「サッカーゲームを大阪から盛り上げたい!」FIFA黒豆 × ウイイレGENKIモリタによるプロゲーマー特別対談

ウイイレとFIFA。リアルサッカーとサッカーゲーム。「サッカー」という点でそれらは共通していますが、それぞれのあいだには見えない壁があります。

しかし、その壁を感じさせることなく、むしろ一緒にまるっと盛り上げたいと意気込んでいるのが、『FIFA』プレイヤーでCYCLOPS athlete gaming所属の黒豆選手(@kuromame_21)と『ウイニングイレブン』プレイヤーでJeSU公認プロゲーマーのGENKIモリタ選手(@pes_progamer)です。

おふたりのプロゲーマーに、サッカーに関わる普段の活動から、ゲームに対して感じることまで、幅広くお話いただきました!SHIBUYA GAMEでもおなじみの黒豆選手には、半ばインタビュアーとしても活躍していただきましたよ!同じ関西出身のサッカーゲームプレイヤーとして、GENKIモリタさんへの素朴なギモンや質問もたくさん飛び出しました。

※表記:GENKIモリタ(=以下、モリタ)、FIFAシリーズ(=以下、FIFA)、ウイニングイレブン(=以下、ウイイレ)

サッカー指導者 × プロゲーマーのGENKIモリタ選手

——モリタさんはシブゲー初登場なので、簡単に自己紹介をお願いします。

モリタ はい、GENKIモリタと申します!
僕がプロゲーマーになったきっかけは今年(2018年)4月29日のニコニコ超会議でした。JeSU(日本eスポーツ連合)さんからプロライセンスを発行していただける大会がありまして。そこで日本2位となり、ライセンスをいただいたことをきっかけに、ウイイレのプロゲーマーとして活動しています。

今は、大阪の「GENKIスポーツクラブ」でサッカー指導者のお仕事もしながら、ウイイレプロの活動もさせていただいているという形です。ありがたいことに、指導してるスポーツクラブには融通を効かせていただいて、大会期間には大会に集中させてもらえているような環境でやっています。

モリタさんが取材で着用していたのは、実はGENKIスポーツクラブのTシャツ。本人曰く「これがウイイレ界ではGENKIモリタユニフォーム」とのこと。

黒豆 ニコニコ超会議に出ようと思ったきっかけってあったんですか? もちろん、プロライセンスは狙って取りに行ったわけですよね?

モリタ そうですね。やっぱり、子どもたちにチャレンジする姿を見せたかったんです。僕が指導者として高みを目指すのもひとつかもしれないんですけど。自分がやりたいことに新しくチャレンジして、その結果が出たときにも、子どもたちにアピールできるのではないかという思いがありまして。大会にどんどん出ていく中で、それがスタイルになったという感じですね。

黒豆 なるほど。じゃあもう子どもたちの前で、してやったりのドヤ顔をしたり?(笑)

モリタ いえいえ。保護者から「子どもがゲームする機会が増えたらどうすんねん」って言われてしまいます。まだどうしても、ゲームに対しては勉強時間が減るイメージがあるみたいで……。

黒豆 やっぱり保護者の方々は気になさるんですね。

モリタ 逆に、そういう先入観みたいなものは変えていきたいなと思いますけどね。だって、ゲーム楽しいじゃないですか!

黒豆 楽しいです! 個人的には、「ゲームをするな」って言うのはおかしいなと思うんですよ。「遊ぶな」だったら、まあ確かに、勉強しなあかんなと思うんですけど。
ゲームって他の遊びと分けられちゃうのが、ちょっとよくわかんないなって昔から感じてました。ゲームしなくても遊ぶのはいいのか、みたいな。

モリタ 教育に対しての議論になってきた。(笑) でも、ほんまにそうやと思います!

子どもだからこそ、ゲームをリアルに活かせる?!
前のページ
1
2
3
4
次のページ

渡辺 静

プロフィールを見る

感覚派の編集・ライター。なんでもワクワクしちゃう観戦勢。特に、ロケットリーグ、CoD、R6Sが好きです。 女性プロゲーマーはつめさんが挑戦し続ける姿に感化されて、シブゲーに来ました。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

すべての記事を見る