TGS2017レポート~ウメハラ「ゲームに対する純粋な気持ち」、ときど「信頼」、チョコブランカ「愛」~プロとしての矜持を感じたメディア合同インタビュー

2017/9/23(土)、TGS2017会場にて、HyperX主催の「ウメハラ選手ときど選手チョコブランカ選手へのメディア合同インタビュー」が開催された。

限られた時間の中ではあったが、「ディバイスへのこだわり」「プロ視点での注目タイトル」「プロとしての心構え」など、格闘ゲーム黎明期から活躍する3選手だからこその「経験に基づいた想い」をインタビューを通じて聴く事ができた。特にこれからeスポーツプレイヤーを目指す人、eスポーツプレイヤーとしてさらなる高みを目指す人はぜひ一読いただき、偉大なる先人達の想いを受け止めてほしい。

 

――かつて皆さんが活躍していたアーケードシーンにはヘッドセットはありませんでした。反面、今はヘッドセットを着けて大会に臨んでいます。格闘ゲームにおいて「音」はどれだけ重要な要素になるのでしょうか?例えば全く音が聞こえない状況だと、パフォーマンスに影響が出たりするのでしょうか?

ときど 「音で判断する」というのは結構やっています。音が聞こえない状況の大会もあるんですよ、ヘッドセットも置いてなくて。…まぁ自分で持ってけって話なんですが(笑)。試合中は「当たってたらボタンを押して、当たってなかったら押さない」という確認が多いんですが、そういう時は著しく成功率が下がります。

 

――「いつもならできてる事ができない」という事ですか?

ときど そうです、そういう意味では「音」ってすごく大切だと感じています。今では練習とかでいろんな場所に行くときも、ヘッドセットを持っていくようになりました。

ウメハラ 状況確認が難しくなるというのは同じなんですけど、あとはヘッドセットをつけていると雑音というか騒音が聞こえなくなるので、集中しやすくなるっていうのは最近感じます。

 

――有名な「背水の逆転劇」の時はヘッドセットを着けてなかったですし、周りもすごくうるさかったと思います。そんな中でも高精度でブロックを成功させて、最後に逆転しましたが、あの時はヘッドセットが無くても大丈夫だったのですか?

ウメハラ いや、あった方がよかったんでしょうね(笑)。ヘッドセットが無ければ無いで、「雑音を気にしなくなるように自分を変えていく」という環境への適応みたいな事もあるんでしょうけど、本来そんなところを気にせずにプレイしたいですし、そんなところを気にしないでプレイできる、いい時代になったなと思います。

チョコブランカ 海外大会で音が聞こえない事は結構あります。そういう時はやりづらいので、毎回ヘッドセットを持っていくようにしています。
ももち選手の方も、大会で音が聞こえないとヒット確認が全然できなくて、これは絶対持っていかないとダメだって事で、ちゃんとヘッドセットを持っていくようになりました。

 

――プロとしてのパフォーマンスを100%引き出すためには確実に必要なものですか?

チョコブランカ そうですね、必要なものですね。

 

――みなさんがゲーミングディバイス求めるこだわりポイントと、HyperXがそれにどう応えてくれているかを教えて下さい。

チョコブランカ 私の場合は、結構デザインとかを気にするので、スタイリッシュでカッコ良く使えて、かつ音質も良くて、買いやすいというバランスがすごく重要かなって思っています。
そういった意味では、HyperXのディバイスは「ちょうどいいな」って。

ウメハラ 自分はとにかく長時間プレイするので、疲れない事が何よりも大事なんです。使いやすさももちろん大事なんですけど、HyperXのディバイスは長時間プレイをしても体が悲鳴を上げないのが嬉しいです。

ときど 僕も長い時間プレイする時に、きつくても疲れちゃうし、柔らかくても集中できないんです。HyperXのは、ちゃんとフィットしてくれる感じが長時間ちゃんと集中できる事につながって、良いディバイスだと思います。

3選手が考える「プロゲーマー」論とは
前のページ
1
2
次のページ

RELATED POST

関連記事

TGS2017レポート~PUBGは日本でも大ブレイク必至!DMM GAMESブースPUBGコーナー

「World of Warships」の公式eスポーツ大会「オペレーション TGS 2017」が開催、参加登録は8月26日(水)12時まで

東京ゲームショウ2017のeスポーツステージにおける全8タイトルが決定

招待制トーナメント「ストリートファイターV 昇龍拳トーナメント」が東京ゲームショウ2017で開催!

TGS2017レポート~3対3でクリスタルを奪い合うボンバーマンはなんだかとっても楽しそう!~

【速報】EVO2017 現地レポート 4 「ストV」優勝はときど選手!

KONAMI、東京ゲームショウ2017のブースにて開催されるeスポーツステージ概要を発表

世界最大級のeスポーツ大会、STREET FIGHTER V部門でときど選手が優勝!!

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RECOMMEND

おすすめ記事

MASTERCUP.9開催直前!たぬかなによる大会出場チーム紹介!

NEW

CYCLOPSインタビュー(たぬかな選手/黒豆選手/nazomen監督)―鉄拳、FIFA、StarCraftってどんなゲーム?―(前編)

NEW

唯一の女性所属チーム『iFTY』がSQUAD優勝!『PUBG ASIA INVITATIONAL G-STAR 2017 Day3 SQUAD』優勝チームインタビュー

NEW

日本の「LJL」から韓国2部リーグへ…元RPGおよびDFM出身Dragonコーチインタビュー

NEW

ビットキャッシュ1万円分を手にするのはどちらのチーム?!CYCLOPS athlete gamingを応援してRazer製ゲーミングキーボードなどの豪華賞品をゲットしよう!

SHIBUYA GAMEでは、一緒にeスポーツシーンを盛り上げてくれる仲間を募集します!

USG Enty選手の韓国LoLプロチームAfreeca Freecsゲーミングハウス訪問記&トライアウト配信レポート

韓国留学中のUSG Enty選手に直撃インタビュー、海外生活や語学学習そしてeスポーツ事情を語る

おすすめ記事一覧を見る

WRITTEN BY

シブゲー編集部

View Profile

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

ライター一覧を見る

eスポーツタイトル「Shadowverse」にて、「不思議の探索者・アリス」「黄金郷の獅子」など4枚を対象に調整が実施

前の記事

サガン鳥栖がホームゲーム開催時にeスポーツ大会「2017サガン鳥栖eスポーツフットボール大会」の開催を発表

次の記事

RANKING

人気の記事

結婚すると優勝出来る!? 格闘ゲーマーの結婚と強さの関係に迫る!どぐら × ハイタニ 対談

USG Enty選手インタビュー、韓国語とLoLを学ぶため3か月の韓国留学へ出発!

最強ザトー使い小川選手に訊く!『闘神祭2017』直前インタビュー。強キャラ・プレイヤーランキングも!

女性プロプレイヤーたぬかなの『鉄拳7』初心者講座~おすすめ練習方法~

鉄拳プレイヤー たぬかな 話題のアケコン「Razer Panthera」をレビュー

10・22『闘神祭2017 鉄拳7FR』ハイレベルな予選を通過した全15本戦出場チームの戦力情報を紹介!『Twitch JAPAN』で完全生中継!