「EVO Japan 2018」が1.2億円の赤字、法的な制限とスポンサーの不足が要因か

シブゲー編集部
引用元:EVO Japan 2018: Official Launch Trailer

2018年1月26日(金)から28日(日)にかけて開催された格闘ゲームの祭典「EVO Japan 2018」が、運営において1億2,400万円の赤字を計上していたことが明らかになりました。

この数字は、「EVO Japan」の運営元であるハーツユナイテッドグループによる2018年3月期の決算補足資料にて公開されたもの。
本大会は海外からの参加者・来場者も多く、3日間での来場者数はのべ13,000人を超えましたが、大会の参加料を無料としていたため、大きいな損失を生んでしまったと考えられます。

参加費については、EVOの創始者であるJoey “Mr. Wizard” Cuellar氏が過去に「法的な観点から、参加費を無料にせざるを得なかった」と言及していました。参加費を設定してしまうと、景品表示法により参加費の20倍までの賞金しか支払えないため、参加費を無料にすることで賞金額を引き上げたそうです。

参考:ラスベガスで開かれる「EVO 2018」では、5000円~1万円程度の参加費が必要となる。

「EVO Japan 2018」は日清食品グループ、レッドブル、Razer、Alienware、ASUS、Vertagearなど多数の企業がスポンサーとなっていましたが、参加費を得ることができないという制限が足枷になったと推測されます。

「EVO Japan 2018」は、アメリカ以外で開催された初の「EVO」で、配信の視聴者はグローバルでのべ1000万人を超えていました。「EVO Japan」が今後どのような方針で運営されるのか、世界中から注目が集まっています。

 

参考サイト
2018年3月期 決算補足資料|株式会社ハーツユナイテッドグループ
EVO Japan debuts with a 124 million yen loss|The Madman’s Cafe
EVO Japan reports $1.13m loss due to lack of sponsorship|Esports Insider
大盛況となったEVO Japan 2018,7119名の選手がエントリーし,総来場者は1万3957名,配信視聴者は約1085万に。実行委員会がデータを公開|4Gamer.net

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る