eスポーツの行方を担うキャスター(実況者)6選【FPS編】

注目を浴びるeスポーツキャスター達

eスポーツにおいて観客や視聴者を盛り上げるために必要なもの、大前提としての選手と彼らが操作するゲームに加え、もう1つ重要なものがある。それは『eスポーツキャスター(実況者)』の巧みな実況だ。そこで起こっている興奮の瞬間、その状況を分かりやすく解説するeスポーツキャスターがいなければ、選手のスーパープレイも分かる人にしか分からないということになってしまう。eスポーツキャスターの状況説明が選手のスーパープレイの興奮を何倍にも増幅してくれるのだ。そのような点を踏まえても、シーンにおいて彼らの存在はもはや必要不可欠であり、その饒舌かつオリジナリティ溢れる語りから多くの名物キャスターが生まれている。

今回はそんなeスポーツキャスターの中からFPSゲームを中心として活躍する人物を紹介していく。

岸大河

Twitter
Twitch
オフィシャルサイト

岸氏はスペシャルフォース2など、複数のFPSタイトルにおいてトッププレイヤーとして活躍していたが、2012年頃からプレイヤーと兼業で行っていたキャスター業を本格化する。現在では年間20~30本ものタイトルでキャスターを務める有名eスポーツキャスターとなる。
出演してきたジャンルはFPSゲームの他にオンラインカードゲームからサッカーゲームなど多種多様である。これからも岸氏を目にする機会はますます増えるだろう。

直近では『岸大河・OooDaのスタングレネード』というラジオ番組をスタートするなど、自身の言葉を発信する場所も増やしている。

OooDa

Twitter
YouTube

元DetonatioN Gaming所属で、現在はeスポーツキャスターという経歴を持つOooDa氏。FPSゲームを中心に実況を行っている。
ユーモアあふれる人柄と、軽妙なトークと合わせて繰り出される正確な実況には定評があり、オーバーウォッチの公式大会『Overwatch Open Division Japan』やPUBGのDMM公式大会『PUBG JAPAN SERIES』などでの活躍が実績として上げられる。最近ではスマートフォンゲーム『パズドラ』の公式大会『パズドラチャレンジカップ2018』の実況を行うなど、活躍も多岐にわたる。

自身のYouTubeチャンネルではYoutuberとしての活動を行っており、『ミノムシ コスプレの回』は秀逸である。

k4sen

Twitter
YouTube

k4sen氏は『コール オブ デューティ シリーズ』のキャスター。直近では『コール オブ デューティ ワールドウォーII プロ対抗戦』の実況を行うなど、競技シーンの顔となる人物である。普段はゲーム実況をYouTubeに投稿するなどの活動を行うYoutuberのほかにフリーランス映像クリエイターとしての活動も行っている。

トンピ?

Twitter
ポノス株式会社 WEBサイト

スマホ向けゲーム『にゃんこ大戦争』で知られるポノス株式会社のゲーマー社員として採用され、同社のeスポーツPR担当をしているトンピ?氏。プレイヤーとしての腕も確かで、オンライン大会での優勝実績もある。その経歴を活かし、主にFPSゲームを中心にeスポーツキャスターとして活躍している。
自身も多くのイベントを手がけており、日本eスポーツ業界の活性化を支える一人でもある。

シンイチロォ

Twitter
Twitch
YouTube

オンラインカードゲーム『ハースストーン』を中心に実況を務めるシンイチロォ氏だが、最近ではPUBGやオーバーウォッチなどのFPSゲームの実況も行うFPSキャスターの一人である。元吉本興業所属の芸人という経歴も持つため、解説とのやり取りがコミカルで、且つ、試合を盛り上げることに長けている。2017年からeスポーツキャスターとして活動を行うシンイチロォ氏だが、今後の活躍が期待される新進気鋭の実況者のひとりだ。

MamE

Twitter
Twitch

MamE氏は『カウンターストライク』シリーズのキャスターで海外プロチーム「Fnatic」の大ファンとしても知られている。国内大会において、彼が出演していない大会の方が少ないだろう。またMamE氏はeスポーツキャスター専業ではなく、会社員とのキャリアと並行してキャスターを行っている。今後も柔軟なスタイルで活動を続けてくれることだろう。

 

 

ますます発展を続けるeスポーツ業界だが、過渡期ともいわれ、今後の発展は選手、メーカー、ファン、そしてキャスターにかかっていると言っても過言ではない。また野球やサッカーなどのメジャースポーツと同じく、惜しくも一線を退くこととなった選手にとって、eスポーツキャスターという役割はセカンドキャリアとしての大きな選択肢の一つであることに間違いは無い。

ゲーム業界出身者のみならず、テレビ・ラジオなどで活躍する異業界のキャスターがそのスキルを活かしてeスポーツのキャスターとしてシーンの活性化に力を発揮することになる未来にも期待している。

ジャンルや文化のクロスオーバーがeスポーツシーンの発展と認知拡大を加速させることは疑いなく、その架け橋となってほしい、そんな想いも込めて、SHIBUYA GAMEは彼らの活躍を追い続けていこうと思う。

 

 

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る