LeagueU 「All Campus Series」優勝、東大LoLサークルインタビュー~楽しく活動を続けていくために~

プロゲーマーの追っかけ出身である女性ライターのスイニャンがeスポーツ観戦に関するさまざまな情報やコラムを不定期でお伝えします。

前回は「All Campus Series(ACS)」の決勝戦のレポートをお送りしましたが、今回は優勝チームである東大LoLサークルのメンバーのインタビューをお届けします。SHIBUYA GAMEでは事前インタビューも実施しましたので、そちらと合わせてご覧いただけるとより面白いかもしれません。

私は彼らと初対面だったのですが、東大生と言うことで勉強一筋の物静かな感じなのかなと思いきや、みんなでLoLを楽しんでいる明るく気のいい若者たちでした。チームはもちろんサークル全員がとても仲良しで、和気あいあいとした雰囲気で楽しくインタビューしてきましたので、さっそくご紹介していきたいと思います。

優勝は1か月以上練習してきた「努力の成果」

(左から)shu8選手、knot選手、uinyan選手、Railune選手、kabupun選手

 

――まずは優勝おめでとうございます。早速質問なんですが、優勝が決まった瞬間ってどんな感じだったんでしょうか?

knot 勝った……!(喜びで天を仰ぐジェスチャー)

一同 (爆笑)。

knot 実はほかの4人がチャレンジャーで、僕だけプラチナ4なんですよ。今までも何回か大会に出ているんですけど、負けた原因はミッドが敗れてそこからジャングルに入られるって感じで。だから今日も負けるとしたら僕が原因かなっていうのがあったので、勝てて良かったです。

uinyan 1か月以上ずっと練習してきたので、努力の成果って感じです。集まれる日に3時間ぐらい練習したあとに、反省会もやったりして。しかも僕らknotさんに対して「こうしてくれないと困るよ!」とか、きつく言うんですよ。

knot 「困るよ」とかじゃなくて、「何でそこにいるの?」とか、「そのムーブ、ゴミすぎ」とか「何でそんなビルドしてるの?」みたいな(笑)。

一同 いやいや、そんなことは(爆笑)。

knot でも僕が間違っているのは確かなので受け入れるしかなくて、それをエクセルにまとめていました。昨日はカスタムで僕1人の動きを4人に見てもらって、「もうちょっとランダムに動かないとスキルが当たりやすい」とかアドバイスをもらったので、その成果もあったと思います。

 

――じゃあ、今日の彼に点数をつけるとしたら?

uinyan もう100点満点です!

――おお、やりましたね!そういえばuinyan選手とshu8選手はすごく声出しをしていましたが、2人がゲーム内で指示を出す「コーラー」なんですか?

kabupun 「コーラー」は全員ですね。でも彼らは練習のときよりも声が大きかったので、こちらの声が聞こえているのかちょっと心配にはなりました。

Railune 半年以上同じチームでずっとプレイしてきたので、ひとこと誰かが言えばみんながそれに向かっていけるような自然な流れができているんです。ただそれを聞き逃す人がいるかもしれないので、声を大きく出して復唱して即行動に変えられるようにしています。

 

――それは素晴らしいですね。ちょっと話は変わりますけど、会場の雰囲気はどう感じましたか?お客さんもたくさん来ていましたよね。

shu8 東大LoLサークルのメンバーが、僕たちに内緒で応援団をつくってくれていたみたいで。団扇とか横断幕とかTシャツとかを用意してきてくれたので、それがすごく嬉しかったですね。

 

――確かに応援すごかったですね。ところで全員がオフラインは初めてだったとのことですが、プレイ環境はどうでしたか?

kabupun キーボードの操作感が違って、結構やりづらさはありましたね。みんなはデバイスを持参したんですけど、僕のキーボード2000円なので(笑)。会場のほうが高くて良いものなのでそっちを使ったほうが良いかなって思ったんですけど、やっぱり使い慣れたもののほうが良いですね。

shu8 試合中は照明が暗くて、僕は集中できました。ただ、1戦目はミス連発で(苦笑)。「エルダードラゴン」をスティールされたり、戦闘を仕掛ける「イニシエート」のタイミングもずれてしまったりして反省点もたくさんあったんですけど、2戦目はすごく動けたので結果的には満足しています。スティールされたときはずっと「ごめん」って言っていて、みんなは「いいよ」って。でもそのあと、運良く「バロン」をスティールできたので良かったです。

uinyan あれは盛り上がりをつくるための演出だったんだよね?(笑)

