チーム買収の全貌に迫る!韓国ROX Gamingキム・ソンハン氏、日本7th heaven斉藤義明氏インタビュー

スイニャン
プロゲーマーの追っかけ出身である女性ライターのスイニャン(@shuiniao)がeスポーツ観戦に関するさまざまな情報やコラムを不定期でお伝えします

2018年6月14日(木)、日本のeスポーツ界にとって前代未聞の素晴らしいニュースが舞い込んできました。韓国の有名プロゲーミングチームROX Gaming(以下ROX)が、日本のプロゲーミングチーム7th heaven(以下7h)の買収を発表したのです。

ROXと言えば『League of Legends(以下LoL)』の世界大会「World Championship(以下WCS)」準優勝や、韓国プロリーグ「League of Legends Champions Korea(以下LCK)」優勝など華やかな成績を残している名門チーム。これまで日本語公式ツイッター開設など日本へのアプローチを進めてきた彼らが、ついに本格的に日本進出に乗り出したというわけです。彼らがパートナーに選んだ7hは、『LoL』や『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(以下PUBG)』部門を持つマルチゲーミングチーム。

このビッグニュースの全容を明らかにすべく、今回ROX Gaming Japanのチームリーダーであるキム・ソンハン氏と7hのオーナー斉藤義明氏にお話を伺ってきました。

日本市場を見つめてきたROXが7h買収に踏み切った理由

(左)7th heavenオーナーの斉藤義明氏、(右)ROX Gaming Japanチームリーダーのキム・ソンハン氏

――いきなり本題になりますが、まずは買収の経緯から教えていただけますか。

キム 我々ROXは、日本の『LoL』をずっと調査していました。その過程で、日本市場のポテンシャルが徐々に大きくなってきているのを感じたんです。とくに日本の選手について、今はまだ世界的な競争力はないものの、潜在力はあると見て買収の準備を進めてまいりました。なぜ7hだったかと言うと、意思の疎通において一番問題がなかったからです。

斉藤 僕、国籍は日本なんですけど母親が韓国人で、韓国にある外国人学校に通っていたことがあって。授業は全部英語なので覚えざるを得ない状況だったし、クラスには韓国人もいたので韓国語もそこで覚えました。

キム 言葉の壁がなければ我々が韓国で積み重ねたノウハウを伝授するのも楽ですし、7hの経営マインドや運営状況も良好だったので買収を決めました。

――斉藤さんとしては、オファーを受けてどう思われましたか。相当驚いたんじゃないですか。

斉藤 それがそうでもなくて、話をしているうちに意外とあっさり決まっちゃった感じだったんですよね。自分としてはひとりで運営をやることに限界を感じていて、2回目にお会いしたときにチーム売却を決めました。オーナーさんの誠実さも感じましたし、実際にどういう形になるのかなどを聞いたところ、自分たちにとって良いことだなと思ったので。

――では、具体的にどのようにチーム運営をしていく形になりますか。それから『PUBG』はチーム名が発表になりましたが、『LoL』のほうはどうなるのかも気になります。

斉藤 基本的に僕のやる仕事の内容が大きく変わるわけではなくて、総合的なことをやっていく感じになります。「eスポーツがエンターテイメントとして多くの人たちに楽しまれること」といった理念の部分の共有がスムーズにできたことによって、ひとつの会社として活動しやすい形になりました。日本国内では、僕ら2人が運営の中心になる形です。

キム それから我々はプロ選手の育成を目的とした「アカデミー」を韓国で運営しているので、そのシステムを日本へ持ってきて選手を育てていく方針です。将来的には、日本の選手を韓国へ連れて行って練習させたりもしたいですね。チーム名については『PUBG』の日本チームがROX Orcas Blue、韓国チームがROX Orcas Redという形で兄弟チームとして活動し、『LoL』については後日発表となります。

――eスポーツにおける両国の交流が、ますます盛んになりそうですね。ところでROXは日本語公式ツイッターで韓国情報を伝えていますが、今後は逆に韓国で日本の情報が流れたりするのでしょうか。

キム ROXは多言語でツイッターを運営しており、すべての言語で日本の情報を流してPRしていく予定です。7hのアカウントについては、日本のファンの皆さんのためのものという形で別途更新していきます。

具体的なゲームタイトルごとの今後の展開は?
前のページ
1
2
3
次のページ

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

スイニャン

プロフィールを見る

韓国在住経験5年。在韓中の2006年ごろeスポーツと出会い、StarCraft: Brood Warプロゲーマーの追っかけとなる。帰国後2009年ごろからさまざまなWEBメディアで取材・執筆活動を行うほか、語学力を活かして韓国人プレイヤーのインタビュー通訳・翻訳や国際大会の日本代表団引率通訳などの活動も行っている。自らはゲームをほとんどプレイせず、おもにプロゲーマーの試合を楽しむ観戦勢。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る