}

eスポーツに欠かせないゲーミングデバイスは性能だけではない。絶対に知っておきたいデバイスメーカー8選!

PCでeスポーツを行う際に必要になるもの、それはマウス、キーボード、マイクなどの入力デバイス。また、音を確認するのにヘッドフォンなどの出力デバイスが必要になる。eスポーツに特化した各デバイスは「ゲーミングデバイス」と呼ばれ、大小様々なメーカーが参入している。

オフラインイベントや大会等において、細かな差はあれど基本的にはPC本体とモニターは会場で用意され、それ以外のデバイスについては各人が持ち込むことが通例となっている。そのため、音楽家にとっての楽器や料理人にとっての調理器具同様、ゲーミングデバイスはある意味でゲーマーの人となりを表すものとも言える。

ここではそんなデバイスの開発を行っているメーカーを8社を厳選して紹介していこう。

Razer

公式サイト
Twitter

あなたがゲームに興味があり、ゲームに関する周辺機器について調べた事があるなら1度はRazerの特徴的なロゴを目にしているだろう。なにしろRazerはPCゲーミングデバイスのみならず、ゲームパッド、ノートPC、外付けGPU、果てはスマートフォンまで開発している。

性能に加え、デザイン性も優れていることから、プロから初心者まで愛されるゲーミングデバイスメーカーの1つである。

日本では、秋葉原にあるTSUKUMO eX. B1Fには、Razer製品の専門店「Razer Store」が入っている。最新のRazer製品がいち早く触れ、他店舗に置いていないアパレルなども置いてあるのでぜひ足を運んでみて欲しい。

Logicool G

公式サイト
Twitter
Twitch

Logicoolは一般家庭用向けの廉価な製品を製造している印象を強く持つ人も中にはいるのではないだろうか。しかし、Logicoolが製造するゲーミングデバイス「Gシリーズ」が、高品質であることは間違いない。Gシリーズを使用するプロゲーマーが多いところを見ても議論の余地は無いだろう。日本では、DetonatioN GamingUnsold Stuff Gamingなど、日本のeスポーツシーンを牽引するチームをスポンサードし、さらには『Logicool G Cup』を開催するなど日本国内のeスポーツシーンに積極的に関与しているメーカーでもある。

SteelSeries


公式サイト
Twitter
Twitch

2001年、世界初のスポンサードプレイヤーが誕生した。そのプレイヤーをスポンサーした企業がSteelSeriesだ。eスポーツの黎明期から行ってきたプロプレイヤーへのサポート、共同製品開発。それらが裏付ける確かな性能。デザインもシンプルかつモダンを標榜しており、誰が使っても違和感なく馴染む見た目になっている。

日本では、Twitchの自社チャンネルで声優の根本流風さんを起用し『Radio SteelSeries』という生放送を実施し、ユーザーとの交流を行っている。

MIONIX

公式サイト
Twitter

MIONIXは、マウスに生体センサーを内蔵したり、多くのカラーバリエーションを展開するマウスやマウスパッドを開発するなど既存のゲーミングデバイス企業とは一線を画す施策を多く実施している。

しかし、性能面でも決して他社製品に引けを取らないスペックになっているので、「オシャレにかつ性能も妥協したくない」という欲張りな要望を満たしてくれるだろう。最近発売されたDESKPADは最たるものでおしゃれなゲーマーはいち早く目を付けているだろう。

東プレ(REALFORCE)

公式サイト
Twitter

東プレは創業1935年と老舗ながら、ゲーマーの心を鷲掴みにした。同社が製造・販売するキーボード「REALFORCE」シリーズは、ゲーマー向けではなかったものの、一度使ったら他には乗り換えられないというゲーマーが出るほどの完成度である。今使っているキーボードにしっくりこない、買い替えを検討しているという場合、試してみるのもいいだろう。

2017年にはゲーマー向けのキーボード「REALFORCE RGB」を発売すると同時に「Green Leaves」へのスポンサードを発表し、eスポーツシーンにも参入した。TOKYO GAME SHOW 2017では「REALFORCE TYPING CHAMPIONSHIP 2017」というキーボードメーカーらしいタイピングの大会を催しているなど、そのアプローチもユニークである。

SENNHEISER

公式サイト
Twitter(ゲーム用)

1945年に創業した老舗音響機器メーカー。ミュージシャンや音響のプロも愛用するメーカーである。音の判別や定位感に関して非常に優れたその技術がゲーム用のヘッドセットにも反映されているということを考えると、とても贅沢であると言える。ガッシリとした重厚なデザインとは裏腹に軽量なため、持ち運びも容易でオフラインイベントなどでもよく見かけることだろう。

最近ではゲーマー向け新ヘッドセット『GSPシリーズ』の発表会が行われるなど、これまで以上に日本のゲーミング市場への参入していくことが発表されている。

▶▶▶ゼンハイザーのゲーマー向け新ヘッドセット『GSPシリーズ』の発表会レポート「我々が作っているのはおもちゃではなくプロ仕様のツールである」

 

BenQ Zowie

公式サイト
Twitter

BenQと聞くとモニターのイメージが強いと思うが、BenQ Zowieはモニターだけではない。同社はマウス、マウスパッド、キーボードなどの周辺機器も開発している。どれも癖のないデザインのため、根強いファンがついている。一度試してみるのも悪くないだろう。「ZOWIE ECシリーズ」は右利き用に設計されており、「ZOWIE FKシリーズ」と「ZOWIE ZAシリーズ」は利き手に左右されない設計がされている。

Artisan

公式サイト
Twitter

Artisanは日本のマウスパッド専門のメーカーだ。専門メーカーだけあり性能はとても優れており、国内外問わず愛用者が多い。特に宣伝に力を入れていないのに世界60ヶ国以上から注文があるというから驚きだ。

ゲーマーのことを考え、使いやすさを追求する姿勢はメーカー名であるArtisan(職人)が全てを表しているといえる。

 

今回は8選ということで紹介するブランドを絞ったが、他にもさまざまなゲーミングデバイスメーカーが存在する。Googleで「ゲーミングデバイス」と検索すれば無数のメーカーが登場するだろう。また、ゲーミングデバイスといっても、品質や形状など、設計思想は様々だ。さらにデバイスの性能により価格が変わってくるので選ぶのにも一苦労する。

そのような時は、ゲーミングデバイスが触れるお店で実際のゲーミングデバイスを手に取って試し、自分に合う相棒を選んで欲しい。また、尊敬するストリーマーやプロゲーマーのデバイスをマネしてみることも一つの方法だろう。彼らがシーンの最前線で十分なパフォーマンスを発揮できるのもこのゲーミングデバイスのおかげなのだから。

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る