ポッピージャングルは練習なしのぶっつけ本番?
前のページ
1
2
次のページ

RELATED POST

関連記事

【どぶろぐ】どぐらの思い出と共にGUILTY GEARの歴史を振り返る。(前編)

「肉フェス TOKYO 2017 WONDERLAND」潜入&全店舗実食レポート〜中編〜

格闘ゲーマーどぐら選手の素顔に迫る!(後編)―学生時代の思い出話から趣味や恋愛の話まで―

eスポーツタイトル「GUILTY GEAR Xrd REV 2」の家庭用版が2017年5月25日に発売、記念のイベントも開催決定

プロeスポーツチームSCARZがPUBG部門を新設

「LJL 2017 Summer Split Final」大会に彩りを加えるコスプレイヤーとチームブース

「肉フェス TOKYO 2017 WONDERLAND」潜入&全店舗実食レポート〜前編〜

オーバーウォッチのアマチュアeスポーツ大会「オーバーウォッチ・オープン・ディビジョン」がスタート 日本は未開催

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RECOMMEND

おすすめ記事

ビットキャッシュ1万円分を手にするのはどちらのチーム?!CYCLOPS athlete gamingを応援してRazer製ゲーミングキーボードなどの豪華賞品をゲットしよう!

NEW

SHIBUYA GAMEでは、一緒にeスポーツシーンを盛り上げてくれる仲間を募集します!

USG Enty選手の韓国LoLプロチームAfreeca Freecsゲーミングハウス訪問記&トライアウト配信レポート

韓国留学中のUSG Enty選手に直撃インタビュー、海外生活や語学学習そしてeスポーツ事情を語る

結婚すると優勝出来る!? 格闘ゲーマーの結婚と強さの関係に迫る!どぐら × ハイタニ 対談

ハースストーン日本語化2周年記念「炉端の集い」大阪イベント!ハースストーンの聖地は関西にあり!?

もはや格闘ゲームイベントの枠には収まらず。誰もが楽しめたゲームの祭典『闘神祭2017』2日目リポート!

【闘神祭2017】たぬかな選手と若手選手が大活躍!『鉄拳7 FATED RETRIBUTION』と『THE KING OF FIGHTERS XIV Arcade Ver.』のChampions Cupをリポート!!

おすすめ記事一覧を見る

WRITTEN BY

スイニャン

View Profile

韓国在住経験5年。在韓中の2006年ごろeスポーツと出会い、StarCraft: Brood Warプロゲーマーの追っかけとなる。帰国後2009年ごろからさまざまなWEBメディアで取材・執筆活動を行うほか、語学力を活かして韓国人プレイヤーのインタビュー通訳・翻訳や国際大会の日本代表団引率通訳などの活動も行っている。自らはゲームをほとんどプレイせず、おもにプロゲーマーの試合を楽しむ観戦勢。

ライター一覧を見る

Twitchで最も見られたeスポーツゲームタイトルTOP5!(9/18〜9/24視聴時間数)TOPの◯◯が新会社を設立

前の記事

【一つ目戦記】第44回 Sa1ntが使っているタレットの位置は?

次の記事

RANKING

人気の記事

結婚すると優勝出来る!? 格闘ゲーマーの結婚と強さの関係に迫る!どぐら × ハイタニ 対談

USG Enty選手インタビュー、韓国語とLoLを学ぶため3か月の韓国留学へ出発!

最強ザトー使い小川選手に訊く!『闘神祭2017』直前インタビュー。強キャラ・プレイヤーランキングも!

女性プロプレイヤーたぬかなの『鉄拳7』初心者講座~おすすめ練習方法~

鉄拳プレイヤー たぬかな 話題のアケコン「Razer Panthera」をレビュー

10・22『闘神祭2017 鉄拳7FR』ハイレベルな予選を通過した全15本戦出場チームの戦力情報を紹介!『Twitch JAPAN』で完全生中継!