黒豆のFIFA通信~FIFA18体験版をプレイしました

みなさまいかがお過ごしでしょうか。お久しぶりです。黒豆です。

本稿で五回目となる記事ですが、前回の終わりに次回は1onについて述べていきますと書いたものの、この記事が投稿されている頃はFIFA18が発売されている頃(記事を書いているのが体験版リリース後製品版発売前)だと思うので、先に体験版の感想を少し書かせていただきます。

FIFAシリーズを長らく遊んでおられる方はご存知かと思いますが、このFIFAというゲームは体験版と製品版でかなり違いのあるゲームです。具体的にどう違いがでるかというと、製品版は体験版に比べ、ゲームスピードが速かったり、シュートの入りやすさが変わっていたり、選手の動きが軽かったりなどシリーズごとで様々ですが、これらの違いがあることが多いです。
なので体験版の感想がそのまま製品版の感想に直結するわけではないですが、一年間遊ぶ作品がどのような概要かを知るにはもってこいだと私は思っているので、毎年プレイするようにしています。

さて、では早速FIFA18の体験版の感想を述べていこうと思います。
まず、最初に前作にあたるFIFA17とどう変化したかですが、プレイして最初に感じたのはパスが思い通りのところに通るという点でした。FIFA17はスルーパスだったり何気ないパスの軌道がイメージ通りというわけにはいかずパスで崩してゴールを奪うといううのがかなり難しいゲームでした。実際にパスをつないでゴールを狙うスタイルの私としては最初かなり苦戦した覚えがあります。しかし、FIFA18では思った通りのパスが通る。これだけのことですが、前作からの変化にかなり感動しました。


次に感じたのはドリブルの変化です。FIFA17ではスキルドリブルと呼ばれるL2R2を同時に押すことによって使えるドリブルがかなり猛威を振るっていたのですが、今作ではかなりの弱体化を受けた印象です。あとはノータッチドリブルの加速が弱体化しました。

個人的にはこの二つを使われるのが苦手だったので、私的には良い変化なんですが、これを利用してゴールを狙っていた人にとっては手痛い変化だと思います。しかし、だからといってドリブルが弱くなったわけではありません。L1をおして使える細かいタッチの低速ドリブルが復活していたので、これを利用しつつ従来の通り相手DFの逆をついていけば十分にドリブル突破も狙えます。

なので、パスだけでなくドリブルを利用してゴールを狙うことも今までと同様に可能となっています。また新しく追加されたキックフェイントのモーションのクライフターンがかなり使えるんではないかと思っています。あと、ヒールトゥヒールやボディフェイントなどのスキルムーブに関しても対人戦で利用してみないことにはまだなんとも言えないのではないでしょうか。

いずれにせよ製品版の発売が楽しみです。


長くなってしまったので、今回はこの辺にして、次回に繰り越したいと思います。

RELATED POST

関連記事

戦う選手の姿に魅了!「日本eスポーツリーグ 2016 Winter」会場レポート

WoTとWoWsのオフラインイベント「WG Friendship Day 2017 in Nagoya」が6月17日(土)に開催。eスポーツ大会も

東京ゲームショウ2017のeスポーツステージにおける全8タイトルが決定

たぬ鉄blog~「鉄拳」とは

eスポーツタイトル『Shadowverse』と三井住友カードがコラボ!「Shadowverse VISAカード」が発行

たぬかな選手との対戦やチェキ撮影も!鉄拳7「野試合対戦会」開催

カヤック、eスポーツイベントのトーナメント進行管理サービス「Lobi Tournament」をリリース

人気eスポーツタイトル『Shadowverse』1周年記念リストウォッチが発売決定

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RECOMMEND

おすすめ記事

日本の「LJL」から韓国2部リーグへ…元RPGおよびDFM出身Dragonコーチインタビュー

NEW

ビットキャッシュ1万円分を手にするのはどちらのチーム?!CYCLOPS athlete gamingを応援してRazer製ゲーミングキーボードなどの豪華賞品をゲットしよう!

NEW

SHIBUYA GAMEでは、一緒にeスポーツシーンを盛り上げてくれる仲間を募集します!

USG Enty選手の韓国LoLプロチームAfreeca Freecsゲーミングハウス訪問記&トライアウト配信レポート

韓国留学中のUSG Enty選手に直撃インタビュー、海外生活や語学学習そしてeスポーツ事情を語る

結婚すると優勝出来る!? 格闘ゲーマーの結婚と強さの関係に迫る!どぐら × ハイタニ 対談

ハースストーン日本語化2周年記念「炉端の集い」大阪イベント!ハースストーンの聖地は関西にあり!?

もはや格闘ゲームイベントの枠には収まらず。誰もが楽しめたゲームの祭典『闘神祭2017』2日目リポート!

おすすめ記事一覧を見る

WRITTEN BY

黒豆

View Profile

CYCLOPS OSAKA所属。FIFA10からクラブモードでプレイしていたが、FIFA16で1on対戦に熱を入れ出す。●得意タイトル:FIFA(レアル・マドリード)

ライター一覧を見る

ゲーマータレント梨蘭のオススメする「New みんなのGOLF」

前の記事

【一つ目戦記】第46回 バスティオンのスキルや苦手なヒーローを紹介!

次の記事

RANKING

人気の記事

結婚すると優勝出来る!? 格闘ゲーマーの結婚と強さの関係に迫る!どぐら × ハイタニ 対談

USG Enty選手インタビュー、韓国語とLoLを学ぶため3か月の韓国留学へ出発!

最強ザトー使い小川選手に訊く!『闘神祭2017』直前インタビュー。強キャラ・プレイヤーランキングも!

女性プロプレイヤーたぬかなの『鉄拳7』初心者講座~おすすめ練習方法~

鉄拳プレイヤー たぬかな 話題のアケコン「Razer Panthera」をレビュー

10・22『闘神祭2017 鉄拳7FR』ハイレベルな予選を通過した全15本戦出場チームの戦力情報を紹介!『Twitch JAPAN』で完全生中継!