}

【PUBG】全16ROUND終了!「PGL PUBG Spring Invitational 2018」観戦情報と試合結果

ルーマニアにて開催中の『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)の国際大会「PGL PUBG Spring Invitational」について、大会がスタートして明らかになった情報を加えて、改めて観戦のための情報をまとめました!

また、2018年3月22日(木)~3月25日(日)の4日間にわたる開催のため、試合の結果もこちらの記事で随時更新していきます。

※3月26日追記:全ROUNDが終了し、最終日の試合結果まですべての更新を行いました。

3月25日(DAY4)終了時点のランキング

PGL2018の優勝は、アメリカのチーム「Ghost Gaming」に決定。2位となったロシアのチーム「Grubie」との差は、たったの15ポイント。全16試合を通してわずか1キル差未満で決まるという、かなりの接戦で優勝が決まりました。

最終日、「SunSister Suicider’s」は苦しい試合が続くも、ラストの試合では1人生き残ったSabrac選手が粘って順位を上げ5位を獲得。最終的なランキングは総合12位となり、FPPモードや独特なパルス設定における大会経験差がある中、健闘を見せてくれました。

なお、アジアのチームとしては、中国の「OMG」が5位に食い込み、韓国の「MVP」が7位となっています。国内でも欧米圏の大会ルールに準じた大会やスクリムが積極的に開催されるようになれば、日本チームの海外での活躍もより望めるようになると言えるでしょう。

■SunSister Suicider’sの各ROUNDの順位とキル数

#13:13位(3キル)140ポイント獲得 - 総合順位10位
#14:16位(1キル)100ポイント獲得 - 総合順位11位
#15:16位(2キル)120ポイント獲得 - 総合順位13位
#16: 5位(2キル)270ポイント獲得  – 総合順位12位

3月24日(DAY3)終了時点のランキング

DAY3は韓国のチーム「MVP」が2連ドン勝を見せてTOP5に食い込みましたが、4試合が終了するとTOP5のチームは初日から変わらない顔ぶれに。ロシアのチーム「Grubie」は、ついに累計キル数が80に届くほどとなっており、下位チームとは大幅な差をつけています。

「SunSister Suicider’s」はROUND12で、DAY2でも接敵した「MVP」と再びぶつかりリベンジならず。初戦はダウンさせた相手からキルまで取りきる好調な滑り出しを見せていたものの、その後は順位を上げきれない厳しい試合が続きました。

現在は総合10位をキープしており、前後のチームとの点差はわずか。最終日の残り4試合で、悔いのない戦いを見せてくれることを期待したいところです。

■SunSister Suicider’sの各ROUNDの順位とキル数

# 9:  6位(5キル)305ポイント獲得 - 総合順位10位
#10: 6位(1キル)225ポイント獲得 - 総合順位 9位
#11:10位(0キル)145ポイント獲得 - 総合順位10位
#12:14位(1キル)100ポイント獲得 - 総合順位10位

3月23日(DAY2)終了時点のランキング

大会半分の試合が終了し、「SunSister Suicider’s」はオーストラリアのチーム「Tainted Minds」と同率10位に。DAY2はパルスの中心に近い位置を積極的に取りに行く動きで、4試合中3試合で5位以内という好調な順位を獲得しています。

ROUND7では、韓国のチーム「MVP」と接敵し、CrazySam選手が相手を3人ダウンさせる見事なプレイを見せましたが、あと少しのところで惜しくも破れてしまいました。(PGL公式Twitterでアップされているハイライトはこちら

なお、ランキングのTOP5は、ここまでにドン勝を獲得したチームが独占。フランスの「Team Vitality」は3回、ロシアの「Grubie」は2回のドン勝を獲得しており、圧倒的なキル数を獲得している「Grubie」が現在トップとなっています。

■SunSister Suicider’sの各ROUNDの順位とキル数

#5:  5位(2キル)270ポイント獲得 - 総合順位12位
#6:  3位(4キル)390ポイント獲得 - 総合順位8位
#7: 16位(0キル)80ポイント獲得  – 総合順位10位
#8:  4位(1キル)290ポイント獲得 - 総合順位10位

3月22日(DAY1)終了時点のランキング

DAY1終了時点で、「SunSister Suicider’s」は13位となっています。初日はROUNDを重ねるごとに順位やキル数も上昇傾向にあり、残る3日間の12試合で十分に力が発揮されることを期待したい状況です。

なお、本大会でのキルポイントは、1キルあたり20ポイントと高く設定されており、国内のリーグとは大きく比重が異なります。(ポイントの詳細については後述します)

