}

国内最大規模PC80台のPUBGオフライン大会「GeForce CUP: PUBG #02」開催!MVP受賞はSunSister所属Wesker選手

2017年12月23日、東京・浅草橋ヒューリックホールにてNVIDIA JAPAN主催の「GeForce CUP: PUBG #02」が開催されました。

「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)」のオフライン・オンライン共催による大会で、オフライン会場には国内最大規模となる80席のプレイ席を完備。

有名選手のプレイを観戦できる会場には多くの観客がつめかけ、間近で見る選手たちのプレイに大きな歓声が上がるなど熱い盛り上がりを見せていました。

本大会では、実況にトンピ?氏、解説にはNottinTV氏、ゲスト・招待選手として、DeToNaTor所属のSHAKA氏、YamatoN氏の2名が参加したほか、DetonatioN Gaming、SunSister、父ノ背中、Team Destroy、Buhidou Gamingから招待選手が参戦しました。

SOLO大会(招待選手+一般参加者)

1戦目は、招待選手と一般参加プレイヤーによるオフラインでのSOLO大会。

クライマックスで素晴らしいグレネードキルを披露し、会場からも感嘆の声が上がったDetonatioN GamingのSUMOMOXqX選手がドン勝を獲得。

2位となったのは、Buhidou Gamingのまろん(AllYouNeedIsKill)選手。
最終局面での展開については、「SUMOMOXqX選手の素晴らしいプレイだったと思います」と称えるコメントを残しました。

続いて、最後に2位のまろん選手との撃ち合った、父ノ背中に所属するApple選手が3位に入賞。

この試合での最多キル賞を獲得したのは、一般参加プレイヤーのAirchan3選手。順位も4位と好結果を出し、6キルでの受賞となりました。

そして特別賞は、試合開始から最初にデスしたプレイヤーに与えられる「ドンケツ賞」であることが発表され、Team DestroyのDestroySenpai選手が受賞。
「車を取りに行ったら取れず、逃げ込んだ先に別の敵がいた」と、不運な開幕だったことを明かしていました。

SQUAD大会(招待チーム+予選突破チーム)

2戦目のSQUAD大会は、オフラインとオンラインの共催大会。招待選手による5チームと、事前に行われた予選を突破した15チームが参戦しました。

この試合で1位に輝いたのは、HS PUBG支部(arika選手、RAV3N_exe選手、koroneko選手、kur0ro1225選手)。4人全員が生存しての見事なドン勝を決めました。

2位には、Gaming Team Albatross(ruka_14選手、Pot-Revenge選手、machaio0902選手、Yuukun選手)。
3位にはviolet(rabb1ts選手、unubore選手、AYU3選手、acxe選手)が入賞し、オンラインからの参加チームが上位を独占する結果に。

また、最多キル賞にはチーム内1人生存となっても2位まで順位を上げたruka_14選手。7キルにて受賞となりました。

シャッフルSQUAD大会(招待選手1名+参加者による4人一組)

3戦目は、招待選手1名と一般参加プレイヤー3名によるチームを作成しての、シャッフルSQUAD大会。

この試合は、遮蔽物の少ない砂漠MAP「Miramar」での試合とあって、複数チームによる大混戦が繰り広げられる展開に。
リーダーとして指示を出しながらチームを引っ張っていく招待選手たち。慣れたメンバーとのプレイとは異なる熱いやり取りに、観戦もさらにヒートアップしていました。

1位を獲得したのは、Team DestroyのArc選手チーム(mituamiko選手、P_p_P_p_P 選手、Kamitas選手)。
ドン勝が決まった瞬間、メンバーの喜びの声が会場に響き、最後の試合にふさわしい盛り上がりを見せました。

2位は、SunSisterのfiachan選手チーム(murabito1221選手、Dereco選手、roxkxi選手)。
序盤でチーム内1人の生存となってしまったfiachan選手が、見事なプレイでチームを2位まで引っ張った形となりました。

続く3位は、父ノ背中のApple選手チーム(mayo_god選手、Naoyaa選手、FamitsuApp選手)。
Apple選手はSOLO大会でも3位を獲得しており、この日2度目の入賞となりました。

この試合での最多キル賞を獲得したのは、リリース間もない砂漠マップで巧みなポジション取りを見せていたSunSisterのWesker選手。7キルでの受賞となりました。

大会MVP受賞選手の発表

すべての試合が終わり、大会MVP選手の発表へ。以下4名の選手がMVPにノミネートされました。

・Team Destroy  Arc選手(シャッフルSQUADでチーム優勝)
・Gaming Team Albatross ruka_14選手(SQUADでチーム2位、最多キル賞)
・父ノ背中 Apple選手(SOLOで3位、シャッフルSQUADでチーム3位)
・SunSister Wesker選手(シャッフルSQUAD最多キル賞)

そして、大会MVPを受賞したのは、「地形把握、状況判断、エイミング能力などすべての要素を全試合で安定して見せてくれた」と評されたSunSisterのWesker選手。
解説も務めたYamatoN氏から「まさしくPUBGを体現した男」と絶賛の言葉が贈られました。

MVPを受賞したWesker選手は、「楽しくゲームができる大会の場を作ってくださって、その中でMVPという賞を頂けて本当に嬉しく思っています」とコメントしました。

エンディング後には、招待選手のサイン入りTシャツや色紙、AKRacing Gaming Chairなどの豪華賞品がもらえるじゃんけん大会を開催。興奮さめやらないプレイヤーや観戦者たちの熱気とともに幕を閉じました。

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

綾本 ゆかり

プロフィールを見る

ソーシャルゲームをつくっていた会社員時代を経て、現在はフリーライターとして活動。PUBGで観戦の楽しさを知ったことをきっかけに、eスポーツの世界へ。ゲームやプレイヤーの魅力を伝えるべく、イベントレポートやインタビューを中心に取材記事を執筆します。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る