PAGE: 3 / 3

【パワプロ・プロリーグ】選手インタビューVol.2 マエピー(東京ヤクルトスワローズ)

百戦錬磨のチャンピオンだからこそ身についた「読心術」

――マエピー選手のプレイスタイルはオールラウンダーという印象が強いですが、ご自分のプレイスタイルの特徴についてお話いただけますか。

マエピー バッティングもピッチングもそこそこだと思っていて、僕よりももっと攻撃に特化したプレイヤー、守備に特化したプレイヤーがいます。総合力で僕を上回るプレイヤーもいると思いますね。

ただ、昔から大会に出ていることで会場の雰囲気を掴めていますし、経験値として対戦相手の心理面を読み取る洞察力が養われていると思います。
実際にKONAMIの方からも「マエピー選手はずば抜けた成績を残したり、圧倒的な勝ち方をすることは多くないけれど、着実に勝ちを重ねる」と評価してもらっていて。

――プロ野球でも常勝チームは圧勝を重ねていくのではなく、「勝ち方がわかっている」と評されることが多いですが、マエピー選手もそういった領域に達しているのかもしれませんね。

マエピー 感覚的にはそうだと思います。大会では相手の嫌がりそうなところを探したり、シチュエーションに合わせて戦い方を変えたりといったことを常に考えてプレイしてます。

――そうなりますと、バッティングでは読み打ちをするほうですか?

マエピー 時と場合によりますね。狙い球を絞ることもあれば、来た球に反応して打っているときもあります。対戦相手によって変えるときもあれば、試合の流れによって変えるときもあります。

――そういった臨機応変な対応は、確実に武器といえるものですね。

マエピー そこは強みだと思っています。パワプロは技術面で自分を上回る選手と対戦しても、「相手は緊張でうまく指が動いてない」といった状態を探り取ったりして、相手の感覚を少しずつズラしていくといった戦い方もできるんです。

相手の裏をかけたときの気持ちよさは、パワプロの対戦で味わえる魅力のひとつだと思っています。プロ野球でキャッチャーがバッターの弱点を読み取り、配球を変えていくのと似ていると思いますね。

こういった感覚は、練習を重ねれば身につくものでもなく、昔から対人戦を経験し続けてきたなかで培ってきたものだと思っています。

――観客の皆さんにもこの奥深さを知ってもらいたいですね。

マエピー プレイヤー視点の解説ができる方に、「今はこういうことを考えてプレイしてると思います」といったことを話してもらえるとより魅力が伝わると思いますね。

――そんなマエピー選手がライバルだと思っている選手を挙げていただけますか。

マエピー いつも名前を挙げてしまうんですが、読売ジャイアンツのてぃーの選手に勝ちたいですね。昨年の札幌大会の決勝でも負けていますし、彼はそのプレイスタイルもあってかファンが多いので、ちょっと負けたくないなと思います。

――ちなみに先日てぃーの選手にも取材をしたのですが、ライバルにマエピー選手を挙げています。

マエピー 嬉しいですね(笑)。

――最後に、マエピー選手が考えるパワプロの魅力について教えてください。

マエピー パワプロの魅力はたくさんあると思うんです。サクセスで選手を育成したり、ペナントで成績の推移を見てみたり、各モードにファンがいますよね。

そのなかで対戦はサクセスと比べるとそこまでスポットが当たってなかったかなと思うので、対戦でわいわい野球を楽しみ、魅力を知ってくれる人が増えてほしいと思います。

――マエピー選手はこの一年間チャンピオンとしてテレビ出演なども果たされ、常にパワプロの振興について考え、行動されていますね。

マエピー プロリーグが発足した今が対戦の楽しみを知ってもらう入り口になると思いますし、スタートダッシュでどれだけ興味を持ってもらえるかが大切だと思いますので、この流れが大きく盛り上がっていってほしいです。

さらに理想をいえば、プロ野球ファンやパワプロに興味を持つ人が実際のプレイヤーとなって広がっていくのが一番かなと考えています。そのために、プロリーグではいい試合を見せていきたいですね。

――質問は以上になります。ありがとうございました!

 

――「マエピー」という選手名の由来を教えていただけますか?

マエピー 本名も結構出てしまってるんですが(笑)、中学生のころのあだ名が由来です。名前っぽいほうが覚えやすく、呼んでもらいやすいかなと思いまして。

――最近ハマってることはなんですか?

マエピー 仕事かパワプロかという生活で、テレビも見ないので……。

――好きな食べものはなんですか?

マエピー チャーハンです。昨日も食べました。

――ご自分の入場曲を決めるなら?

マエピー 『実況パワフルプロ野球9』のOP曲「Tomorrow~未来への翼~」です。この曲を聴くとテンションが上がります。実は歌も普段はほとんど聞かないんですが(笑)。

――ご自分の売りはバッティング?ピッチング?

マエピー どちらかといえば、ピッチングですね。

――好きな野球選手を一人挙げてください。

マエピー 工藤公康さんです。球場まで追っかけて見に行った唯一の選手なんです。自分もパワプロの世界で、工藤さんのように長く成績を残せるようになりたいというのが、心の中に秘めている目標です。

 

写真/佐島蒼太(@sajimamijas

 

マエピー


王者として常に注目を浴びた1年だった。今年はチームを導き、3人で再び頂点を目指す。東京ヤクルトスワローズ所属。
年齢:31歳
出身地:千葉県
パワプロ歴:20年
主な戦績:パワチャン2017 全国決勝大会 優勝

 

製品情報

日本野球機構承認 プロ野球フランチャイズ球場公認 ©Konami Digital Entertainment
製品名 実況パワフルプロ野球2018
プラットフォーム PlayStation®4(※PS4®Pro対応)
PlayStation®Vita
ジャンル 野球・育成
メーカー小売り価格 PS4:7,980円(税抜)
Vita:6,980円(税抜)
プレイ人数 PS4:1~2人
(オンライン時1~2人)
Vita:1人
(アドホックモード時:2人、オンライン時:1〜2人)
前のページ
1
2
3
次のページ

砂拭

プロフィールを見る

シブゲーの某編集者との癒着によりeスポーツ業界へ潜り込んだ自称ライター。スポーツ紙よりはパワプロに詳しく、ゲームメディアよりは野球に詳しい独自のポジションでeBASEBALLライターの覇権を狙う。

あわせて読みたい

NEW
NEW

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る