日本のFPSの歴史が動いた!「野良連合」がR6Sの世界ベスト4になり、変わり始めた「eスポーツ」

引用:「プロリーグ シーズン8 ファイナル」eスポーツドキュメンタリー 前編

どうも、いたろ(@Itarooon)です。
今回取り上げるのは、2018年11月17日(土)、18日(日)にブラジルのリオデジャネイロで行われた『レインボーシックス シージ』世界大会“プロリーグ シーズン8 ファイナル”。

この大会で、日本からアジア地域代表で出場した「野良連合(@norarengou)」が、見事、世界ベスト4という快挙を成し遂げました!

今回は、「野良連合」がベスト4を成し遂げた背景と、これからの日本やアジアチームのプロリーグでの位置づけ、そして世界大会を3連覇し世界最強と謳われる「G2 Esports」の強みなどを、初心者の方にも分かりやすいように解説します。

世界中が盛り上がった!そもそもプロリーグとは?

まずはじめに、『レインボーシックス シージ』(以下、R6S)の世界大会のひとつである、プロリーグについて説明します。

今大会は、APAC(アジア地域)、NA(北米地域)、LA(中南米地域)、EU(欧州地域)の4つの各地域の大会から、上位2チームが代表として出場。計8チームが世界の頂点を目指し、BO3のトーナメント形式で争うという世界大会です。

引用:「プロリーグ シーズン8 ファイナル」eスポーツドキュメンタリー 前編

本大会の出場チームは、APAC代表の野良連合(1位通過)とFnatic(2位通過)、NA代表のEvil Geniuses(1位通過)とRogue(2位通過)、LA代表のFaZe Clan(1位通過)とImmortals(2位通過)、EU代表のG2 Esports(1位通過)とMock-it Esports(2位通過)で、これらのチームが世界王者の座と賞金獲得を夢見て、一喜一憂の試合を繰り広げます。

賞金総額は27万5,000ドル(約3,100万円)となっていて、会場はリオデジャネイロオリンピックの体操競技でも使用された、ブラジルのジュネス・アリーナで行われました。

「野良連合」が6ヶ月の時を経て果たしたリベンジとは

「野良連合」の第一戦目の相手は、NA2位通過の「Rogue」。

2018年の6月に行われた前回大会“プロリーグ シーズン7 ファイナル”では、「野良連合」が敗れました。もう負けたくない「野良連合」。しかし「Rogue」も、本大会前のインタビューで「野良連合の分析はしっかりできている」と話します。今回も厳しい展開が予想されるところ……。

第一マップは領事館。序盤はお互いラウンドを取り合い、3-2で迎えたラウンド6。「野良連合」が順調にキルを繋げ4-2と差を広げマッチポイントにリードをかけます。
このままファーストマップを取れるのでは?と期待が高まりましたが、さすがは「Rogue」。5-4で迎えたマッチポイントでShuttle選手、Easilyy選手、SUPR選手とキルが続き、「野良連合」は第一マップを落としてしまいます。

続けて始まった、第二マップのオレゴン。ラウンド1から「野良連合」のMerieux選手が続けて3キルし、チームが流れに乗ります。再びリードして、5-2で迎えたマッチポイント、ここで「Rogue」がタイムアウトを取り、状況の立て直しを図ります。
タイムアウト後の「Rogue」は、Easilyy選手の1vs4クラッチで5-3と差を詰めますが、「野良連合」の勢いは止まらず、第二マップは「野良連合」が勝ち取ります。
両者とも譲らない勝負の行方は、第3マップの海岸線での試合で決まることに。

引用:「プロリーグ シーズン8 ファイナル」eスポーツドキュメンタリー 前編

第三マップ、「野良連合」は序盤こそ0-3と押され気味ではありましたが、追い込まれてからが強かった。
Wokka選手の相手の裏を突くローミングや、ReyCiyl選手の会場を沸かせるスーパープレイ、そしてジェノバ選手のスモーク越しのヘッドショットなど、「野良連合」らしい素晴らしい連携で、3-4、4-5と順調にキルを重ね、見事「Rogue」へのリベンジを果たしました。

こうして「野良連合」は前回大会のリベンジを果たしたとともに、準決勝に進出、世界ベスト4を勝ち取るという快挙を成し遂げました!

引用:「プロリーグ シーズン8 ファイナル」eスポーツドキュメンタリー 前編

YouTube同時接続数2万5,000人! 日本中で盛り上がりを見せたRogue戦

本大会では、オンライン配信が行なわれていました。日本では、YouTube、Twitch、OPENREC.tvの3つの配信サイトで、現地の様子を日本語解説付きで生配信。その中でも、特に視聴者数が多かったYouTubeにスポットを当てて、お話を進めていきます。

会場はブラジル・リオデジャネイロなので、日本との時差が11時間程あります。日本時間で「野良連合 vs Rogue」の開始時間は、午前0:30からの予定と、がっつり深夜帯。しかも、試合開始の遅れなどから、実際に始まったのは予定よりも1時間遅れた午前1:30頃でした。

それでも、試合開始前の各チーム紹介ムービーが流れている時点で、既に1万5,000人の視聴者数。その後も視聴者数は増え続け、なんと試合が終了した午前4:30のタイミングでは、同時接続数2万5,000人を突破していたのです!

ここまで視聴者数が伸びたのは、もちろん、試合当日が土曜から日曜にかけての明け方だったという要因もあると思います。しかしそれ以上に、野良連合にかかっていた期待の大きさや、試合の注目度が、視聴者数に表れていると感じました。

大会後、Twitterのトレンドワードの1位「野良連合」、2位「Fnatic」になるなど、予想を大きく上回る盛り上がりとなっていました。おそらく日本の『R6S』プレイヤーは、こぞって配信を見ていたのではと思われます。

世界王者G2 Esportsの強みとは
前のページ
1
2
次のページ

いたろ

プロフィールを見る

現役高校生ライター。 e-Sports Team『Lieto』代表。 プロゲーミングチーム『父ノ背中』に憧れて将来、e-Sportsに携わりたいと思い、ライターを始めました。 好きなゲームはレインボーシックスシージ。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
すべての記事を見る