【PUBG】日本チーム勝利!特別ルールのお祭りイベント「PUBG 東京VS上海対抗戦」をレポート!

2018年4月21日(土)、ベンキュージャパン・サードウェーブ共催による『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)のイベント「PUBG 東京VS上海対抗戦」がLFS池袋 esports Arenaにて開催されました。

会場には、日本の10チーム20名の選手が集結。通常の試合とはまったく異なる特別ルールで、大きな盛り上がりを見せた会場の模様をレポートします!

本イベントでは日本と中国の選手が、それぞれ東京と上海のeスポーツ施設に集まって参戦。2か国とも40名の選手(SQUAD×10チーム)が参加し、3ROUNDの総合得点で勝敗を決定する日中対抗戦が実施されました。

まずは中国チームの選手登場シーンが中継され、続いて日本チームの選手登場へ。2か国とも、プロチーム×3、アマチュアチーム×6、ストリーマーチーム×1の構成となっています。

日本からの出場は、「PJS αリーグ」フェイズ2のTOP3に輝いたプロチーム「USG_Hyster1cJam」、「SunSister Suicider’s」、「JUPITER NOVA」の3チーム。

そして、「Special DONCUP」の成績優秀者である「Nsp」、「AGM Japan Gaming W!NPS」、「HANAGUMI STRELITZIA」の3チーム。コミュニティ大会より招待された「PUBGRU Redcell」、「Astro9」、「世界の名作劇場」の3チームが出場。

「人気ストリーマーチーム」には、Nigongo選手、Rapiacta選手、CiNVe選手、ブンブン丸選手が参加しました。

本イベントは、それぞれの都市で20チームが協力して戦う特別ルールのため、ゲーム内で日本チームが白シャツを、中国チームが赤シャツを着用。お互いにシャツの色で、敵か味方かを判断して戦います。

順位によるポイントを国ごとに加算し、勝敗を決定。試合中は、自分のチーム以外とVC(ボイスチャット)を繋いだり、画面を見たりするのもOK。会場内での声掛けや立ち歩きもOKという、かなり自由なルールとなっていました。会場には豪華なケータリングも用意され、賑やかな雰囲気。

中国では過去にこのルールで都市対抗戦を実施し、非常に好評だったことから今回の企画に繋がったのだとか。なお、この東京VS上海対抗戦、中国側の配信ではなんと100万人以上の視聴者がいたそうです。

会場では、プロチームとアマチュアチームが向かい合うように配置。オフラインイベントへの参加が初というアマチュアチームも多く、やや緊張した様子も見られました。

試合前には、Erangelのマップが写し出されたステージに集まって作戦会議タイム。各チームからメンバーが集まって作戦会議を行うと、全体的に打ち解けた空気に。とはいえ、日本チームは経験したことのない20チームでの協力戦とあって、意見をまとめるのには苦戦していた様子でした。

【ROUND1】日本チーム、まさかの惨敗…!?

日本チーム側は手探りの状況でスタートしたROUND1。試合が開始すると、会場のあちこちから「撃つなー!味方だぞ!」という声や、「アイムジャパニーズ!」となぜか英語で叫ぶ声が聞こえてきたりと、カオスな盛り上がりに。

普段の緊張感ある試合の空気とはまったく違い、笑いの絶えないまさにお祭り感たっぷりの会場。車両に乗っているとシャツの色が見えないため、ゲーム内の全体VCを使って「日本人通りまーす」と宣言しながら移動したりと、特別ルールならではの工夫も思わず笑いを誘います。

向かい合わせに座っていた「SunSister Suicider’s」と「人気ストリーマーチーム」は、あらかじめ8人でVCを繋いでやり取りしていたそう。他にも、隣合わせになったチームとVCを繋ぐなどして、2チームで連携を取っていたチームも多かったようです。

ROUND1の試合後半、「山を取るぞ!」という大きな呼びかけに応え、山の頂上付近に日本チームが続々と集合。到着したチームからは「合流しました!」といった声も聞こえてきました。

しかし終盤、山の上が安全地帯から外れてしまい、大きく2箇所に分かれてポジションを取っていた中国チームに挟まれる形となった日本チームが全滅。上位10チームを中国に独占される形での敗北となってしまいました。

ちなみに、中国チームの勝利が確定した後、日本側では配信されていませんでしたが、残った中国チームはフライパンで殴り合って勝負をつけたそうです。

「人気ストリーマーチーム」として参加した、唯一の女性プレイヤーNigongo選手。開始前には「上手い人ばかりなので着いていくので精一杯です」とコメントしていましたが、会場の盛り上がった空気も相まって緊張もほどけ、試合を楽しんでいたようです。

この日、新たに加入したXhanZ選手を含むメンバーで参加していた「SunSister Suicider’s」。Sabrac_選手によれば、XhanZ選手は個人スキルの高さが見込まれた”火力重視”のメンバーとのこと。XhanZ選手は「期待に応えます!」と、PJS βリーグに向けた意気込みも見せてくれました。

ROUND1の最中、たびたびのハプニングによって会場のカメラが大集合していたのは「世界の名作劇場」。DONCUPでの優勝で注目を集めた実力派のチームですが、本人たちいわく「芸人枠です」とのこと。

試合中に、誤って日本チームの選手を倒してしまったRascalChan選手。SQUADのチーム内でしか蘇生できないため、「チームの人、ここです!助けてあげてください!」と叫んで会場を沸かせるなど、試合後のインタビューも含めて、大いに盛り上げてくれました。

RascalChan選手による試合後の謝罪会見。「この度は、味方の選手を誤射によって倒してしまったことを謝罪いたします」
「すいませんでした!!」
ROUND1を踏まえ、日本チームが取った戦略とは…!?
前のページ
1
2
次のページ

綾本 ゆかり

プロフィールを見る

ソーシャルゲームをつくっていた会社員時代を経て、現在はフリーライターとして活動。PUBGで観戦の楽しさを知ったことをきっかけに、eスポーツの世界へ。ゲームやプレイヤーの魅力を伝えるべく、イベントレポートやインタビューを中心に取材記事を執筆します。

あわせて読みたい

NEW
NEW

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る