【PUBG】Grade1へストレート昇格!PJSで活躍を見せる新星「PNG Fairy」にインタビュー!

綾本 ゆかり

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)のDMM GAMES公式大会「PUBG JAPAN SERIES」(以下、PJS)では、現在Season1が開催されています。

今回は、そのPJS Season1に出場している注目チーム「PNG Fairy」にインタビュー!

「PNG Fairy」はβリーグにおいて、PaRへの出場からGrade1まで”ストレート昇格”。Season1では、「東京ゲームショウ」(以下、TGS)の舞台でもドン勝を披露するなど、現在一気に存在感を増しているチームです。

注目度急上昇中の「PNG Fairy」とは、いったいどんなチームなのか? 気になるチームの裏側に迫ります!

Sw_bear選手Apple4G選手d_AzuR選手Shianblue選手

なお、今回のインタビュー記事では、海外ゲーミングデバイスのECサイト「ふもっふのおみせ」と連動したプレゼントキャンペーンを実施中!

話題沸騰中のゲーミングマウス「Finalmouse Ultralight Pro Competition White」と「Dream Machines Gaming Mouse DM1 FPS – Blizzard White」に、「PNG Fairy」選手4人のサインを入れて各1名様にプレゼント!

2018年10月19日(金)14:00 ~ 10月26日(金)13:59まで、「ふもっふのおみせ」と「PNG公式アカウント」のTwitterアカウントをフォロー&キャンペーンツイートをRTで応募できます。キャンペーンの詳細はインタビューの最後に記載していますので、ぜひチェックしてくださいね!(※本キャンペーンは終了致しました。多数のご応募ありがとうございました!)

βリーグPaRの直前、急遽集まったメンバーが「PNG Fairy」に

――まずは、今のメンバーがどのように集まったのか、チーム結成のきっかけから教えていただけますか?

Sw_bear 今年の2月頃に、当時アマチュアチームだった「PNG」がメンバー募集をしていて、そのトライアウトを受けに行ったのが最初ですね。

Apple4G 僕は「PNG Fairy」の初期メンバーだったので、Sw_bearとはその時からチームを組んでいます。

Sw_bear ただ、αリーグの時点では、自分も含めてまだ18歳以下だったメンバーが複数いたので、PJSに出ることは想定していませんでした。その後、βリーグが始まる直前に「PNG」がプロチーム化するタイミングで、突然「PaRに出よう」という話になったんです。

d_AzuR 僕はもう1つのチームの「PNG ADELIAE」にリザーブとして所属していたんですけど、「PNG Fairy」がPaRに出場するメンバーが足りないと言われて。それで、自分が急遽入ることになって、今リザーブにいる1GODzilla1を含めた4人が集まったのが始まりです。

――「PNG Fairy」は突然現れた”新星チーム”という印象でしたが、まさにβリーグのPaR直前にメンバーが集まった新しいチームだったんですね。

Sw_bear もともとd_AzuRは、「PNG ADELIAE」のRelaiveさんの弟分みたいな感じで付いてきてて(笑)。そしたら、Relaiveさんに「Fairyで育ててあげて!」って言われて、こっちのチームに来たんですよ。

d_AzuR チームで活動した経験もほとんどなく、スクリムの経験もなかったので「PNG ADELIAE」の中でも育成枠だったんです。それが、いきなり「PNG Fairy」に放り込まれてPaRに出て、気づいたらストレートでGrade1まで行ってた、みたいな……。

Shianblue 今Grade1に出ているチームの中でこれだけ新しいチームって、あんまりないですよね。

Sw_bear 突然PJSに出場することになって、メンバーが集まったのも本当に急だったし、まさかGrade1に上がれるとは自分たちでも思ってなかったです。

Sw_bear選手

Season1からShianblue選手が加入。その時メンバーの反応は?

――Season1からShianblueさんが加入されて、今の体制になりました。チームへの加入はどのような経緯だったのでしょうか?

Shianblue Season1が始まるギリギリのタイミングでの移籍だったので、もうその頃ほとんどのチームが募集を出していなくて。そんな中でチームを探していたら、最初に「PNG」がすぐ返事をくれて、対応もすごく丁寧だったので即決したんです。Season1が始まるまで全然時間がなかったので、少しでも早くチームを決めて練習したいと思っていました。

――世界大会「PGI」を経験した選手(※)が加入することになったわけですが、みなさんの反応はいかがでしたか?

