【PUBG】PJS αリーグを戦い抜いたチームの舞台裏に迫る!「CYCLOPS athlete gaming」インタビュー

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)のDMM GAMES公式大会「PUBG JAPAN SERIES」(以下、PJS)では、2ヶ月に渡るαリーグが終了。まもなく2018年5月19日には、βリーグがスタートします。

今回は、PJS出場チーム「CYCLOPS athlete gaming」(以下、CAG)のメンバーである、Fuki6選手(@fuki6_cs)、Kimari–Ronzo選手(@kimari_ronzo)、Masashi選手(@M4sash1)の3人にインタビューを実施!

実は大会出場メンバー4人揃っての練習時間は、αリーグ通して20時間以下だったという彼ら。限られた練習時間の中、好順位をキープし続けたチームの戦略とは?

αリーグで印象的だったシーンについても振り返りながら、チームの舞台裏に迫ります!

最も大切なのは、”チームの心臓”を最後まで生き残らせること

――CAGはFuki6さんがリーダーとのことですが、試合中における役割はそれぞれ決まっていますか?

Masashi 戦略やムーブに関しては僕とfuki6、個人スキルに関してはKimariとNiaxelという形で分業するような体制になっています。役割でいうと、Fuki6がオーダー、僕がサブオーダーという感じですね。

Kimari–Ronzo 役割って言われると、俺なんだろう……。

Masashi 彼はチームのエースです!

――Kimariさんといえば、αリーグでMOST KILLを2回も獲得していますよね。

Masashi 僕的にはキルが取れることよりも、彼の最大の魅力は生存能力だと思いますね。その点での動きは他の人と比べても、レベルが違うと思っています。

Fuki6 生き残っていれば、必然的にキルが発生するというのはありますね。Kimariは俺らにないものを持っていて、終盤になればなるほど強いんです。だから、自分たちが前に出て倒されても、終盤に彼が生きていれば順位を上げてくれるっていう。

Masashi 10位までKimariを運んで、順位を伸ばしてくれたらいいなってイメージですね。

Kimari–Ronzo そしたら俺、めっちゃ大事やん。

――たしかにαリーグでは、Kimariさんが最後に生き残っていた印象的なシーンがたくさんありました。

Masashi 実際に大会で何度も彼がキャリーしていますし、普段の練習でもやっぱりそういう時にやってくれるんで、そこはすごい能力だと思います。なので、僕はゴキブリって思ってます。

――それほどの生命力だと(笑)。Kimariさんを生かすために、例えば移動する時などの順番も決まっていますか?

Masashi 車移動の先頭は8割くらいfuki6で、残りの2割は僕がやっています。2人が積極的に先見して、あとのメンバーは後ろを着いてくる形ですね。Kimariは、状況に応じて僕たちを見捨てる判断もすごく早いです。

Kimari–Ronzo 「ここは無理!」ってなったら、すぐにルートを変えますね。

Masashi 逆に先頭を走らせたら、速攻で死んで「このゲーム、面白くねぇ!」って言い出すんで(笑)。彼をチームの心臓として考えて、一番最後に残すことを考えていますね。なので、最初に死ぬのはだいたい僕かfuki6です。

――判断を求められる局面で、Fuki6さんとMasashiさんの意見が分かれることはありませんか?

Fuki6 大会の試合中は、意見が分かれても話し合いをしている余裕はないので、基本的には自分の判断に任せてもらう立場にあります。

Masashi 意見が分かれた時は、他のメンバーが「こっちの方がいいんじゃない?」と賛成した方を取ることもありますね。たまに大会でKimariが「絶対にこれは行ける」って断言する瞬間があって、そういう時の彼の判断はほぼ確実に間違っていないので任せます。

Fuki6 練習の場面では、最近は特に新しい動きに挑戦しているので、2人の意見の食い違いはかなり起きますね。

Kimari–Ronzo いっつもケンカしてますよ、2人。

Masashi そうですね、いつもバチバチしてます(笑)。でも、これは信頼関係があるからこそできることだと思います。

Fuki6 俺は嫌いだけどね。

Masashi でも俺は好きだよ。

Kimari–Ronzo デキてるな、この2人……。

一同 (爆笑)

チームの中では、誰がどの武器を持つ?

――みなさんの好きな武器や、いつも使っている武器について教えてください。

※5/3の銃器バランスを含むアップデートが入る以前にインタビューした内容です

Kimari–Ronzo 好きな武器はM416ですね。

Masashi ここぞという時は、Kar98kじゃない?展開しようとした時とか、見えた敵全部倒すくらい頭抜いてくれる。

Kimari–Ronzo よし、じゃあKar98kでいこう。

――その2つを持てたらベストという感じでしょうか。masashi さんはいかがですか?

Masashi 僕はSKSが一番好きです。ただ、SKSは毎回拾えるわけではないので、実際にはAKMとショットガンを持っていることが多いですね。序盤に5.56mm弾をどれだけ拾ったとしても、最終的に持っているのはAKMです。

Kimari–Ronzo 全部、僕がもらうので(笑)。

Masashi ファーム中に「武器、何持ってる?AKM拾ったぞ」と言われたら、M416を持っていても「これはもう俺のものではないな…」ってなります(笑)。だいたいフルカスタムにして渡しますね。

Fuki6 最終的に生き残るメンバーに、武器やアイテムを寄せるようにしています。先見に行くメンバーが死んでM416を落とすよりも、より使いやすい武器をKimariに持たせた方が後々活きてくるし、キルも取ってくれるので。

――なるほど、ここでも各々の役割が徹底されていますね。Fuki6さんはどんな武器を使っていますか?

Fuki6 俺はSCAR-Lが好きですね。もう1つ持つならM16A4かAKM。弾は5.56mmと7.62mmの両方を持てるだけ持って、両方の武器を持ちます。味方に「弾がなくなった」と言われた時も、自分が持っているどちらかの弾を渡して、残った方の武器を使えば戦えるので。

αリーグ通して4人揃っての練習は、たったの20時間以下だった
前のページ
1
2
3
4
次のページ

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

綾本 ゆかり

プロフィールを見る

ソーシャルゲームをつくっていた会社員時代を経て、現在はフリーライターとして活動。PUBGで観戦の楽しさを知ったことをきっかけに、eスポーツの世界へ。ゲームやプレイヤーの魅力を伝えるべく、イベントレポートやインタビューを中心に取材記事を執筆します。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る