「闘会議2018」の会場来場者は7万2,425人! 賞金総額は2,815万円と15人のプロゲーマーが誕生

引用元:ゲームの祭典「闘会議2018」、賞金総額は2,815万円、プロライセンス発行は15人!|株式会社KADOKAWAのプレスリリース

2018年2月10日(土)、2月11日(日)の2日間にかけて開催されたeスポーツの祭典「闘会議2018」および同時開催の「JAEPO」両イベントの来場者が7万2,425人を記録したことが分かりました。
また会場からの生放送を視聴したネット総来場者数は513万1,820人になったとのこと。
「闘会議2018」にて開催されたeスポーツ大会の賞金総額は2,815万円に上り、本イベントで最も注目を集めていたプロライセンスは、15人に発行されました。

これにより、日本eスポーツ連合の発行する国内のプロライセンス保有者は、今回の大会で発行された15人、および実績保有者の31人(うち1人はジュニアライセンス保有者)を合わせた46名となります。
またチームライセンスとしては、実績保有チームの8チームに発行されています。

引用元:ゲームの祭典「闘会議2018」、賞金総額は2,815万円、プロライセンス発行は15人!|株式会社KADOKAWAのプレスリリース

 

参考サイト
ゲームの祭典「闘会議2018」、賞金総額は2,815万円、プロライセンス発行は15人!|株式会社KADOKAWAのプレスリリース

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る