サッカー専門学校「JAPANサッカーカレッジ」がeスポーツマネジメントコースを新設

シブゲー編集部

新潟に拠点を置くサッカー総合専門学校「JAPANサッカーカレッジ」は、プロサッカー選手を活用したeスポーツ事業を行う「eスポーツジャパン」と業務提携を結んだことを発表しました。

この提携によって、2020年4月より同校のサッカービジネス課に「eスポーツマネジメントコース」が新たに開講します。本コースではeスポーツ業界における企画・運営・マーケティングを中心に、総合的な教育が行われます。

eスポーツマネジメントコースでは、Jリーグのスタッフ経験がある講師が担任となり、eスポーツジャパンからも講師を招く予定。これまでJAPANサッカーカレッジが培ってきた「リアルサッカーのノウハウ」と「eスポーツシーンの最先端」の両軸で生徒を指導していく方針とのことです。

JAPANサッカーカレッジの学校長、中村氏(写真中央)は「今やどこのクラブチームもeスポーツに関心を持っています。”eスポーツシーンを理解している” ことが、個人の魅力のひとつになる時代が来たと思います」とコメント。

また、eスポーツジャパン代表の岡山氏(写真右より2番目)は「どのスポーツにおいても、成功しているリーグには良い選手だけでなく、質の高いスタッフがいます。今後はeスポーツでも、スタッフの教育が必要になってくると思います」と語りました。

なお、eスポーツマネジメントコースは2019年度より生徒の募集を開始する予定です。

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る