■SunSister Suicider’sの各ROUNDの順位とキル数

#1:14位(0キル)
#2: 9位(2キル)
#3:11位(3キル)
#4: 6位(4キル)

大会配信・アーカイブ

・メイン+マップ+チーム視点が1ヶ所で見れるPGL公式サイト

・上記の配信元となっている個別のTwitchチャンネル
 - 大会メイン配信
 - マップ配信
 - SunSister Suicider’sチーム視点

PGL日本語配信

チーム視点の配信については、各チームに1人オブザーバーがついて配信する形となっており、選手の声は入っていません。チームの中でランダムに1人の選手の視点が配信され、ダウンすると生存している選手の視点に切り替わります。

開催スケジュール

本大会は、3月22日(木)から3月25日(日)の4日間にわたり1日4試合を実施。合計で16試合が行われます。現地ルーマニアとの時差が7時間あり、日本時間では21時から1試合目スタートとなります。

試合の概要

・全試合をSQUADのFPPモードで実施
・チーム数は、招待11チーム+予選突破5チームあわせて16チーム
・マップは「Erangel」

国内の「PJS αリーグ」では、TPP(三人称視点)モードで実施されていますが、本大会ではFPP(一人称視点)モードが採用されています。

先月ポーランドで行われた「IEM」でも、欧米で主流のFPPモードが採用されており、TPPモードが主流となっている日本・韓国チームが苦戦する要因のひとつとなりました。

また、「PJS αリーグ」では20チーム80名ですが、本大会では同じマップで16チーム64名の戦いとなっている点も、日本の大会とは異なります。

順位ポイントとキルポイント

本大会での順位ポイント、キルポイントは下記のように設定されています。

キルポイントの比重の大きさが特徴的で、「PJS αリーグ」では1キルあたり5ポイントですが、本大会では20ポイントとなっています。(なお、「PJS αリーグ」の順位ポイントは1位が500ポイント、下位の15~20位が100ポイントの幅)

キルポイントの比重が高いことで、キル数によって順位を覆せる可能性がある一方、生き残ったチームほどキルポイントを稼ぐチャンスが多くなるため、上位チームとの差がより大きくなるケースも考えられます。

パルススピードなどの詳細ルール

海外の大会では主流となっている下記の設定が、本大会でも採用されていると考えられます。(※具体的な設定内容について、本大会から公式に発表されている情報は今のところありません)

・パルス収縮が始まるまでの待機時間を短く
・パルス収縮スピードを遅く
・パルスダメージを増加
・アサルトライフルの湧きを1.5倍

上記の設定によって、膠着した戦況になりづらくする、移動の選択肢の幅を持たせる、パルス内でのファームや回復合戦を減らす、などの意図があると思われます。

「PJS αリーグ」では、「レッドゾーンなし」以外はデフォルトの設定で大会が行われているため、日本チームには上記ルールを踏まえた立ち回りが必要とされます。

出場チームの国やエリア

アメリカとヨーロッパで開催されたオンライン予選を勝ち上がったチームと、招待チームを合わせた計16チームが出場しています。

■招待チーム
・Team Vitality(EU・フランス)
・Team Kinguin(EU)
・Team SoloMid (北アメリカ)
・Tainted Minds (オーストラリア)
・Ghost Gaming (北アメリカ)
・LGD-Gaming (中国)
・OMG (中国)
・Snake TC (中国)
・MVP (韓国)
・OGN ENTUS Ace(韓国)
・SunSister Suicider’s(日本)

■予選突破チーム(北アメリカ2枠、南アメリカ1枠、ヨーロッパ2枠

・eUnited (北アメリカ)
・SpaceStation Gaming (北アメリカ)
・Team Secret (南アメリカ)
・FaZe Clan (EU)
・Grubie (EU・ロシア)

 

関連記事
【PUBG】頑張れ「SunSister Suicider’s」!ルーマニアで開催の「PGL PUBG Spring Invitational」観戦情報まとめ

公式サイト(英語)
PGL-PUBG Spring Invitational 2018

公式Twitter(英語)
PGL @pglesports

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

綾本 ゆかり

プロフィールを見る

ソーシャルゲームをつくっていた会社員時代を経て、現在はフリーライターとして活動。PUBGで観戦の楽しさを知ったことをきっかけに、eスポーツの世界へ。ゲームやプレイヤーの魅力を伝えるべく、イベントレポートやインタビューを中心に取材記事を執筆します。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る