あーくれぼ2017in闘神祭レポート!あの熱い闘いが再び!

先日10/21(土)、22(日)に東京ビッグサイトのTFTホールで開催された闘神祭2017。台風が関東地方に接近し大雨の中での開催となったが、全国から多くの格闘ゲームプレイヤーが集結し闘神をかけた熱い闘いが繰り広げられた。まずはその初日に行われたアークシステムワークス主催による『ARC REVOLUTION CUP 2017』の様子をレポートしていこう。

あーくれぼは1日のみの開催となっているため会場はアークシステムワークス色に溢れかえっていた。試遊台コーナーでは複数人気作品がコラボした待望の新作『ブレイブルー クロスタッグバトル』や、一撃必殺の爽快感が味わえる格闘ゲーム『斬!斬!斬!』がプレイアブル出展していた。また格闘ゲーム以外にも2017年11月09日発売予定のDJシミュレーションゲーム『DJMAX RESPECT』も先行してプレイできた。いち早く新作を触れるチャンスともあって終日絶えることなく人だかりを作っていたぞ。

△初めてプレイすることができた『ブレイブルー クロスタッグバトル』。一見複雑そうに見える本作だが操作性はパッド入力に合わせて極限まで簡素化されており、前に入れるだけでダッシュが出せたり、ワンボタンで連続技に移行するなど、格闘ゲームプレイヤーの間口を大きく広げてくれる可能性を感じる作品となっていた。
△あーくれぼ2017バージョンで触ることができたのは11人のキャラクターだが、1タイトルにつき7人ずつのスペースが用意されている他、”ETC”という気になるスペースも公開されていた。4タイトルから7人ずつ+ETC7人の総勢35キャラクターが用意されるのだろうか。今後の参戦キャラにも期待が高まる。
△2017年4月にPC向けに配信された一撃必殺がウリの2D格闘ゲーム「Slice, Dice & Rice」が新規要素を追加してタイトルを一新。日本語ローカライズがなされ待望のオンライン対戦を搭載してPS4に移植される。初見で遊びやすいと見せかけてきっちり実力差が出るような渋い作りになっているので生粋の格闘ゲーマーにもオススメできる作品。

新たなる闘神の称号は誰の手に!?優勝者コメント

この日メインステージで行われたタイトルは以下の4本。

・UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late[st] (1オン1)
・ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド (1オン1)
・GUILTY GEAR Xrd REV 2 (3オン3)
・BLAZBLUE CENTRALFICTION (2オン2)

各タイトルともに全国予選を勝ち抜いた強者達がここTFTホール集まり、当日予選で最後の枠を手にした実力者を加えてレベルの高い試合が繰り広げられた。その様子は闘神祭公式Twitchにてタイムシフトが公開されているので是非チェックしてほしい。

△団体戦となる2タイトルの当日予選には開場前から多くの選手が集まっていたが、この中から予選に出場できたのは僅か8チームのみ。この当日予選のためにはるか遠方から来た選手も居たが、惜しくも抽選漏れとなり1回戦に進めない結果に肩を落とすチームの姿も見えた。

 

まずはシングル戦の2タイトルについて、見事に優勝を勝ち取った選手を紹介しよう。

 

『UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late[st]』部門

<結果>
ベスト4:Row(セト)
ベスト4:時間切れ(リンネ)
準優勝:せなる(エルトナム)
優勝:ひしがた(ワーグナー)

△「この日まだ1セットも取られていないので苦戦させてほしいですね」とコメントした絶好調のせなる選手(写真左)に対し、「正直いっぱいいっぱいです。でも悔いのない闘いをしたい」と闘志を見せたひしがた選手(写真右)。
△試合はフルラウンドまでもつれ込んだが、見事接戦を制したのはひしがた選手となった。
△ひしがた選手「前からここ(壇上)に立つのが憧れだったので、そのまま登って、結果も出せて、ほんまにうれしいです。ありがとうございます!」

 

『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』部門

<結果>
ベスト4:ろーりー(アイギス)
ベスト4:しぃた(ミナヅキ) 闘神祭2016優勝特別枠
準優勝:ヒロ(シャドウ雪子)、
優勝:レニ(シャドウ天田)

