【PUBG】PJS βリーグ Class1 Phase1 Day2は「Rascal Jester」が初ドン&総合1位へ! ドン勝チーム&MOST KILL獲得選手インタビュー

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)のDMM GAMES公式大会「PUBG JAPAN SERIES」(以下、PJS)では、2018年5月26日(土)にβリーグ Phase1 DAY2の試合を実施。4~6ROUNDの3試合が都内オフライン会場にて行われました。

DAY1では、「SunSister Suicider’s」「野良連合 4U」「THE SHABLES」のTOP3チームが、1000ポイント以上を獲得する活躍ぶりでしたが、DAY2は追い上げを見せたチームにより順位が大きく変動する混戦模様に。そんなDAY2の会場にて、今回もドン勝を獲得したチームとMOST KILLを獲得した選手にインタビューを行いました!

【ROUND4】ついに「Rascal Jester」が初ドン勝を披露!

FPPモードでの1試合目は、「Rascal Jester」がドン勝を獲得。新たなメンバーを加えてβリーグに挑むチームが多い中、αリーグから変わらないメンバーでβリーグへ。αリーグではPhase1総合3位、Phase2総合5位と上位をキープしてきたチームでありながら、これまでドン勝を逃していた「Rascal Jester」。ここで念願の初ドン勝となりました。

SeaKingJAWS選手、takomayo選手、kendesu選手、Maron選手

■「Rascal Jester」インタビュー

――ドン勝おめでとうございます!αリーグから通して、初のドン勝獲得となりました。今の気持ちを教えてください。

SeaKingJAWS 今までドン勝が取れなくて悔しかったので、ただただ嬉しいです。

takomayo DAY1が終わった後、SHAKAさんに「Rascal Jester、次は期待できますね」と予言して頂いていたので、取れると思っていました。ありがとうございます!

kendesu スクリムで今回の最終局面と似た状況になった時、1人が先につめてやられて、他も倒されてしまうという失敗がありました。その失敗を修正して、4人全員で一気に攻めたことがドン勝に繋がったと思うので、それが成功したのがすごく嬉しかったです。

Maron ドン勝が取れて素直に嬉しいです。DAY1ではあまり成績が良くなかったのですが、この1週間で修正できたのがよかったと思います。

――今回はFPPモードでのドン勝となりました。FPPモードで意識している戦い方はありますか?

Maron FPPモードは視野が狭くなる分、自分が今見ている方向を報告して、味方にどの方向を見て欲しいかを伝えるように心がけています。

――「Rascal Jester」は直近、スクリムでも好調だったと聞きました。

takomayo 先週のDAY1はあまり良い結果が出せなかったのですが、DAY2の前に開催されたDMMスクリムでは成績が良かったので、いけるんじゃないかというのはありました。

――βリーグの目標や意気込みを教えてください!

kendesu βリーグは世界大会の出場枠についても発表されているので、1位を目指して頑張ります。

■ROUND4の試合結果

【ROUND5】4対4のラストを制した「Zaphkiel Gaming」がドン勝!

TPPモードでの2試合目、ドン勝を獲得したのは「Zaphkiel Gaming」。入れ替え戦を勝ち抜き、αリーグフェイズ2より出場しているチームで、βリーグからはAmyuzuki選手、sencal選手が加入し新体制に。ROUND5では、「Crest Gaming Xanadu」との4対4の圧巻のラストバトルを制し、ドン勝となりました。

Melfy選手、Amyuzuki選手、sencal選手、Faily選手

■「Zaphkiel Gaming」インタビュー

――ドン勝おめでとうございます!DAY1では15位という順位でしたが、ここでドン勝を獲得できた理由や今の心境を教えてください。

Melfy DAY1ではPochinkiに降りていたんですが、他チームとかぶってしまって物資や車が確保できず、DAY2からはミリタリーベースに降りていく作戦に切り替えました。それが上手く行ったと思います。

Amyuzuki DAY1が15位で、DAY2の1試合目も順位が低かったので、後がないなと思っていました。ここでドン勝が取れたのは、チームとして良い結果だったと思います。

sencal DAY1は初めてのオフラインということもあって、とても緊張していました。DAY2も1試合目は僕のミスで低い順位で始まってしまって、メンタル的につらかったんですけど、Amyuzukiが「気にすんな」と言ってくれて、リラックスして挑めました。3人のおかげでドン勝が取れたと思います。

Faily DAY1の物資も車も確保できないという状況を踏まえて、チームでいろいろと試して、今回はそれが結果に繋がったと思います。

――βリーグから新たに2名が加入されましたが、それぞれのメンバーの役割は決まっていますか?

Amyuzuki オーダーとアタッカーはMelfyに任せています。自分とFailyがサブオーダーとして、Melfyが力を最大限に生かせるようにサポートにまわるようなイメージです。

sencal 僕は雑用です!(笑)

Amyuzuki 彼は特に役割が決まっていないんですけど(笑)。今回はsencalが重要な場面でキルを取ってくれたので、あの1キルはありがたかったですね。

――βリーグの目標や意気込みを教えてください!

Melfy まずはClass1に残りたいです。まだまだ上も狙える順位なので、優勝もできたら狙っていきたいです。

■ROUND5の試合結果

 

新体制の「Sengoku Gaming Destroy」も、初ドン勝!
前のページ
1
2
次のページ

綾本 ゆかり

プロフィールを見る

ソーシャルゲームをつくっていた会社員時代を経て、現在はフリーライターとして活動。PUBGで観戦の楽しさを知ったことをきっかけに、eスポーツの世界へ。ゲームやプレイヤーの魅力を伝えるべく、イベントレポートやインタビューを中心に取材記事を執筆します。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る