PAGE: 4 / 4

「BitSummit Volume 6」で見つけた、eスポーツ(になるかもしれない)ゲーム3選 Vol.2

その他注目作品を一気に紹介!

今回と前回の記事を合わせて、eスポーツらしさを感じる開発中のゲームを6本紹介してきました。これら以外にも面白そうな対戦ゲームはあったのですが、話を伺ったりプレイしたりする時間がなかったので、詳しい紹介は断念……。ただ、まったく紹介しないというのももったいないので、発売中のタイトルも含めて、気になった作品をいくつか掲載します。

『Blade Strangers』

スタジオ最前線が開発する『Blade Strangers』は、『蒼き雷霆 ガンヴォルト』『ショベルナイト』『海腹川背』『洞窟物語』などのキャラを操作できる、2D格闘ゲーム。難しいコマンド入力が不要でありつつも、本格派の格闘ゲームとして成立しているとのことで、ブースではかなりの賑わいを見せていました。

【ゲーム概要】
ゲームタイトル Blade Strangers
プラットフォーム PlayStation4/ Nintendo Switch
価格 未定
発売時期 2018年夏
公式サイト(開発会社)
公式サイト(パブリッシャー)
公式Twitterアカウント(開発会社)
公式Twitterアカウント(パブリッシャー)

『スーパースライムアリーナ』

ブースではコントローラーを豊富に用意し、どのコントローラーでも動作することを披露していた

『スーパースライムアリーナ』は、一撃で死んでしまうスライムが主役の2D対戦ゲーム。操作は移動、ジャンプ、攻撃だけと単純ですが、やられるごとにスライムの種類が変わり、攻撃手段が変わっていくのが特徴です。また、50人対戦が可能だったり、多種多様なコントローラーに対応していたりするのもポイント。ブースには、ドリームキャストのコントローラー・つりコン・タルコンガなど大量のコントローラーが置かれ、どれでもプレイできる状態だったのが衝撃的でした。

【ゲーム概要】
ゲームタイトル スーパースライムアリーナ
プラットフォーム PC(Steam/itch.io)
価格 1,520円(Steam)/最低14.99ドル(itch.io)
発売時期 発売中
公式サイト
公式Twitterアカウント

『BackSlash』

Xbox One 、Windows デバイスへのゲームリリースをサポートする「ID@Xbox」のブースでは、Skeleton Crew Studioの『BackSlash』を展示。10の流派から2つ選ぶと生成される戦士を操り、1対1で戦う2Dアクションゲームです。ボタン一つで技を繰り出せるうえ、短時間で決着が付くため、気軽にサクッと楽しみやすいのが特徴です。なお、本作はSteamではすでに配信中。

【ゲーム概要】
ゲームタイトル BackSlash
プラットフォーム PC(Steam)/Xbox One/Windows 10
価格 1,500円(Steam)/未定(Xbox One/Windows 10)
発売時期 発売中(Steam)/未定(Xbox One/Windows 10)
公式サイト
公式Twitterアカウント

eスポーツの大会で採用されるゲームといえば、超有名なメーカーが作ったAAAタイトルがほとんど。ですが、今後インディーゲーム界隈がより活気づけば、eスポーツの大会で採用されるほど人気なタイトルが登場する、かもしれませんね。

PCショップのTSUKUMO(Project White)もブース出展。同ショップで販売予定のポータブルゲーミングPC「GPD WIN2」の実機を展示していた
ブース出展者に向けて、「G-GEAR alpha」などの機材を貸し出していたのも印象的
前のページ
1
2
3
4
次のページ

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

藤縄 優佑

プロフィールを見る

波動拳コマンドすらおぼつかないレベルの腕前だが、ゲームは好きなライター・編集者。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る