【PUBG】PJS αリーグフェイズ2まもなくスタート!フェイズ1全試合のハイライトと結果まとめ

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)のDMM GAMES公式大会「PUBG JAPAN SERIES」(以下、PJS)αリーグでは、全9ROUNDのフェイズ1と、その下位5チームを含む入れ替え戦が終了しました。

そして、まもなくフェイズ2が明日、3月10日(土)よりスタートします。PJS αリーグのこれまでの展開を振り返るべく、フェイズ1全試合のハイライトと結果をまとめました!

PJS αリーグの順位ポイントは上記の通り。1キルあたり5ポイントが加算されます。

【ROUND1】Ruytv選手の活躍で「Zoo Gaming / Penguin」ドン勝!

Georgopol東側の川を含むエリアが安全地帯となり、大量のプレイヤーが川を泳ぐ展開に。川にいたプレイヤーは、水から上がった直後の撃ち合いとパルスによって川岸で大量にダウン。

最終局面では、パルス内にあった唯一の建物である八角をNiaxel選手(CYCLOPS athlete gaming)が確保。平原にいたRuytv選手(Zoo Gaming / Penguin)が、ooF-seiei選手(Crest Gaming Windfall)を倒した後、窓から頭を出すNiaxel選手に対して撃ち勝ち、ドン勝を獲得しました。

川を泳ぐ大量のプレイヤーと迫り来るパルス。この数秒後、川岸には大量の死体が……。
ぎりぎりエリアに入った八角にNiaxel選手(画像左)、遮蔽物のない平原にooF-seiei選手(画像中央上)とRuytv選手(画像右)。Ruytv選手がooF-seiei選手を倒し、1対1へ。
八角の窓から頭を出すNiaxel選手に見事なヘッドショットを決めたRuytv選手。遮蔽物がなく不利な状況での撃ち合いで勝利を見せました。

■ROUND1ポイントTOP3
1位:Zoo Gaming / Penguin 520ポイント(4キル)
2位:CYCLOPS athlete gaming 410ポイント(2キル)
3位:Crest Gaming Windfall 390ポイント(8キル)

PJS αリーグ ROUND1アーカイブ

【ROUND2】RJ vs SSS!最後の撃ち合いを制したのは「SunSister Suicider’s」

ROUND2では、Pochinki南西の丘と麦畑を含むエリアが安全地帯となり、最終的に有利なポジションを確保した「Rascal Jester」と「SunSister Suicider’s」の戦いが見どころとなりました。

「Rascal Jester」は、「PUBGRU」や「AKIHABARA ENCOUNT GG」など、複数のチームがひしめく丘を制し、高い位置を確保。「SunSister Suicider’s」は、「Astro9」が占拠していたパルス内唯一の小屋を制圧。

V3 FOX」を含む3名生存3チームの戦いとなり、最終的に「Rascal Jester」との撃ち合いに勝利した「SunSister Suicider’s」が、ドン勝を獲得しました。

試合中盤でMAO_TypeX選手(Astro9)が壁にスタックしてしまい、やむなく味方がキル。悲しい事件でした……。
最終局面では、画面左の丘に「Rascal Jester」、中央下の小屋に「SunSister Suicider’s」、画面右の平原と麦畑に「V3 FOX」の3対3対3へ。
高い位置を取った「Rascal Jester」が有利かと思いきや、生き残っていた「V3 FOX」にフォーカスした隙を突くような形で「SunSister Suicider’s」が勝利しました。

■ROUND2ポイントTOP3
1位:SunSister Suicider’s 555ポイント(11キル)
2位:Rascal Jester 465ポイント(13キル)
3位:V3 FOX 375ポイント(5キル)

PJS αリーグ ROUND2アーカイブ

【ROUND3】「野良連合 Rosso Bianco」全員生存、23キルドン勝!

Primorisk北西の、平坦で細い木の多い森が安全地帯となったROUND3は、なんと「野良連合 Rosso Bianco」が4人全員生存、かつチームで23キルを獲得してのドン勝。

また、チームで残り生存1人となってからも、粘り強く順位を上げた選手も印象的な試合で、特にtakomayo選手(Rascal Jester)は、最後の「野良連合 Rosso Bianco」4人との撃ち合いまで生き延び、2位に順位を伸ばしました。

試合序盤で味方を失い、チーム残り1名となったKimari–Ronzo選手。「USG-Hyster1cJam」が確保する家の外壁で息を潜めた時間、およそ10分。その間にも大きく順位を上げました。
2人ずつ左右に展開する「野良連合 Rosso Bianco」4人(画面上部)と、「Sengoku Gaming Destroy」2人(画面右)、「USG-Hyster1cJam」2人(画面左)、「Rascal Jester」が1人(画面下)。
終盤では、sm0o0ky選手のKar98kでの精確なヘッドショットに会場が沸く場面も。敵を倒しては車両で前進する形で、「野良連合 Rosso Bianco」が森を制圧し、ドン勝となりました。

■ROUND3ポイントTOP3
1位:野良連合 Rosso Bianco 615ポイント(23キル)
2位:Rascal Jester 415ポイント(3キル)
3位:USG_Hyster1cJam 400ポイント(10キル)

PJS αリーグ ROUND3アーカイブ

DAY1総合ポイント、トップはRascal Jester!

惜しくもドン勝を逃したものの、ROUND2とROUND3で2位を獲得した「Rascal Jester」が、DAY1総合ポイントでトップに。予選を1位で通過したチームとあって、本選でも強さをアピールする結果となりました。

2位には、5pt差で「野良連合 Rosso Bianco」。順位ポイントの比重がやや高めとなっているPJS αリーグですが、23キル+ドン勝のROUND3では、キルポイントのみで5pt×23=115ptと、順位によっては1試合分に相当するほど(16~20位は100pt)のポイントを獲得しました。

続いてDAY2、ROUND4~6のハイライト&結果へ!
前のページ
1
2
3
次のページ

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

綾本 ゆかり

プロフィールを見る

ソーシャルゲームをつくっていた会社員時代を経て、現在はフリーライターとして活動。PUBGで観戦の楽しさを知ったことをきっかけに、eスポーツの世界へ。ゲームやプレイヤーの魅力を伝えるべく、イベントレポートやインタビューを中心に取材記事を執筆します。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

NEW

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る