「シャドウ天田の強い所を見せて勝つ」というレニ選手(写真左)に対し「いつもどおりの自分を出して勝てたらいい」と落ち着いていたヒロ選手(写真右)。

シャドウ対決となった緊張感のある試合、先制したのはヒロ選手だったが、逆ギレアクション読みやバースト読みが最後まで冴えていたレニ選手。”超合体!アルティメットクロス”演出中に勝ちを確信しガッツポーズ。

レニ「本当に優勝うれしいです。自分このゲーム大好きでずっと続けてきたので勝ててうれしいなと思ってます。じゃあ、まぁ、恒例の(笑)ペルソナ何か新作とかあればと思ってるんですけど、何かよい話があれば嬉しいです!ありがとうございます!」

GGXrdRev2優勝チームコメント&インタビュー
前のページ
1
2
3
次のページ

RELATED POST

関連記事

株式会社LibalentとプロeスポーツチームUnsold Stuff Gamingがエージェンシーパートナー契約締結を発表

【一つ目戦記】第4回 ラインハルトとはどのようなキャラクターなのか?

【一つ目戦記】第44回 Sa1ntが使っているタレットの位置は?

「Call of Duty: WWII」の発売日は2017年11月3日、eスポーツとしても人気の一大FPSシリーズ最新作

東京ゲームショウ2017のeスポーツステージにおける全8タイトルが決定

Twitchで最も見られたeスポーツゲームタイトルTOP5! (9/11~9/17視聴時間数)

Libalentが日本初のeSports分野に特化したエージェンシー事業を開始

NVIDIA主催のeスポーツ大会「GeForce CUP: Overwatch powered by Level∞」が5月20日(土)より開催

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RECOMMEND

おすすめ記事

MASTERCUP.9開催直前!たぬかなによる大会出場チーム紹介!

NEW

CYCLOPSインタビュー(たぬかな選手/黒豆選手/nazomen監督)―鉄拳、FIFA、StarCraftってどんなゲーム?―(前編)

NEW

唯一の女性所属チーム『iFTY』がSQUAD優勝!『PUBG ASIA INVITATIONAL G-STAR 2017 Day3 SQUAD』優勝チームインタビュー

NEW

日本の「LJL」から韓国2部リーグへ…元RPGおよびDFM出身Dragonコーチインタビュー

NEW

ビットキャッシュ1万円分を手にするのはどちらのチーム?!CYCLOPS athlete gamingを応援してRazer製ゲーミングキーボードなどの豪華賞品をゲットしよう!

SHIBUYA GAMEでは、一緒にeスポーツシーンを盛り上げてくれる仲間を募集します!

USG Enty選手の韓国LoLプロチームAfreeca Freecsゲーミングハウス訪問記&トライアウト配信レポート

韓国留学中のUSG Enty選手に直撃インタビュー、海外生活や語学学習そしてeスポーツ事情を語る

おすすめ記事一覧を見る

WRITTEN BY

コイチ

View Profile

元ゲームメディアライター、現在はゲームを最大限に楽しむ集団「ゴジライン」所属している素人ゲーマー。昼はサラリーマン、夜はゲーマーとなり、休日は取材や原稿、イベントの実況解説などに顔を出す重度の格ゲー狂。得意ジャンルは格ゲーとラーメン。

ライター一覧を見る

11月4日(土)から開催の「BlizzCon 2017」で「Hearthstone」のeスポーツイベント「Hearthstone Inn-vitational」が実施

前の記事

HyperXが、NBAチーム「Philadelphia 76ers」と、その傘下eスポーツチーム「Dignitas」とスポンサー契約を締結

次の記事

RANKING

人気の記事

結婚すると優勝出来る!? 格闘ゲーマーの結婚と強さの関係に迫る!どぐら × ハイタニ 対談

USG Enty選手インタビュー、韓国語とLoLを学ぶため3か月の韓国留学へ出発!

最強ザトー使い小川選手に訊く!『闘神祭2017』直前インタビュー。強キャラ・プレイヤーランキングも!

女性プロプレイヤーたぬかなの『鉄拳7』初心者講座~おすすめ練習方法~

鉄拳プレイヤー たぬかな 話題のアケコン「Razer Panthera」をレビュー

10・22『闘神祭2017 鉄拳7FR』ハイレベルな予選を通過した全15本戦出場チームの戦力情報を紹介!『Twitch JAPAN』で完全生中継!