絶対王者 vs. 挑戦者、「CoDプロ対抗戦」グランドファイナルで激突する2チームの軌跡

記事執筆:堀越滉平(@r1koshiii

2018年4月から半年間に渡って行われた「コール オブ デューティ ワールドウォーII プロ対抗戦」(以下、プロ対抗戦)。決勝に進出する2チームが決まる第5回は、一般のオーディエンス約600名を迎えて行われ、大きな歓声のなか幕を閉じた。

熾烈なリーグ戦を勝ち抜き、決勝に進んだのは「DetonationN Gameing」と「Libalent Vertex」だ。

第5回終了時点の各チームのポイント

両チーム共に、試合を重ねるごとに個々のスキルはもちろん、メンバーの連携力も磨かれており、チームとしてはまさに “仕上がった” 状態で決勝戦に臨むという印象だ。DetonatioN GamingとLibalent Vertexが決勝でどんな試合を見せてくれるのか、非常に楽しみである。

今回は、決勝に進出する両チームがリーグ戦開催期間中、どのような戦いを繰り広げてきたのか振り返っていく。

第1回から安定した強さを見せた「DetonatioN Gaming」

プロ対抗戦の初戦が行われたのは、4月21日(土)のこと。DetonatioN Gamingは決勝戦に出場するメンバーが全員初戦に参戦していたが、当時AliceWonderland(アリス)選手とxAxSy-(アクシー)選手は4月に加入したばかりだった。

AliceWonderland選手をリーダーに迎えての初戦。対CYCLOPS athlete gaming戦では、CAPTURE THE FLAGにおいてCYCLOPS athlete gamingの鉄壁の守りを崩すことが出来なかった。HqBRa(ハブラ)選手の撃ち合いの強さに押されてDetonatioN Gamingはポイントを落としてしまった。

AliceWonderland選手

続くHARDPOINTでは心機一転、オフェンシブな立ち回りを見せた。エリア前でCYCLOPS athlete gamingを止める、DetonatioN Gamingが得意とする試合運びのプロトタイプとも言える安定したゲーム展開で勝利を収めた。

体制変更から間もない初戦であったが、DetonationN Gamingは3-1で勝ち星を獲得。個々のスキルの高さにも目を見張ったが、特筆したいのは各人が己の役割を正確に把握していたことだ。新たなメンバーを迎えてはいたものの、彼らは “チーム” としてほぼ完成していた。

DetonatioN Gamingのチームワークはその後も磨きが掛かり、第2回、第3回……と戦いを重ねるごとに、より安定した強さを見せている。

【第4回】コール オブ デューティ ワールドウォーII プロ対抗戦|YouTube

まさに危なげない試合運びが特徴的とも言えるDetonationN Gamingだが、個人的に最も手に汗握って観戦した第4回の対SCARZ戦の試合をピックアップして紹介したい。

プロ対抗戦第3回が終了した時点で単独首位だったDetonationN Gamingと、5位に甘んじていたSCARZによる試合だ。

LONDON DOCKSでのHARDPOINTから始まり、お互いに一歩も譲らない拮抗した試合展開になった。エリアが1周した段階でのスコアは108-118。制圧している拠点と次の拠点を同時に抑えるDetonatioN Gamingがポイントを稼ぎ、Galiard(ガリアード)選手が滑空爆弾などのスコアストリークを駆使して、SCARZを拠点に入れさせない強固なディフェンスを見せた。

Galiard選手

Galiard選手は連続キルを重ねて巧みにスコアストリークを回しており、味方の通り道を切り開くだけでなく、同時に味方がスコアストリークを獲得できるような流れを作っていた。スコアという観点では拮抗した試合だったが、Galiard選手は冷静に有利なポジションを見つけて立ち回っていた。

しかしSCARZは、Leisia(レイシア)選手のマルチキルやHunt(ハント)選手の活躍によって突破口を開き、ポイントを伸ばしていく。SCARZのポイントは180に到達。拠点内に入ってくるDetonationN Gamingをしっかり抑えていた。

強烈な反撃を機に有利な状況を作っていたSCARZだが、DetonationN Gamingはやはり安定した撃ち合いの強さを見せつける。この試合は、結果的に250-207でDetonationN Gamingが勝利を収めた。緊張感に満ちたゲーム1に続き、ゲーム2、3と白熱した試合を見せた第4回は、終始手に汗握る展開だった。

GenGar AX選手

たとえ拠点を制圧されていたとしても、SMG陣のGaliard選手、GenGar AX(ゲンガー)選手が前線に飛び出して拠点を取り返し、xAxSy選手、AIiceWonderIand選手のAR陣が後方からカバーする。拠点を奪還・制圧する連携は鮮かで、軍の特殊部隊さながらの洗練された動きだ。

AIiceWonderIand選手率いるDetonationN Gamingは先に述べたように、現メンバーが揃ってから半年しか経過していない。しかし、個人の研ぎ澄まされたスキルと連携力の高さを兼ね備えたその様は、既に王者の風格を漂わせている。

王者に挑むのは、驚異の巻き返しを見せた「Libalent Vertex」
前のページ
1
2
次のページ

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

堀越 滉平

プロフィールを見る

FPS・TPSが大好物な新米ライター。「話題のゲームはとりあえず買っておく」がモットーなせいで、未開封なゲームを積みがち。いつかeスポーツの大会で東京ドームが埋まる光景を見たい。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る