PAGE: 2 / 3

【パワプロ・プロリーグ】選手インタビューVol.2 マエピー(東京ヤクルトスワローズ)

eドラフト4球団競合から始まった試行錯誤の日々

――eドラフト会議では1巡目での唯一の競合……しかも4球団からの指名。奇しくも今年の本家ドラフト会議の最大競合数と同じ数字になりましたね。

マエピー 4球団も指名を頂けたわけですが、実力だけを見たらもっと上の選手もいるのにいいのかなという気持ちがありました(笑)。

――競合が起きるということは、希望球団から離れてしまうということでもあります。マエピー選手の使うチームといえば北海道日本ハムファイターズか東北楽天ゴールデンイーグルスのイメージがありましたので、東京ヤクルトスワローズでのプレイとなると一からチームを理解するところから始める必要があったかと思います。

マエピー バッティングに関してはあまり苦労しなかったのですが、投手起用に関してはチームを変えることでだいぶ違うところがありました。

「こういう球が打たれにくい」、「このシチュエーションではこんな起用をしたほうがいい」といった点は、実際に何度も人を相手に試していかないとわからないことなので、eドラフト会議からの一ヶ月は試行錯誤を続けていました。

もともとあまり器用なほうではなく、とにかく数をこなして感覚的に慣れ、選手に愛着をもつくらいでないとうまく使いこなせないので、時間がいくらあっても足りないですね。

――スワローズは打ち勝つチームなので、投手起用を把握する苦労もより多かったと思います。

マエピー 僕自身が守って勝つという戦い方のほうが多かったタイプなので、まずは打って勝つプレイスタイルに変える必要がありましたね。

――では、実際の選手起用についても伺っていきます。1カード3試合というルール上、先発は3人用意することになると思いますが、誰を選ばれますか。

マエピー 基本的には小川泰弘選手、原樹理選手、カラシティー選手の三人になると思います。とくにカラシティー選手は先発でも中継ぎでも起用できて、使い勝手もよく、僕のなかでは小川選手よりも優先度が高いかなという感じです。

パワプロは、プロ野球では中継ぎ登板をしている選手であっても適性があれば先発登板ができますので、調子に合わせた起用が重要になると思います。

画像引用:『実況パワフルプロ野球2018』カラシティー選手

――確かに、スワローズは絶対的エースを擁するチームではないですものね。

マエピー 早めの継投や調子が悪ければ起用しないといった割り切りをしないと、打たれやすいチームかなと思いますね。

――そんななかでも近藤一樹選手、石山泰稚選手と後ろを任せられる二人がいるのは大きいのではないでしょうか。

マエピー そうですね。リードした状態で試合後半までいければ、計算が立ちます。逆にいえば、この二人につなぐまで試合をどう組み立てるかが課題になりますね。

また、投手にはスタミナが設定されているので、一試合目でスタミナを使い切ってしまうと、二試合目、三試合目で登板できなくなってしまいます。
試合展開によっては勝ちパターンは温存ということも考えなければならないので、起用する投手の枚数は多く考えておかないといけないと思いますね。

画像引用:『実況パワフルプロ野球2018』近藤一樹選手

――では野手陣に話を移します。スワローズは誰が4番でもおかしくない強力打線ですが、ポイントは誰になるでしょうか。

マエピー スタメン起用しているなかで一番打てているのが、青木宣親選手です。世代的にも青木選手は憧れの選手ですし、能力面でもとても使いやすいんです。

また、これは青木選手に限ったことではないんですが、僕自身が左利きなこともあって、昔からサクセスモードでは左打者ばかり育成していたんですね。そのせいで、今でも左打者の操作のほうが得意な傾向があって。

画像引用:『実況パワフルプロ野球2018』青木宣親選手

――今年のスワローズの躍進は青木選手の活躍に依るところが大きいですし、パワプロにおいてもそこは変わらないというわけですね。あと個人的には、ファイターズの操作に慣れているマエピー選手は大引啓次選手を重用するかと考えました。

マエピー スワローズはショートに弱点があると感じていて、昔から使い慣れている大引選手を起用することは多いです。思い入れがある選手は、使っていても気持ちの入り具合が少し違うところがあるので。

画像引用:『実況パワフルプロ野球2018』大引啓次選手

――他に、パワプロならではの起用などはあるでしょうか。

マエピー 実際にプレイして期待以上に使いやすかったのが村上宗隆選手で、サードのスタメンで起用していますね。

画像引用:『実況パワフルプロ野球2018』村上宗隆選手

――フェニックスリーグで3打席連続ホームランを打ったことでも話題になったルーキーですか。これはスワローズファンも注目の起用ですね。

百戦錬磨のチャンピオンだからこそ身についた「読心術」
前のページ
1
2
3
次のページ

砂拭

プロフィールを見る

シブゲーの某編集者との癒着によりeスポーツ業界へ潜り込んだ自称ライター。スポーツ紙よりはパワプロに詳しく、ゲームメディアよりは野球に詳しい独自のポジションでeBASEBALLライターの覇権を狙う。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る