【PUBG】PJS βリーグ Phase2 Day5は「Crest Gaming Xanadu」がドン勝で1位浮上! ドン勝チーム&MOST KILL獲得選手インタビュー

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)のDMM GAMES公式大会「PUBG JAPAN SERIES」(以下、PJS)では、2018年6月23日(土)にβリーグ Phase2 DAY5の試合を実施。4~6ROUNDの3試合が都内オフライン会場にて行われました。

Class2から昇格してきたチームの活躍もあり、新たな展開を見せているPhase2。βリーグを通して終盤に差し掛かり、世界大会への出場2チームを決定するPhase1からの総合順位にも大きな注目が集まりました。今回も、ドン勝を獲得したチームとMOST KILL獲得選手へのインタビューをお届けします!

【ROUND4】「Zaphkiel Gaming」が、βリーグ2度目のドン勝!

FPPモードの「Erangel」で行われた1試合目は、「Zaphkiel Gaming」がドン勝。Phase1のDAY2に続き、βリーグを通して2度目のドン勝獲得となりました。このドン勝によって順位を上げ、DAY5終了時点でβリーグPhase2の総合順位は4位に。また、Phase1からのトータルポイントでも現在5位となっています。

Melfy選手、Amyuzuki選手、sencal選手、Faily選手

■「Zaphkiel Gaming」インタビュー

――ドン勝おめでとうございます!βリーグを通して2度目のドン勝となりましたが、手応えはいかがですか?

Melfy 前回のドン勝を取った時よりも、チームとして確実に成長しているなと思います。

Amyuzuki この1週間、各々の調子も良かったので、今日はいけるという気持ちがありました。初戦でドン勝が取れたのはすごく良かったと思います。

sencal Zaphkiel Gaming」は、αリーグPhase2の2日目、βリーグPhase1の2日目と、いつも2日目にドン勝していたので、今日もドン勝できるんじゃないかという謎の自信がありました。

Faily 動きが良くなってきて、今回いけるなという感じもあったんですけど、まさかドン勝が取れると思っていませんでした。素直に嬉しいです。

――前回ドン勝した試合と同じく、今回も終盤に4人生き残っていたことが大きかったと思います。4人生存で終盤を迎えるために意識していることはありますか?

Melfy チームメンバーの一人ひとりが離れすぎないように、カバーしあえる距離を保つようにしています。

――他にも、チームの動きとして何か意識していることはありますか?

Amyuzuki 安全地帯がどこになるかによって基本的に立ち回りを変えているんですが、特にFPPモードでは周りが見えにくいので、相手が近づきにくく、なおかつ見渡しのいい場所を最初に取ることを意識しています。

■ROUND4試合結果

【ROUND5】「PENTAGRAM Revive」が砂漠マップでドン勝!

TPPモードの「Miramar」で行われた2試合目は、「PENTAGRAM Revive」がドン勝を獲得。「PENTAGRAM Revive」は、βリーグPhase1のClass2で総合3位にランクインし、Phase2より新たにClass1へ出場しているチーム。Phase2から追加された砂漠マップ「Miramar」では、Class2からの昇格チームによるドン勝が続いています。

Sumoken選手、tyapatu選手、kr10選手、poly選手

■「PENTAGRAM Revive」インタビュー

――ドン勝おめでとうございます!βリーグPhase2からClass1に参戦し、ここでドン勝獲得となりました。今の気持ちを教えてください。

Sumoken 今回のドン勝で14位から4位まで総合順位を上げることができたので、この勢いに乗って総合1位まで目指して頑張ります。

tyapatu 今まで練習の場でもなかなかドン勝が取れなかったのですが、本番でみんなで知恵を絞り出してドン勝が取れて良かったです。

kr10 これまでPaR、Class2、Class1と出場してきましたが、PJSでは今まで一度もドン勝が取れていなかったので、今回ドン勝が取れて本当に嬉しいです。

poly 感無量です!

――Class1での初戦となったDAY4の内容を踏まえて、DAY5から動きを変えた部分などはありますか?

Sumoken ありますが、ムーブに関しての話なので詳しくは言えないです。

――このチームでは、あえてオーダーを決めないという体制を取っていると聞きました。

Sumoken オーダーを1人決めてしまうと、その人の状況によって判断ミスをする場面もあると思います。4人全員で考えることで絶対に良い案がひとつは出てくるので、それを実行するという形で臨機応変にやっています。

■ROUND5試合結果

ROUND6ドン勝の「CGX」、MOST KILL獲得選手にインタビュー!
前のページ
1
2
次のページ

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

綾本 ゆかり

プロフィールを見る

ソーシャルゲームをつくっていた会社員時代を経て、現在はフリーライターとして活動。PUBGで観戦の楽しさを知ったことをきっかけに、eスポーツの世界へ。ゲームやプレイヤーの魅力を伝えるべく、イベントレポートやインタビューを中心に取材記事を執筆します。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る