【FIFA 18】「FUT Champions Cup Manchester」DAY 1レポート!日本人選手のコメントも

2018年4月13日(金)に開幕した『FIFA 18』の世界大会、「FUT Champions Cup Manchester」。SHIBUYA GAMEでは編集部員をマンチェスターへ派遣し、現地の情報をお届けします。

▶▶▶リアルタイムのアップデートは、シブゲーのツイッターをご覧ください

日本からはマイキー選手(@SubaridasMikey)、黒豆選手(@kuromame_21)、カール選手(@ka_ruchan)の3名が出場している本大会。今回は、大会初日に行われたスイスドロー形式の予選ラウンドの模様を、日本人選手の結果を中心にお伝えいたします。

早朝の散歩

大会の開催を控えた朝、黒豆選手が少し散歩に出るとのことだったので、同行させていただきました。向かった先は、ホテル近くの「Football Museum(国立サッカー博物館)」。

試合まであまり時間が無かったので、中に入ることはできませんでしたが、「サッカー」のためだけに国立の博物館が建ってしまう、ということに黒豆選手も驚いていました。

偶然見つけたナイトクラブのウィンドウには、「2018年のW杯で行われるイギリスの試合をすべて生で観戦できます」との文字が。店内には入らずに、ウィンドウ越しにサッカー観戦をする人で歩道が埋まることもあるらしく、イギリスがいかに「サッカー大国」であるかが伺えます。

マンチェスターではオーガニックな果物がそこかしこで売られており、イチゴが2パックで1ポンド(≒150円)という安さ。「野菜は食べないが、果物は好き」と豪語する黒豆選手も、思わず写真を撮っていました。

いよいよキックオフ!

大会開催が迫り、いよいよ会場へ移動。前日に向かった時よりも、選手たちの間には緊張感が漂っている様子でしたが、同時にウキウキしているようにも見えました。

DAY 1では、スイスドロー形式による予選ラウンドが行われます。2試合で1ラウンドとし、得点数の高かった方が勝ち。4ラウンド取れば決勝トーナメント進出、4ラウンド落とせば予選敗退となります。

対戦相手は各ラウンドの直前に抽選で決定。直前まで、強豪選手と当たるのではないかという緊張感が続きます。

Xbox One部門に出場しているマイキー選手と黒豆選手は、「Unilad Gorilla」には絶対に当たりたくないと漏らしていました。Gorilla選手は素人にも一目で分かるほどの実力派。すでにFIFA 18 Global Seriesへの出場権を手にしているため、勝ち上がる必要がない “ノープレッシャー” 状態です。予選ラウンドでは決して当たりたくない選手とのことでした。

ラウンド1

3人とも、初戦で勝って勢いをつけたいところですが、試合前の練習ではカール選手と黒豆選手が「前日のセットアップ時よりもサーバーが重い」と漏らしていました。普段とは操作感が異なる環境において、いかに早くサーバーに慣れるかが勝負の肝となります。

ちなみに、カール選手はゲーム内のチームにFC東京のユニフォームを、そして黒豆選手はガンバ大阪のユニフォームを着せて大会に臨んでいました。

結果(※W=勝ち、L=負け)
マイキー 10-2 W
黒豆   4-6  L
カール  4-5  L

ラウンド1では、マイキー選手が10対2で快勝。本大会でマイキー選手のコーチを務めるミカエル氏も、まるで自分が勝ったかのように喜んでいました。

マイキー選手も、「世界大会の初戦で勝ったのは初めてかもしれない」と、幸先の良い結果を喜んでいました。

対して、黒豆選手、カール選手は惜しくも初戦を落としてしまいました。カール選手は、3-3の同点から延長戦にもつれ込んでの惜敗。黒豆選手も、「勝てない相手ではなかっただけに、勝っておきたかった」と語りました。

ラウンド2

結果
マイキー 4-5  L
黒豆   11-8 W
カール  8-4  W

「大会の雰囲気に慣れることができたら勝てる」と語っていた黒豆選手は、ラウンド2の1試合目を5-6で落としてしまうものの、大量得点により勝利。

カール選手も落ち着いたプレイを見せ、4点差で快勝です。

2人とも、「1試合目よりもサーバーが軽く感じた」とコメントしており、本来の実力が発揮できたからこその結果と思われます。

反対に、マイキー選手は残念ながらラウンド2を落としてしまいました。マイキー選手は「勝てた相手だったので、ここでの負けは痛い」と語っていました。

ラウンド3

結果
マイキー 4-5 L
黒豆   2-4 L
カール  3-6 L

ラウンド3は、日本人選手3人とも黒星となってしまいました。全員1勝2敗となり、3人の顔にも緊張の色が。

ミカエル氏も、いつになく真剣な面持ちでマイキー選手に指示出し。「こういう大舞台だからこそ、『忍耐』が肝心だ」と何度も繰り返していました。

ラウンド4

結果
マイキー 2-3 L
黒豆   5-9 L
カール  6-4 W

カール選手は、トロントFCにレンタル移籍しているレッドブルチームのPhilB94_選手と対戦。トロントFCの担当者によると、Phil選手は「感情的なプレイヤー」だそうで、1試合目に4-1と3点差で負けたことでプレイが安定しなかったとのこと。カール選手はあくまでも冷静にゲームを進め、見事白星を勝ち取りました。

黒豆選手は、プロeスポーツチームBUNDLEDに所属しており、AJAXにレンタル移籍しているJoey選手と対戦。Jeoy選手のあまりの強さに、「長年『FIFA』をプレイしてきたが、初めて『勝てない』と思った」と語りました。

BUNDLEDのメンバーであるBob選手がサガン鳥栖のユニフォームを着てeJ.LEAGUEに臨むため、黒豆選手はまたBUNDLEDの選手と戦うことになります。

失意に明け暮れているのかと思いきや、「勝てるようになりたい」と闘志を燃やしている様子。eJ.LEAGUEの準備期間にBob選手と練習するため、BUNDLEDのスタッフの方と電話番号を交換していました。

ラウンド5

結果
マイキー 5-4 W
黒豆   2-6 L
カール  5-9 L

初日の試合を終え、マイキー選手とカール選手は2勝3敗という結果に。DAY2に残ることができましたが、両者とも「バケモノみたいな実力のプレイヤーばかり」とコメントしており、厳しい戦いを強いられる状況です。

黒豆選手は惜しくも初日で敗退となりました。黒豆選手は「世界トップレベルのJeoy選手と対戦して、このレベルのプレイヤーにどう勝てば良いのか分からなくなった」と話しており、Joey戦での衝撃が原因で勢いを失ってしまったことを明かしました。

日本勢が1人敗退してしまいましたが、マイキー選手とカール選手は「黒豆の分も頑張る」と意気込んでいました。次回は、気になるDAY 2の模様をお伝えいたします!

試合の模様はシブゲーでもお届けいたしますが、『FIFA』の公式配信チャンネルから視聴もできます。興味のある方は、是非ご覧になってください。

▶▶▶リアルタイムのアップデートは、シブゲーのツイッターをご覧ください

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る