日本初、重度障害者向けプロゲーマー養成所が誕生!プロeスポーツチーム「Unsold Stuff Gaming」と提携、受講者の募集も開始

2018年8月27日(月)、群馬県で障害者支援事業を展開する株式会社ワンライフが、介護福祉施設「iba-sho」にて、重度障害者がプロゲーマーを目指せる養成所「One Game」を開設し、受講者の募集を開始することを発表しました。

施設に限りがあるため先着10名までの募集となりますが、利用料は無料(※)で、遠方からの希望者には住居を用意し自立をサポートすると述べられています。

※世帯収入によっては利用料金が発生する場合があります。

One Gameは「1人でも多くの人を障害に対して前向きにしてあげたい」「1人でも多くの人の選択肢を増やし、希望が持てるようにしてあげたい」といった想いから、今までの施設にはない、以下のような環境が整えられています。

1.遠方からの利用希望者の場合は住居を用意
施設に通うことが困難な遠方の希望者には住居を用意し、家族と一緒のみではなく自立してチャレンジ出来るような仕組みづくりをします。

2.eスポーツのプロチーム(Unsold Stuff Gaming)と提携
より本格的な指導を行うためにプロによる直接指導、web上のコーチング、練習試合まで完全サポートしていきます。

3.利用者の障害に合わせてeスポーツ専用機器の開発
重度障害者がより高いパフォーマンスを発揮できるよう、それぞれの特徴に合わせて、eスポーツに特化した専用器具の研究、開発を行っていきます。

 

詳細はオフィシャルサイトにてご確認頂けます。
手続きや利用対象者についてなどの問合せ事項なども掲載されています。

 

「One Game」の目指すビジョン

eスポーツは「2018年アジア競技大会」の公式公開種目に採用されるなど、急激にその規模を拡大しています。そういった動きの中で、eスポーツは今後、「大きな舞台で健常者と対等に戦える新しい場」になるのではないかと予想しています。健常者と障害者の壁を無くし、いずれは日本を代表出来るような団体になることを目指して、One Gameは日々活動していきます。

※プレスリリースより引用

募集概要

募集人数 :10名
対象年齢 :18才~65才
その他条件:障害区分3以上

施設概要

施設名称 : iba-sho
所在地  : 群馬県伊勢崎市西久保町3丁目1040-1
敷地面積 : 705.15平方メートル
建物面積 : 335.79平方メートル
延べ床面積: 322.32平方メートル
建物規模 : 地上1階建
構造   : 木造
駐車場  : 22台

 

参考リンク
プレスリリース
障害福祉サービス・就労支援・児童発達支援・生活介護 | 株式会社ワンライフ
プロゲーマー養成所「Onegame」

 

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る