2018年アジア競技大会にて『ウイイレ』『クラロワ』などがeスポーツタイトルとして採用

引用元:Mengintip Makna Logo Asian Games 2018

2018年8月18日(土)から9月2日(日)にかけてインドネシアで開かれる第18回アジア競技大会にて、『ウイニングイレブン 2018』や『クラッシュ・ロワイヤル』などがeスポーツタイトルとして採用されました。

本大会で採用されたのは、以下の6タイトル。

『リーグ・オブ・レジェンド』
『ハースストーン』
『スタークラフト2』
『ウイニングイレブン 2018』
『クラッシュ・ロワイヤル』(モバイル)
『Arena of Valor』(モバイル)

MOBAタイトルが多いことや、モバイルゲームが2タイトル採用されていることなど、アジアのeスポーツ市場を考慮した選定となっていることが分かります。

今回のアジア競技大会において、eスポーツはデモンストレーション競技に留まりますが、2022年に中国で開かれるアジア競技大会では正式種目となることが決定しています。

また、2026年には愛知県名古屋市にてアジア競技大会が開かれることが決まっており、今後の動向に注目が集まっています。

関連リンク
AESF: Road to Asian Games 2018
アジア大会、愛知と名古屋で共催 26年夏季、OCA総会で決定|日本オリンピック委員会
カレンダー|日本オリンピック委員会

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る