【PUBG】「SunSister Suicider’s」が再び王者に!PJS Season1 Phase1 DAY3優勝チーム&ドン勝チーム&MOST KILL選手インタビュー

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)のDMM GAMES公式大会「PUBG JAPAN SERIES」(以下、PJS)では、2018年10月6日(土)にSeason1 Phase1の最終日となるDAY3の試合を実施。9~12ROUNDの4試合が都内オフライン会場にて行われ、Grade1のPhase1優勝チームが決定しました。

今回は、DAY3の各ROUNDでドン勝を獲得したチームとMOST KILL獲得選手、そして今シーズン4回のドン勝を獲得し、Phase1優勝に輝いた「SunSister Suicider’s」へのインタビューをお届けします!

【ROUND9】DAY3に怒涛の追い上げ!「DetonatioN Gaming」がドン勝

FPPモードの「Miramar」で行われたROUND9で、ドン勝を獲得したのは「DetonatioN Gaming」。βリーグではClass2への降格を経験しましたが、Season1から再びGrade1に戻ってきたチームです。

Season1からはGokuri_選手、albert選手を加えた新たな体制に。ROUND9以降も続けて高順位を獲得し、DAY2終了時点での総合11位から総合4位まで怒涛の追い上げを見せました。

Meowfo選手、Axell選手、Gokuri_選手、albert選手

■「DetonatioN Gaming」インタビュー

――ドン勝おめでとうございます!DAY2終了時で総合11位というところから、ここでドン勝が獲得できた率直な心境を教えてください。

Meowfo  1回ドン勝が取れるだけで降格圏内から逃れられるという状況だったので、ここでドン勝が食えて本当に良かったです。

Axell DAY2の1試合目で、自分があと1人倒せていれば1位という場面があって、その試合がめちゃくちゃ悔しかったので、今回ドン勝が取れて良かったです。

Gokuri_ DAY1・DAY2があまり良い結果ではなく、今回も降格の可能性があるという状況だったので、DAY3の1試合目でドン勝が取れて、とりあえず一安心という気持ちです。

albert DAY2までは少しコケてしまって、DAY3はドン勝を取りたいと思っていたので、取れて良かったです。

■ ROUND9の試合結果

【ROUND10】今シーズン4度目!「SunSister Suicider’s」がドン勝

FPPモードの「Erangel」で行われたROUND10で、ドン勝を獲得したのは「SunSister Suicider’s」。これによってDAY1からDAY3まで、FPPモードの「Erangel」すべての試合でドン勝を獲得した結果に。

今シーズンにおいて通算4度目のドン勝となる圧勝ぶりで、総合2位とは点差を大きく引き離しての総合1位に輝きました。

Sabrac_選手、gabha選手、CiNVe選手、CrazySam選手

■「SunSister Suicider’s」インタビュー

――ドン勝おめでとうございます!今シーズンに入ってかなり好調ですが、βリーグと比べて“ここがパワーアップした”と思うところについて教えてください。

Sabrac_ Season1になってから、メンバーが変わったこともそうですが、コミュニケーション能力が格段に上がったと感じています。それから、海外大会への出場も経て、良いところをしっかり吸収できているのかなとも思います。

gabha 徒歩での戦闘のコミュニケーションが上がったことが、強さに繋がっているのかなと思います。

CiNVe 僕は今シーズンから新メンバーとして入りましたが、2人も言っている通りコミュニケーションが一番大事なので、それがしっかりできているところがドン勝に繋がっていると思います。

CrazySam 次のエリアに向かう際に、βリーグでは何も情報がない場所に突撃するパターンも多かったですが、今シーズンではめったにしていません。最後の手段としてそれを使うようにしていて、行き先の安全を確保する方法を取っているので、それが勝率の違いになっていると感じます。

■ ROUND10の試合結果

【ROUND11】「PENTAGRAM Acri」がオフラインで初のドン勝!

TPPモードの「Miramar」で行われたROUND11で、ドン勝を獲得したのは「PENTAGRAM Acri」。βリーグPhase2においてClass2の総合3位を獲得し、Season1よりGrade1に昇格したチームです。

初のオフライン参戦となった今シーズンでは、DAY1で総合9位、DAY2で総合7位と着実に順位を上げ、最終的に総合5位まで順位を伸ばしました。

Pepper選手、Odenkunn選手、PKMN選手、timatin選手

■「PENTAGRAM Acri」インタビュー

――ドン勝おめでとうございます!Grade1に昇格して着々と順位を上げていますが、ここでドン勝が取れた今の気持ちを教えてください。

Pepper 慣れないオフライン環境で、昇格してきたチームの中では頑張っている方だと思うんですけど、まだまだ自分たちの目指しているものは違うので、これからもっと気合いを入れて頑張りたいと思います。

Odenkunn ドン勝が取れて素直に嬉しいです。自分たちはFPPが2試合とも順位が悪く、TPPでやっとドン勝が取れて、順位も上げることができたので本当に嬉しいです。

PKMN 本当はもっとドン勝を取りたかったんですが、FPPの試合があまり上手くいかなくて。今回はTPPでエリアも寄ってきたので、やっとという感じですけど、ドン勝が取れて本当に良かったです。

timatin 今シーズンの3日間通して初のドン勝なので、素直に嬉しい気持ちと、もっと前に取りたかったという気持ちもあります。

■ ROUND11の試合結果

【ROUND12】Phase1ラストは「Rascal Jester」が2度目のドン勝!

TPPモードの「Erangel」で行われたROUND12で、ドン勝を獲得したのは「Rascal Jester」。今シーズンにおいて、DAY2のROUND8に続く2度目のドン勝となります。

ROUND11終了時点では総合4位となっていましたが、このドン勝によって「Crest Gaming Xanadu」と「DetonatioN Gaming」を抜き、Phase1の総合2位を獲得しました。

Maron選手、SeaKingJAWS選手takomayoさん(解説)、kendesu選手Billon選手 

■「Rascal Jester」インタビュー

――ドン勝おめでとうございます!「DetonatioN Gaming」が一気に追い上げてきている状況もありましたが、最終ROUNDにはどのような気持ちで挑んでいましたか?

Maron 前の3試合があまり良くないと、最後はいつも吹っ切れて思い切った良いプレイができるように思います。

SeaKingJAWS 追い上げとかはあまり気にしていなくて、最後のROUNDだから”1位か20位か”という気持ちで、思い切っていこうという感じでした。

kendesu 「DetonatioN Gaming」が追い上げてきているのはわかっていましたが、総合ランキングは見ないようにしていたので、それほど意識せず試合に臨みました。最後にドン勝が取れて嬉しかったです。

Billon 僕はまわりに比べて実力がまだまだ劣っているので、最終試合はしっかり味方の指示を聞いて、なるべく足を引っ張らないように頑張りました。

■ ROUND12の試合結果

MOST KILLのpoly選手、Phase1優勝の「SSS」にインタビュー!
前のページ
1
2
次のページ

綾本 ゆかり

プロフィールを見る

ソーシャルゲームをつくっていた会社員時代を経て、現在はフリーライターとして活動。PUBGで観戦の楽しさを知ったことをきっかけに、eスポーツの世界へ。ゲームやプレイヤーの魅力を伝えるべく、イベントレポートやインタビューを中心に取材記事を執筆します。

あわせて読みたい

NEW

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る