}

スマホ版PUBGがいよいよ誕生!?中国TencentとBluehole.が共同開発

同時接続者数250万人を記録し、世界的に爆発的な人気を誇るサバイバルシューティングゲーム『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)』。来月12月12日(火)にはXbox One版の『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS ゲーム プレビュー版』の発売も控えており、更なるヒットが見込まれている人気のゲームタイトルですが、
この度中国国内においてPUBGの独占運営権を取得したTencentと開発元のBluehole.の2社が、スマートフォン版PUBGとなる『Battlegrounds Mobile』の共同開発を進めていることが明らかになりました。

開発は順調に進んでおり、プレイヤーはモバイルでもPCゲームと同様の体験ができるようになるそうです。
現在のところスマートフォン版PUBG『Battlegrounds Mobile』は中国本土のみのリリース予定となっており、世界的に展開されるかどうかについては言及されていません。

スマートフォン版の開発の背景には、中国国内で蔓延するクローンゲーム(ゲーム内容も見た目もコピーされたゲーム)への牽制などが考えられますが、『Honor of Kings』や『Rules of Survival』などの成功事例からもわかるように、人気PCゲームタイトルのモバイル実装は必要不可欠な事でもあります。

国内に3億6,600万人のモバイルゲームユーザーを抱え、4人に1人がスマートフォンを所有する中国マーケットにおいて、オリジナルのスマホ版PUBGのクオリティーがどのような影響を与えるのか注目が集まっています。

 

参照記事:

Tencent to Create PUBG Mobile Version

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY