PAGE: 2 / 2

【TGS 2018】東京ゲームショウで見つけたeスポーツ(になるかもしれない)インディーゲームたち 後編

藤縄 優佑

どのゲームも着実に完成に近づいていることを実感

「アーケードモード」を実装!オンライン対戦も確定した『Ballistic Craft』

引用元:PalladiumSoft

『Ballistic Craft』は、自作したショットを用いて、相手と1対1で戦う対戦アクションシューティングゲームです。1度に発射する弾数や軌道などを細かく設定しながらオリジナルショットが作れるので、腕前はもちろんですが、発想力もキモとなります。
発売時期は2019年前半を目標としており、プラットフォームはPC(Steam)。

参考:ぼくのかんがえたさいきょうのショットを作り出せる『Ballistic Craft』

BitSummitから大きく変わった点は、「アーケードモード」を実装したことでしょう。フィールドを探索しながら話を進めて、敵と戦えます。敵を倒すとショットが手に入るため、操作を覚えながらショットをコレクションする楽しみも味わえるのは魅力的ですね。

また、リリース時からオンライン対戦可能ということも確定したとのこと。オンライン対戦でオリジナルのショットと自分のプレイスキルがどこまで通用するのか、チャレンジしたくなります。

『Ballistic Craft』は『カスタムロボ』を発想の下地としたゲームですが、当の『カスタムロボ』開発者である見城こうじ氏がディレクターを務める『Synaptic Drive』も発表されました。
どちらも「対人戦を楽しんでほしい」という根っこは共通するものの、システムやプレイフィールは異なるので、どちらか遊べばもう片方は遊ばなくてもわかるというものではありません。両方試遊した身としては、どちらもリリースが楽しみで、続報を追いかけていきたいと思います。


なお、『Synaptic Drive』についてはこちらの記事を参照してください。

 

生身でロボットに立ち向かえるメカアクション『Code: HARDCORE』改め『HARDCORE MECHA』

中国 RocketPunch Gamesの『HARDCORE MECHA』(『Code: HARDCORE』から改題)は、『スーパーロボット大戦』をリスペクトして作られている2Dアクションゲームで、SD(スモールデフォルメ)風でも精密に描かれたグラフィック・アニメーションが魅力です。
対戦モードでは最大で4人対戦が可能。相手を倒すともらえるポイントを集め、制限時間内に最もポイントを稼いだプレイヤーが勝者となるルールで競い合います。
PC(Steam)およびPlayStation 4向けにリリースするとのお話でした。

参考:スパロボ愛をビシビシ感じる2Dロボットアクション『Code: HARDCORE』

TGS 2018では、ストーリーを堪能できる1人用のキャンペーンモードが体験できる状態で展示。ストーリー自体もほぼ完成しているとのことで、順調に開発が進んでいるようでした。

対戦部分に関しては、バトル中にロボットから降りられるようになっていました(BitSummitの頃からできていたかもしれませんが、当時は気づきませんでした)。
パイロットのいないロボットを倒しても獲得ポイントが少ないため、撃破されると思ったら緊急脱出しておくことで、ライバルとのポイント差を抑えられるようになります。
また、生身でロボットを倒すのは非常に難しいらしいですが、不可能ではないそう。「撃破されるかもしれないけど最後までロボットで戦ってみる」「やられそうだと判断したらすぐに緊急脱出し、生身の状態で一矢報いてみる」など、同じ状況でもプレイヤーによって取るアクションが変わってきそうなところが、個人的には面白そうに感じます。

 

もっと「踏ん張ってる感」が出るようにチューニングされた『BATTLLOON – バトルーン』

『BATTLLOON – バトルーン』は、PC(Steam)とNintendo Switchでリリースを予定している、最大4人対戦可能なアクションゲームです。
風船をモチーフにしたキュートなキャラを操ってステージを飛び回り、壁に設置されたトゲに相手キャラを押し込んで倒すとコインをゲット。いち早く規定数のコインをためたプレイヤーが勝ちという、わかりやすいルールが設定されています。

参考:ほのぼのバトルロイヤル『BATTLLOON – バトルーン』

BitSummit時から完成度が高いように感じましたが、TGS 2018ではグラフィックをブラッシュアップ、慣性の効き具合にも手を加えたものが展示されたようです。
慣性の効き具合についてもう少し突っ込んだ説明をすると、BitSummitのときは進行方向と逆向きに空気を噴射してもすぐには止まらず、だいぶ滑るように移動していました。この滑り具合がシビアすぎると開発陣は判断してチューンし直し、トゲにギリギリぶつからないところで踏ん張れるようになったといいます。
試遊させてもらったり、ほかの来場者の試合を見ていると、たしかにそういったシーンがBitSummitの頃より多く見られるようになりました。これにより、攻撃する側も耐える側も白熱し、より多くの人が熱中しやすくなったと思います。

『BATTLLOON – バトルーン』は、触ってもらいさえすれば誰もがハマるゲームだと確信しています。キャラデザインは親しみやすく、操作とルールはシンプル。自然と集中してプレイするので、短時間遊んだだけでもやりきった気持ちになれるのも魅力です。
暴力的な描写もないので、友人や家族とも安心して遊べるゲームだといえます。家族や親せきが集まったとき、皆でわいわい遊んでみるのも似合いそうなゲームでした。

 

インディーゲームは注目されてきてはいますが、脚光を浴びる機会はまだまだ少ない状態です。eスポーツの発展とともに育ってもらい、「こんなに面白いインディーゲームがあるんだからeスポーツ化してほしい」という声がそこらじゅうで上がるようになってくれる日がくると、個人的には非常にうれしいですね。

前のページ
1
2
次のページ

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

藤縄 優佑

プロフィールを見る

波動拳コマンドすらおぼつかないレベルの腕前だが、ゲームは好きなライター・編集者。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る