「Overwatch World Cup」仁川グループステージ 日本代表チームの試合フォトレポートをお届け!

2018年8月17日(金)から19日(日)の3日間(PDTでは8月16日20時からの4日間)、「Overwatch World Cup」仁川グループステージが、韓国・仁川で行われました。
連日気温30℃を超える蒸し暑い天候にもかかわらず、多くの人が観戦のため会場に足を運びました。

Paradise City駅から徒歩3分、パラダイスシティ内にある「Studio Paradise」が会場となります。
前年も熱き戦いを魅せつけてくれた「Overwatch World Cup」のグループステージでしたが、今年も「BlizzCon 2018」への出場権をかけて、熾烈な戦いが多く繰り広げられました。
本記事では、その会場の様子をフォトレポートいたします!

試合録画一覧
Twitch
日本 vs ロシア
日本 vs 台湾
日本 vs 韓国
日本 vs フィンランド
日本 vs 香港
OPENREC.tv
1日目
2日目
3日目

仁川グループステージ 初日

▲ 試合会場の最寄りにあるParadise City駅。
なんと仁川空港から無料で利用可能です。他にも空港との間で無料バスも運行しています。
▲ 左手奥に見える建物が今回の仁川グループステージの会場である「Studio Paradise」です。
芝生に囲まれており、一見すると運動場と体育館のような印象。

 

さて、初日の試合が始まります。日本の初戦は…
▲日本 vs ロシア 戦。
ロシアには有名なDPSプレイヤーである「ShaDowBurn」と「Mistakes」が参戦しており
苦戦が予想されるマッチアップでしょう。
▲来場した観客の様子。
ステージで展開される熱戦の模様に視線は釘付けになっています。
▲日本代表チーム ta1yo選手のインタビュー。
流暢な英語と持ち前の快活さで、見事な受け答えをしています。
▲第1マップ目はなんと日本代表チームが先取!
これには会場も大いに沸きました。
▲しかし「Overwatch League」在籍選手を抱えるロシア代表チームの底力は凄まじく
試合は、3対1でロシア代表チームが勝利しました。
最後に選手達が握手を交わします。非常に見応えのある試合でした。
▲まずは初戦を終えた選手一同、お疲れ様でした!
2日目の試合も頑張って下さい!

 

仁川グループステージ 2日目

▲日本 vs 台湾 戦。
「Overwatch Pacific Championship 2017」などでは圧倒的な実力を見せつけていた台湾。
しかし日本も1年で着実に成長してきました。ライバル同士の戦いといったところです。
▲現地の実況・解説の様子。
会場と選手を背に、力のこもった実況・解説を行っています。
▲今日は勝つ! 強い意気込みを感じます、日本代表の選手一同です。
▲結果、3対1で日本代表チームが見事勝利!
今回の「Overwatch World Cup」において初の白星となります。
▲喜ぶ日本代表チーム。
思わず笑みがこぼれています。
▲その瞬間を逃さない、日本代表チーム Community Leaderの みずイロ氏。
日本へ現地の模様を届けるため、撮影を続けていますね。
▲日本代表チームへの勝利インタビュー(ta1yo選手)。
身振りも合わせてしっかりと喜びを表現しています。
▲大会2日目、韓国戦前のセッティングタイム。
ホームチームであり、世界最強の代表チームでもあるので、会場全体に緊張感が漂います。
▲場数を踏んでいる韓国代表チームの選手も、緊張するのは同じです。
▲日の丸を背に待機する日本代表チームの選手達。
先頭のCLAIRE選手が羽織っている日の丸国旗には、日本ファンからの応援メッセージが一杯に書かれています。
▲日本代表チームの選手達の登場です!
観客も熱い拍手で迎えてくれます!
▲日本 vs 韓国 戦。
韓国代表チームは、今大会で最も手強い相手となります。名実共に世界最強の代表チームです。
▲いよいよ試合が始まります。
▲これまで以上に集中する日本代表チームの選手達。
一心不乱に試合に意識を傾けています。
▲フィードバックタイム。
互いに目線を交わしながらコミュニケーションを取っています。
▲会場に詰めかけた観客からも盛大な応援。
スティックバルーンを左右に揺らして、会場一体で選手一同を応援している様子です。
ちなみに観客の7~8割は女性という光景にも驚かされます。
▲最終結果は0対4。韓国の前に敢えなく敗北した日本。
流石の絶対王者、想像を超えた強さでした。
▲試合直後の握手の様子。
▲日本代表チーム、選手の前では笑顔のJerophilip氏。
▲選手がステージを後にした時にふいに見せた、Jerophilip氏の辛そうな表情。

 

仁川グループステージ 3日目

▲日本代表チームの応援に、会場まで駆けつけた日本人サポーター。
試合前から席を確保していた様子です。
▲日本 vs フィンランド 戦。
2017年は非常に良い勝負を繰り広げたマッチアップですが
今年のフィンランドは「Overwatch League」在籍中のプレイヤーが多く、苦戦が予想されます。
▲ベストメンバーにて試合に挑む日本代表チームの選手達。
最終日も全力で挑みます。
▲この日も盛り上がった観戦模様。
試合の最中は力強い歓声が会場内に鳴り響きます。
▲マップの切り替わりでta1yo選手が参戦。
マップごとに選手交代を行い、チーム全員全力で試合に臨んでいます。
▲試合終了。
フィンランド代表チーム、凄まじく強かった!
▲試合結果0対4でフィンランド代表チームの勝利となりました。
フィンランドはチーム全員が「Overwatch League」プレイヤーであり
今大会での強さは、韓国代表チームにも負けず劣らずの完成度でした。
▲最後の相手は香港代表チーム。
日本にとっては締めのマッチアップ。絶対に勝ちたい相手となっています。
▲セッティング中の様子です。
最後の戦いを前に、念入りにセットアップしています。
▲最終戦、負けられません!
フィンランド戦の敗戦の悔しさをバネに、凄まじい気迫で挑んでいます。
▲4対0で日本の勝利!
▲香港代表チームの選手たちと握手を交わします。
全ての試合を終えた選手の皆さん、本当にお疲れさまでした。
▲ta1yo選手へのインタビューでは9月にタイで開催される「Overwatch Contenders 2018 Season 2: Pacific Playoffs」、そして来年の「Overwatch World Cup」への意気込みも述べていました。
インタビューを常に英語で受け答えしていたta1yo選手、最後に敢えて日本語でコメントをした際には会場の現地ファンから大歓声が。

 

仁川グループステージで、日本代表は2勝3敗という記録。6チーム中4位にランクされる結果となりました。
しかしta1yo選手のインタビューの通り、「Overwatch Contenders 2018 Season 2: Pacific Playoffs」そして、来年の「Overwatch World Cup」での活躍が期待できる、そんなチーム力を見せてくれました。
十分な成長と可能性を世界に向けて発信した日本代表チーム、本当にお疲れさまでした!!

 

最後に少しだけ会場の模様をお届けします
前のページ
1
2
次のページ

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る