アジアの一番星。監督も兼任する「みかん坊や」選手に直撃!【クラッシュ・ロワイヤル】

シブゲー編集部

『クラッシュ・ロワイヤル』(以下、クラロワ)の第一線で活躍するプレイヤー達にフォーカスしたインタビューシリーズ
【けんつめし選手】

徹底した練習で磨き上げたプレイングによりアジア最多の勝利数を叩き出す、日本を代表する『クラロワ』プロプレイヤー、みかん坊や選手(@orange____boy)。

可愛らしいプレイヤー名だが、プレイに対するストイックな姿勢は、プロになるべくしてなったと唸らされる。今回はそんな強者の、過去と今とこれからに迫る。

『クラクラ』から『クラロワ』へ
導かれるように進んだ舞台

――最初に『クラロワ』との出会いから教えてください。

みかん坊や 『クラロワ』と出会う前に、『クラッシュ・オブ・クラン(以下、クラクラ)』をプレイしていました。高校を卒業して社会人になった時に、会社で同じ部署の先輩たちに勧められまして。そしてしばらくしたら『クラロワ』もリリースされたので、やってみようと。

――なぜ『クラクラ』から『クラロワ』へ移行したのですか?

みかん坊や 『クラロワ』では、キャラクターたちをより自分の意志で操作できるところが楽しくて、気づいたら『クラロワ』一筋になっていましたね。

――『クラロワ』ならではの楽しさが見い出せたわけですね。

みかん坊や それと『クラロワ』はリアルタイムの対人戦ということもあり、瞬時の判断を求められるので、勝ち負けの理由が分かりやすいとも思いました。

――そうして選んだ『クラロワ』で「みかん坊や」というプレイヤー名が瞬く間に知名度を高めていくわけですが、名前の由来を教えてください。

みかん坊や 「みかん坊や」という言葉をテレビでたまたま聞いたときに、ピンと来たのでお借りしました。特にみかんが好きとかではないですね(笑)。でも海外の選手も「みかん、みかん」と呼んでくれるので、今となってはこの名前にしてよかったなと。

徹底した練習で磨き上げたスキル
とことん突き詰める性格が功を奏す


――『クラロワ』にハマって、プロゲーマーになるほどに腕を上げていったわけですが、どのような取り組みをしていましたか?

みかん坊や 負けた試合を見直して修正していく、というやり方を繰り返していました。上手になるためには自分の悪い点を直すのが近道だと思ったからです。競技うんぬんは関係なく、単純に人より強くなりたいという一心でしたね。

――具体的にはどんなことをしていましたか?

みかん坊や “ホグフリーズ” というデッキを使い始めた頃は、フリーズというスペルカードを使うタイミングをよく間違っていたんです。一度失敗すると巻き返すのが難しくなるので、「打つべきタイミングをしっかり見極める」という練習をしていました。

――上達のカギはやはり練習あるのみと。

みかん坊や 練習の質はもちろんですが、量も重ねられたた人がやはり強いですね。僕自身もやり込み派なので、そういう性格が『クラロワ』でも活きていると思います。

――まさに徹底して鍛錬を積んで、今の立場まで駆け上がったわけですね。

みかん坊や 良くも悪くも、集中すると周りが見えなくなるタイプなんです。先日も、試合の移動のために羽田空港に行った時に電車の中で『クラロワ』をプレイしていたら、目的地で降り損ねてしまいまして(笑)。隣の駅まで行ってしまいました。

選手 “兼” 監督として挑んだプロの世界
天井知らずで伸びるクラロワ力
前のページ
1
2
3
次のページ

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る