守備適性なしの一塁手・強打者がパワプロで流行中? 3連勝を飾った読売ジャイアンツ3選手の喜びの声もお届け!

守備適性なしの一塁手・強打者がパワプロの新しいスタンダードに?

始まりは第2節の東京ヤクルトスワローズ対広島東洋カープ。TKD選手が、守備適性のないバレンティン選手をファーストに置いた。

画像引用:パワプロ・プロリーグ 2018 第2節 『東京ヤクルトスワローズ vs 広島東洋カープ』

奇策ともいえる超攻撃的布陣だったが、この采配が見事に的中。第一打席からホームランを叩き込んだ。

実際のプロ野球でもバレンティン選手のファーストコンバートは試みられているのだが、その守備力は草野球レベルと揶揄されるほどで断念されている。
実は今年もバレンティン選手のファーストコンバートが話題に上がったが、小川監督に即座に却下されたという。

この試合以降、TKD選手は「ファースト・バレンティン」の起用を続けており、オンライン上でもにわかに流行りを見せているようだ。

残念ながら、真中満氏がスワローズ戦を解説する機会はまだない。実際にバレンティンのファーストを見ていて、話術も巧みな真中氏がどう評するのかをぜひ聞いてみたい。

そして話は、第4節の読売ジャイアンツ対東京ヤクルトスワローズに移る。

この日の初戦となったえぞひぐま選手対てぃーの選手のカードで、てぃーの選手はファーストにゲレーロ選手を起用した。

画像引用:パワプロ・プロリーグ 2018 第2節 『東京ヤクルトスワローズ vs 広島東洋カープ』

補足しておくと、実際のゲレーロ選手は内外野を守れるという触れ込みが一応あり、ドラゴンズ時代には三塁手としても活躍している。パワプロでも、三塁手と外野手の守備適性がある。

だが、条件としてはバレンティン選手のファースト起用と同じだ。守備の能力値は最低レベルとなり、いつエラーをしてもおかしくない。

結果は3打数の2安打、ホームランも一本放つ大活躍。守備も無難にこなし、見事に采配は的中した形だ。

画像引用:パワプロ・プロリーグ 2018 第4節 『東京ヤクルトスワローズ vs 読売ジャイアンツ 』

TKD選手とてぃーの選手にこの起用について伺うと、「そもそもファーストの打球処理の機会は少なく、練習の場で何度か試したうえでいける」と判断し、起用に踏み切ったそうだ。

プロ野球ファンのなかでもファーストの守備は軽視されがちで、「走れなくなったベテラン選手はとりあえずファーストにコンバートする」という風潮がある。
しかし実際には、ファーストの守備が下手だと試合が成り立たなくなるし、決して簡単なポジションではない。

そういった意味では、守備適性のない選手をファーストに起用するというのは、誤った定説をあえて試した頭の柔らかい采配といえるだろう。

奇しくも起用した初戦でホームランを放つという結果になっている、守備適性のない選手のファースト起用。

6回制という限られた攻撃機会のなかにあって、1、2本のヒットのリスクを覚悟し、1本のホームランの可能性を上げるこの采配は、今後のスタンダードになるかもしれない。

こうした新たな采配が生まれることで、パワプロ・プロリーグが新しいプロ野球として独自進化を遂げていく可能性を感じないだろうか。

試合後の読売ジャイアンツの3選手に独占インタビュー
前のページ
1
2
次のページ

砂拭

プロフィールを見る

シブゲーの某編集者との癒着によりeスポーツ業界へ潜り込んだ自称ライター。スポーツ紙よりはパワプロに詳しく、ゲームメディアよりは野球に詳しい独自のポジションでeBASEBALLライターの覇権を狙う。

あわせて読みたい

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る