【一つ目戦記】第47回 マップ別に解説!ルシオの基本

こんにちは、CYCLOPS athlete gaming Overwatch部門所属のshikumun(@shikumun)です。

今回はマップごとのルシオについて書いていこうと思います。

基本的に全マップ味方のサポートを守るというのは前提としてあるのですが、それでもマップによっては攻撃的になれたりもします。

Assault maps(Hanamura等)

アサルトの守りはAポイント、Bポイントによって少し変化します。

守備
Aポイントの守備では、ほぼ攻撃的な動きはできないと考えています。
それは味方が一人でもやられてしまうとその時の戦闘は勝ったとしても、次の戦闘時に守りのほうがリスポーンが遠く5vs6の状態で負けてしまう可能性があるからです。

Bポイントの守備は、逆にAよりは攻めの気持ちがあっても良いと思っています。
Aポイントの時とは逆に守備のほうがリスポーンが近いので、相手のサポートを落とすことができればBポイントを守り切れる可能性が高くなります。

攻撃
Aポイントの攻めは先ほどの説明を聞いた後だと「攻めの気持ちがあっても良いのか」となると思いますが、そうではありません。
アサルトの攻めはBポイントまで取ることが目的です。
そしてBポイントを一番取りやすいタイミングは、Aポイントを取った後すぐにULT差があり、相手は配置につけていない状態の時です。
相手が配置につけていない状態でBポイントを攻めるには味方のサポートを守り切らないといけません。
Bポイントの攻めも同様に味方のサポートを守らなければなりません。
相手のリスポーンが近いため長い戦闘になることが多く、長い戦闘になるのであればヒールはとても重要なためです。

Hybrid maps (Kings Row等)Escort maps (Dorado等)

守備、攻撃どちらも味方のサポートをしっかり守ってあげましょう。
戦闘が長ければサポートが生き残るのはとても重要ですし、短いとしてもその後の戦闘のために有利ポジションを取っておくことが重要です。
攻撃的になれる時は本当に少なく、戦闘が終わった後の少数の逃げる敵を追いかけるぐらいと考えています。
もしサポートだけが生き残った場合でも、死なずにもう一度集合することで守れる回数や攻める回数を増やすことができます。

Control maps (Lijiang Tower等)

コントロールは一番最初の戦闘が特に重要です。

一番最初の戦闘は相手の構成を見て、味方のタンクから倒そうとしているのかサポートから倒そうとしているのかを判断しましょう。
極端な例としては、相手にトレーサーやゲンジがいるのであれば味方のサポートを守り、ドゥームフィストやソルジャー76などがいる場合はタンクにヒールを回しましょう。
どちらの可能性もある場合は、サポートが最初にやられないようにするのが良いと思います。

中盤、終盤に関しては味方のプレイの仕方や相手の攻め方によって変化が大きいですが、分からないうちはサポートをなるべく守ってあげると良いと思います。

最後に


今回書いてあるのはそのマップ種類ごとの基本であり、更に細かいマップでは少しずつ動きも変化します。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

RELATED POST

関連記事

LoL パッチ7.11配信 eスポーツで採用されているものとは違う形でチャンピオンのBAN数が10体に

東京ゲームショウ2017、カプコンのeスポーツステージイベント詳細が明らかに

「GeForce CUP: CS:GO」7月30日(日)開催のeスポーツ大会にレジェンドチームが参加

格ゲーeスポーツプレイヤー必見!HORIから格闘ゲーム専用コントローラー、アーケードコントローラーが発売決定

「Shadowverse」RAGE Vol.5が発表されたばかりのeスポーツタイトルにて、1,000万DL突破記念キャンペーンがスタート

東京ゲームショウ2017のeスポーツステージにおける全8タイトルが決定

賞金総額500万円!GALLERIA GAMEMASTER CUP開催

『New みんなのGOLF』とゴルフブランド「BEAMS GOLF」のコラボ衣装が登場!eスポーツイベント等でプロダクトコードを配布。

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RECOMMEND

おすすめ記事

ビットキャッシュ1万円分を手にするのはどちらのチーム?!CYCLOPS athlete gamingを応援してRazer製ゲーミングキーボードなどの豪華賞品をゲットしよう!

NEW

SHIBUYA GAMEでは、一緒にeスポーツシーンを盛り上げてくれる仲間を募集します!

USG Enty選手の韓国LoLプロチームAfreeca Freecsゲーミングハウス訪問記&トライアウト配信レポート

韓国留学中のUSG Enty選手に直撃インタビュー、海外生活や語学学習そしてeスポーツ事情を語る

結婚すると優勝出来る!? 格闘ゲーマーの結婚と強さの関係に迫る!どぐら × ハイタニ 対談

ハースストーン日本語化2周年記念「炉端の集い」大阪イベント!ハースストーンの聖地は関西にあり!?

もはや格闘ゲームイベントの枠には収まらず。誰もが楽しめたゲームの祭典『闘神祭2017』2日目リポート!

【闘神祭2017】たぬかな選手と若手選手が大活躍!『鉄拳7 FATED RETRIBUTION』と『THE KING OF FIGHTERS XIV Arcade Ver.』のChampions Cupをリポート!!

おすすめ記事一覧を見る

WRITTEN BY

オーバーウォッチチーム

View Profile

CYCLOPS OSAKA所属のオーバーウォッチチーム。メンバーはBep / Hexbel l/ Leiden / Ryoya / Sa1int / tbnPeltor / YATIAYASEの7名。

ライター一覧を見る

【たぬ鉄ブログ】たぬかなの自宅配信環境をご紹介!

前の記事

『League of Legends』、年末のeスポーツイベント「2017 All-Star Event」最新情報が明らかに

次の記事

RANKING

人気の記事

結婚すると優勝出来る!? 格闘ゲーマーの結婚と強さの関係に迫る!どぐら × ハイタニ 対談

USG Enty選手インタビュー、韓国語とLoLを学ぶため3か月の韓国留学へ出発!

最強ザトー使い小川選手に訊く!『闘神祭2017』直前インタビュー。強キャラ・プレイヤーランキングも!

女性プロプレイヤーたぬかなの『鉄拳7』初心者講座~おすすめ練習方法~

鉄拳プレイヤー たぬかな 話題のアケコン「Razer Panthera」をレビュー

10・22『闘神祭2017 鉄拳7FR』ハイレベルな予選を通過した全15本戦出場チームの戦力情報を紹介!『Twitch JAPAN』で完全生中継!