【一つ目戦記】第54回 ゲーミングメガネのススメ

こんにちわ!tbnPeltor(ちゅぼん)(@tbnpeltor )です!

最近コンタクトを付けるのがめんどくさいのでゲーミングハウスの中ではメガネを着用しています。僕が使っているメガネはブルーライトカットが入っているので、今回はブルーライトカットのメガネを使ってみた感想を少し書いていきたいと思います。

付け心地は至って普通のメガネと変わりはありませんが、やはりゲーム中はヘッドセットとの相性を気にしたりしないと、締め付けが痛かったりします。僕はメガネを掛けてゲームをするときはヘッドセットを首に掛けて音はイヤホンで聞くのが一番良いかと思います!(個人的感想です)

そして、ブルーライトカットについてです。僕の使っている物は元々普通のメガネとして使っていたものにブルーライトカットのレンズを入れたものです。長時間ゲームをプレイする人や長時間パソコンで作業する人には本当におすすめです。

やはり僕個人の感想ですが、使ってみて眼の疲労度は全然違います。プレイ中も疲れを感じにくく、終わった後もやっぱり目の疲労度は違ってきます。またブルーライトカットの中にも強度があり50%カットの物であったり80%カットの物などもあったりします。ちなみに僕の使っている物は50%カットだったはず…

少し気になる点としてはレンズが薄黄色になるので、室内で使う分には便利ですが、外に出た時に違和感を感じる人もいるかと思います。それは使っていくうちに少しずつ慣れていくでしょう。

僕も最初は見にくいなぁ…と思っていましたが、最近は慣れて違和感を感じなくなりました。

今はゲーミングメガネも出てきて、ネットでも購入できるようになっていると思いますが、やはり自分の身に着けて使うものなので購入するときは試着をしたり、現物を見てから購入をしたほうが僕はいいと思います。最近ではどこのメガネ屋さんでもブルーライトカットのレンズはあるので「いきなりゲーミングメガネはちょっと…」と思ってる方でも購入しやすいかと思います!

普通のメガネ屋で購入する物とゲーミング向けのメガネなにが違うのか?

普通のメガネ屋で購入出来るものはあくまで普通のメガネにブルーライトカットのレンズを入れるだけであって、フレームなどは一般のメガネに変わりはありません。そのためレンズがゲームやPC作業向けであっても、長時間ヘッドセットを付けていると耳回りが痛くなってくることなどは解消されないのです。上に書いたように首にヘッドセットを掛けてイヤホンで音を聞くなど少し工夫をすれば、あまり気にはならないですが…

そしてゲーミングメガネ。

チームプレイが重要なゲームではボイスチャットを利用しての連携が必要不可欠です。それを踏まえて、メガネをかけた状態でヘッドセットを装着しても負担がかからず、頭にフィットするようなフレームデザインになっています。また、耳かけ部分がストレートな形状なのでヘッドセットを装着したままでもメガネの着脱が簡単にできます。

最後に、ゲーミングメガネが欲しいけれどいきなりは手が出しずらい!って方がいらっしゃると思います。そんな方にはまず普通のメガネ屋でブルーライトカットレンズを入れた物から購入することをおすすめします!

もっとゲーミング向けのメガネが欲しい!と思ったらゲーミングメガネの購入を検討していけば良いかと思います。

今回は以上になります!ありがとうございました。次回もお楽しみに~!

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

オーバーウォッチチーム

プロフィールを見る

CYCLOPS athlete gaming所属のオーバーウォッチチーム。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る