【PUBG】撃ち合いの強さ重視!アグレッシブな戦い方で注目を集める「野良連合 4U」にインタビュー

JapanNo1選手、amonot選手Satou選手Brazilian選手 

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)のDMM GAMES公式大会「PUBG JAPAN SERIES」(以下、PJS)では、現在βリーグが開催されています。

今回は、そのPJS βリーグに出場中の「野良連合 4U」にインタビューを実施!

「野良連合 4U」は、「野良連合 白虎組」としてPJS αリーグに出場していたamonot選手、Satou選手の2名に、Brazilian選手、JapanNo1選手の加入を経て、新たな体制でPJS βリーグに出場。

βリーグ入れ替え戦では、6ROUNDトータルで61キルという記録を叩き出し、1位でClass1へ復帰。βリーグDAY1を総合2位でスタートし、DAY2終了時点では総合7位となっているチームです。

注目を集めるその強気な戦いぶりの背景について、「野良連合 4U」の4人に聞きました!

オーダー1人+アタッカー3人のメンバー構成

――まず最初に、新たなチーム名「4U」にどんな意味が込められているか教えてください。

Brazilian メンバー4人の「4」と、英語の”You”の意味で「U」をつけました。”あなた”とか”みんな”という意味もある”You”を入れることで、応援してくれている人や関係者の方々も含めて、「一緒に頑張ってるよ」という団結感を込めたチーム名です。僕が洋楽好きなので曲名からヒントを得て、シンプルなチーム名にしました。

――新たに2名が加入した新体制となりましたが、それぞれのメンバーの役割を教えてください。

JapanNo1 僕がオーダーで、あとの3人は全員アタッカーですね。ただ、それぞれアタッカーだけでなくカバーもできるメンバーなので、その時の状況によって役割も入れ替わりながらという感じです。

新チームには、どんなメンバーが必要だと思っていた?

――「野良連合 白虎組」のメンバーだったSatouさんとamonotさんは、新たなチームにはどのようなメンバーが必要だと考えていましたか?

Satou まず、僕らに足りなかったのはオーダーです。4人の思考をまとめるところに判断の遅さが出てしまっていたので、優秀なオーダーを探していました。オーダー以外には、オールマイティーな役割をこなせて、かつ撃ち合いが強いメンバーが必要だと思っていました。

撃ち合いが弱い選手が1人いるだけで、4対4の戦いであっても、実質4対3の戦いになってしまいます。4人でまとまったら絶対に勝てるチームにしたかったので、撃ち合いの強さも重視していました。

amonot 戦況を素早く把握して、自分で判断して動けるメンバーが必要だと思っていました。新たに加入したBrazilianは、まさにそれができる選手だと思います。

――JapanNo1さんは、βリーグ入れ替え戦への出場が必要なチームへの移籍となりました。このチームを選んだのは、どのような理由からでしたか?

JapanNo1 撃ち合いの強いメンバーとやりたいと考えていました。入れ替え戦に出る必要があるとしても、このチームなら全然負ける気はしなかったので、加入を決めました。

――Brazilianさんは、これまでプロチームに所属していたことはありますか?

Brazilian ゲーム歴そのものは長いですが、選手としての活動はこのチームが初めてです。オフラインでの試合は、このβリーグのDAY1が初でした。

「野良連合 4U」の”勝利に繋がっているポイント”とは?

――チームとして、「野良連合 4U」の”ここが勝利に繋がっている”と思うポイントを教えてください。

JapanNo1 対等に撃ち合える状況に持っていけば、絶対に勝ってくれるメンバーなので、僕は強気に指示を出すだけです。

Satou 4対4の撃ち合いだったら絶対に負けない自信があるので、その4対4で戦える状況をつくるオーダーの力と、それぞれの個人技の高さが勝利に繋がっていると思います。

Brazilian 個々の状況判断能力が高いので、オーダーを軸としてまわりのメンバーがしっかり意志を持って動いています。それが強さの秘訣かなと思います。

amonot 瞬時に状況を判断して、指示がなくても動ける個人の能力の高さは大きいと思います。

狙うは1位!強気なスタンスでβリーグでの勝利を目指す

――DAY1で総合2位というスタートとなりました。βリーグをどのように戦っていこうと考えていますか?(※DAY2の試合前にインタビューを実施)

JapanNo1 いつも通りにやるだけです。

Satou 強気にやっていれば、結果はついてくると思っています。

Brazilian 世界大会に出られる1位、2位までしか価値がないと思っているので、そこに入るように頑張りたいです。

amonot 強気に1位を目指して頑張っていきたいと思います。

――ファンからの期待も高まっていると思います。意気込みや応援してくださっている方々へのメッセージをお願いします!

JapanNo1 期待に応えられるよう、プレッシャーに負けずに頑張ります。

Satou 今、日本で注目されているチームは「SunSister Suicider’s」だと思うので、僕らが一番強いんだというところを見せて、その評判を塗り替えたいと思います。

Brazilian 「4U」というチーム名の通り、応援してくださっている人も力になっています。応援の分だけ鼓舞されるので、1位を目指して頑張ります。

amonot 絶対に1位を取るので、応援よろしくお願いします。

――「野良連合 4U」のみなさん、ありがとうございました!

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

綾本 ゆかり

プロフィールを見る

ソーシャルゲームをつくっていた会社員時代を経て、現在はフリーライターとして活動。PUBGで観戦の楽しさを知ったことをきっかけに、eスポーツの世界へ。ゲームやプレイヤーの魅力を伝えるべく、イベントレポートやインタビューを中心に取材記事を執筆します。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る