【PUBG選手インタビュー】DetonatioN Gaming所属 Vuelo「圧倒的に不利な状況を撃ち合いで覆すような、魅せるプレイをしたい」

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)のDMM GAMES公式大会「PUBG JAPAN SERIES」(以下、PJS)では、現在βリーグが開催されています。

今回は、そのβリーグに出場中のプロゲーミングチーム「DetonatioN Gaming」所属 Vuelo選手にインタビューを実施!

Vuelo選手は、αリーグの個人キル数で1位(「SunSister Suicider’s」のCrazySam選手と同率1位)という記録を持ち、闘会議のステージ上で「撃ち合いでは負ける気がしない」とコメントしたことでも注目されました。

ゲームとの出会いから現在までを振り返りながら、その撃ち合いの強さの理由について迫ります!

『PUBG』も、自分が強くなかったらやめていると思う

――最初に、Vueloさんのプレイヤー名の由来を教えていただけますか?

スペイン語で「飛行する」という意味の単語です。もともと『ペーパーマン』というFPSゲームをプレイしていたのですが、ジャンプが強いゲームだと思っていたので、”ジャンプ=飛ぶ”という意味からつけました。

――Vueloさんがこれまでにプレイしてきた主なゲームを教えてください。

最初に遊んでいたのは、ゲームボーイの『ポケットモンスター』シリーズだったと思います。ゲームに深くハマったのは、小学5年生くらいの頃にやっていたオンラインRPGゲームの『チョコットランド』からですね。

中学の時は、『メタルギアソリッド』シリーズをやりこんでいました。1度も敵に見つからずにクリアしたら入手できる「ステルス迷彩」というアイテムがあって、それを取るために学校を休んでまでやっていました。『ペーパーマン』をプレイし始めたのも、その頃からです。

19歳くらいから『Alliance of Valiant Arms(AVA)』を始めて、3年くらい続けていました。その後、『Dota 2』をしばらくプレイしていて、次が『PUBG』です。

――ゲーム歴としては、FPS系ゲームを中心にプレイされてきたという感じですね。

そうですね、FPS系のゲーム歴は9~10年くらいになります。一瞬『DOTA2』で別ジャンルを挟みましたが、帰ってきました。

――FPS系のゲームが好きだと思う理由はありますか?

単純に自分が強いからですね。『PUBG』もそうですが、自分が強くなかったらやめていると思います。

――その強さの理由、後ほどくわしく聞かせてください!『PUBG』を始めたのは、どのようなタイミングでしたか?

自分が始めたのは2017年5月くらいだったので、すでにかなり『PUBG』が盛り上がっていました。ちょうどその頃に新しくPCを買ったこともあって、これはやるしかないなと。

――選手としての活動をスタートしたきっかけを教えてください。

2017年の年末頃からいろんなチームがメンバーを募集し始めて、2018年1月に以前所属していたチームにスカウトされました。これまで別のゲームでも大会に出たりしたことはありましたが、本格的に選手として活動を始めたのは『PUBG』からです。

撃ち合いでは負けない、その自信の根拠とは?
前のページ
1
2
3
次のページ

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

綾本 ゆかり

プロフィールを見る

ソーシャルゲームをつくっていた会社員時代を経て、現在はフリーライターとして活動。PUBGで観戦の楽しさを知ったことをきっかけに、eスポーツの世界へ。ゲームやプレイヤーの魅力を伝えるべく、イベントレポートやインタビューを中心に取材記事を執筆します。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る