インタビュー、海外生活や語学学習そしてeスポーツ事情を語る

結婚すると優勝出来る!? 格闘ゲーマーの結婚と強さの関係に迫る!どぐら × ハイタニ 対談

ハースストーン日本語化2周年記念「炉端の集い」大阪イベント!ハースストーンの聖地は関西にあり!?

もはや格闘ゲームイベントの枠には収まらず。誰もが楽しめたゲームの祭典『闘神祭2017』2日目リポート!

【闘神祭2017】たぬかな選手と若手選手が大活躍!『鉄拳7 FATED RETRIBUTION』と『THE KING OF FIGHTERS XIV Arcade Ver.』のChampions Cupをリポート!!

おすすめ記事一覧を見る

WRITTEN BY

シブゲー編集部

View Profile

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

ライター一覧を見る

スマートフォン向けアプリ「HIT」の公式eスポーツ大会「GOD of HIT 2017」が10月22日(日)より開催、賞金総額100万円と最強の座を賭けたトーナメント

前の記事

【どぶろぐ】どぐらの思い出と共にGUILTY GEARの歴史を振り返る。(後編)

次の記事

RANKING

人気の記事

結婚すると優勝出来る!? 格闘ゲーマーの結婚と強さの関係に迫る!どぐら × ハイタニ 対談

USG Enty選手インタビュー、韓国語とLoLを学ぶため3か月の韓国留学へ出発!

最強ザトー使い小川選手に訊く!『闘神祭2017』直前インタビュー。強キャラ・プレイヤーランキングも!

女性プロプレイヤーたぬかなの『鉄拳7』初心者講座~おすすめ練習方法~

鉄拳プレイヤー たぬかな 話題のアケコン「Razer Panthera」をレビュー

10・22『闘神祭2017 鉄拳7FR』ハイレベルな予選を通過した全15本戦出場チームの戦力情報を紹介!『Twitch JAPAN』で完全生中継!