※Shianblue選手は、PJS βリーグで「Crest Gaming Xanadu」のメンバーとして総合優勝。今年7月には、ドイツで開催された賞金200万ドルの世界大会「PUBG Global Invitational 2018(PGI 2018)」に出場。

Sw_bear βリーグに出ていた1GODzilla1は沖縄に住んでいるので、オフラインに出場する負担の大きさもあって、Season1からはリザーブにまわることが決まっていたんです。なので、メンバーを募集していたんですけど、ずっと決まらない状態が続いていました。そしたら、マネージャーから急に「Shianblueさんから連絡来たけど……」と言われて、「え!?」ってなって。

d_AzuR チームで騒然としてたよね(笑)。

Apple4G びっくりですよ。「なんでうちに来た!?」みたいな。

Sw_bear トライアウトの時も俺らふざけまくってたから、「これ本当に入ってくれるんかな……?」って。

Shianblue いやいや、こっちが「入れてもらえるかな」っていう側だから(笑)。

Shianblue選手

楽しい雰囲気そのまま、大会の試合中でも普段と変わらない空気

――「PNG Fairy」は、どんな雰囲気のチームですか?

Apple4G 超ワイワイですね。試合中でも普段とまったく変わらないです。

Sw_bear 大会の試合中も、一生しょうもない雑談してますね。

d_AzuR 練習と変わらず、そのままの空気で大会に出ている感じです。

――試合で上手くいかず、チームの空気が重くなったりすることもありますか?

Sw_bear あまりにもコケすぎた時は、「これやらかしたな……」みたいな空気になることもあります。でも、次の試合には引きずらないですね。

Shianblue すごく切り替えが上手いチームだと思います。

Apple4G 椅子に座ったら、だいたいみんなふざけ出すので(笑)。

――こうやってインタビューしている中でも、本当に雰囲気の良いチームだなという空気が伝わってきます。

d_AzuR DAY3の試合なんかは、ほぼ家にいるような感覚でした。最終ROUNDの序盤とか、「拳だ~!」って叫びながら敵に向かってジャンプして爆笑したり(笑)。

Apple4G 撃たれてジャンピング土下座になってたな。

ROUND12の試合序盤。武器を持っていない状態で、不運にも敵に狙われてしまったd_AzuR選手の「拳だ~!」のシーン。

――ありましたね(笑)!ジャンプしながら拳を振り上げるシーン、ばっちり映っていました。

Shianblue あの場面、選手席の様子も配信で映ったみたいで、Twitterとかでも「Fairyすごい雰囲気良いな」って言われてたくらい。あの状況で「え、何やってんのお前……」って空気にならないところがFairyらしいなと思います。

Apple4G まぁたしかに、あれ3試合かなりコケた後の最終ROUNDだったからな……(笑)。

オーダーを決めず、チーム内で話し合って決めるスタイル

――チーム内で、試合中における役割はそれぞれ決まっていますか?

Sw_bear 自分がアタッカーとして前に出て、他のメンバーがサポートという感じです。これまでオーダーは、ずっとApple4Gがやっていたんですけど、βリーグが終わった頃に「俺、オーダー疲れたわ。もう無理や……」と言い出して(笑)。それで、たしかにオーダーって大変だよねという話になり、気づいたらみんなで話し合って決める流れになっていました。

――なるほど、そうすると現在「PNG Fairy」にはオーダーがいないんですね。

Sw_bear 今は、Apple4GとShianblueの2人がメインで話していることが多いです。

d_AzuR 残りの2人は「こっちの方がええんちゃう?」と、ちゃちゃを入れるくらいですね。

――判断のスピードを重視してオーダーを決めておくチームも多いですが、そのあたりはいかがですか?

Sw_bear 案が出たらだいたい「よし、それでいこう」となるので、あまり意見がぶつかることはないんですよね。

d_AzuR 次に行こうって考える場所も、ほとんど一緒だしね。

Apple4G チームの動きがある程度、決まってきているというのはあります。

Shianblue 練習でも同じ場所を取るようにしていたり、事前の準備を大事にしていて。そのおかげで、みんなが意見を出してもすぐに決められる形になっていると思います。

PaRからGrade1へストレート昇格!その強さの理由とは?
前のページ
1
2
3
次のページ

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

綾本 ゆかり

プロフィールを見る

ソーシャルゲームをつくっていた会社員時代を経て、現在はフリーライターとして活動。PUBGで観戦の楽しさを知ったことをきっかけに、eスポーツの世界へ。ゲームやプレイヤーの魅力を伝えるべく、イベントレポートやインタビューを中心に取材記事を執筆します。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る