PAGE: 2 / 4

EVO Japan運営委員長「ハメコ。」氏に聞く!大会にかける熱い想いとは

サイドトーナメントタイトルの選考基準は「モチベーション」

コイチ:あとやはり気になるのはサイドトーナメントの開催についてです。会場のキャパシティを考えると実現可能なのか不安がありますが。

ハメコ。:集まりすぎるタイトルに関しては制限を設けて開催してもらう形にしました。100人を超える大会もありますし。かなり色々なタイトルで応募して頂いたんですが、泣く泣く落選とさせてもらったものも多かったです。

コイチ:タイトルの選定基準っていうのはあったんですか?

ハメコ。:これまでのEVOの考え方だと「サイドトーナメントは野試合スペースで勝手にやってくれ」というやり方だったし、最初は自分もそう思っていたんだけど、40~50タイトルも来るとさすがに選ばざるを得なくて。そこで、「 なるべく沢山の人に満足してもらうにはどうすれば良いか?」と考え、必ず一定数の人が楽しめるであろう“大会”にフォーカスすることにしました。

コイチ:『らんま1/2』とかも意外でしたね

ハメコ。:『らんま1/2』のコミュニティの方々はモチベーションも高く、かつ大会運営経験も豊富のようだったので、これなら限られた時間内で大会をやってもらえるだろうと考えました。個人的な考えでは、もともと人気のあるタイトルだけじゃなく、ふらっと立ち寄った人にとって新しい発見があると良いなと思ったんですよね。「一部の人しか知らないけど、ちゃんとコミュニティがある」ということを、ほかの格闘ゲームファンにも知ってもらえたらなと。

コイチ:「なんでやりたいか」っていうのは重要ですね。コミュニティが動いているっていうことを広めるためなら、どんどん表に出てほしい。

ハメコ。:そうだね。おれもそれが大事だと思う。でも『DOA5』(デッド オア アライブ5)とか『バーチャ』(バーチャファイター)が無いのはちょっと寂しいね。いずれにせよ、出来る限りいろんな人が楽しめるようにします。

海外目線で選ばれた「ギーク」な会場

コイチ:続いて会場について聞きたいんですが、予選は池袋のサンシャイン、本戦は秋葉原のUDXとのことで、選定の基準はやはり「都内」というのがポイントでしょうか。

ハメコ。:もっとも問題になったのは、やっぱり日程でしたね。イベント会場が中々空いてないんですよ。

コイチ:ラスベガスっていう土地は観光地だし特別感があるじゃないですか。日本で言うとラスベガスみたいなところは、どこだろう(笑)。

ハメコ。:沖縄とか(笑)。そういう案もあるにはあったんですけど、海外から参加する人のことを考えると秋葉原や池袋といった、所謂「ギーク」な人達が好む要素があるところで開催したかった。海外の人が日本を楽しんでもらうんだったらありかなと。

コイチ:伝説になった闘劇2012(※)みたいな環境も楽しかったんですけどね

※闘劇2012…千葉県成田市下総運動公園で開催された屋外での全国大会。真夏の炎天下による筐体トラブルや熱中症との戦いなど、ゲーム外の環境によるアクシデントが多かったものの、参加者には思い出深いイベントとして今も語り継がれている。

ハメコ。:場所とか宿泊とかそういう部分がクリアされれば、本当はそのほうが自由度が高くて良いんだけど、今回の場所選定については海外勢を踏まえたという感じです。

コイチ:池袋に世界中のゲーマーが集まるのも相当圧がありますね。

ハメコ。:会場のスペースに余裕があるわけじゃないけど、近くにゲームセンターがあるから、『ギルティ』(GUILTY GEAR)とか『鉄拳』は練習しにいけるのもいいかと。

コイチ:当日の池袋GIGOとか大変なことになりそう(笑)。

ハメコ。:これは個人的な考えだけど、EVO自体を楽しんでもらうのももちろんそうなんだけど、格闘ゲームを好きな人がEVOという取り組みを利用してくれるのが一番良いんだよね。誰もが何度も勝てるわけではないし。だから、会場近辺のゲーセンが盛り上がったりとか、日程近辺の対戦会に人が集まったり、そういう影響を及ぼせるかどうかが大事だと思ってます。

コイチ:EVO Japanの存在をゲームセンターで知るって言う人も多いかと思います。

ハメコ。:なんか今日すげー人多くね?みたいな(笑)。池袋を選んだ理由はそんなところなんだけど、会場選びに関しては、やっぱりちょっと見込みが甘かった。これだけの人数を回すとなると、前例がないぐらい機材を集めないといけないし、大会自体のスケジュールもかなり厳しいものになるしで、参加選手の皆さんには色々とご迷惑をかけてしまっているなと。

コイチ:カードゲームの大会などでもサンシャインは使われていますが、一度に数千人という規模は見たことがないですね。

ハメコ。:立地自体は良いので、待ち時間にゲーセンに行ったりご飯食べたりだとか、会場内にも色々な企業ブースが出展されていたり、あんまり見たことのないタイトルの大会をやっていたり、格闘ゲーマーであれば退屈はしないかと思います。

やり込み期間は1週間!『ストリートファイターV AE』を採用した理由
前のページ
1
2
3
4
次のページ

コイチ

プロフィールを見る

元ゲームメディアライター、現在はゲームを最大限に楽しむ集団「ゴジライン」所属している素人ゲーマー。昼はサラリーマン、夜はゲーマーとなり、休日は取材や原稿、イベントの実況解説などに顔を出す重度の格ゲー狂。得意ジャンルは格ゲーとラーメン。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る